清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

パドック推奨馬をお届け。2014年6桁配当3回、推奨馬は6-7割くらいは好走します。春のG1では安田記念グランプリボス、宝塚記念カレンミロティックを推奨して高配をGETしています。twitterで更新情報お送ります。といいつつシルクホースクラブとノルマンディーに入会しました https://twitter.com/paddock_keiba

安田記念 反省しろ会 (レース前、レース後コメント比較でもう二度と騙されないぞの巻)

競馬はとにかく多くの人が関わり、その関わった人間は必ずしも確信のないことを良く喋る。

一方で肝心の馬はというと、一切喋らない。当たり前の話ではあるが。

 

馬券を購入する我々はというと、競馬新聞の印に右往左往するだけでなく、

記事に書かれている厩舎関係者や騎手、さらには予想家のコメント参考に馬券を買っては騙される・・・

といったことを毎週末性懲りもなく繰り返している。

 

自戒を込めて言う。そんなことはもうやめましょう。

馬券で大きく稼ぎたいならパドックで実際に馬を見て、自分で判断するしかない。

なぜなら印の重い馬は結局オッズの低いのだから。

そしてその印はほぼ意味のないものなのだから。

 

安田記念グランプリボス東京スポーツはキレイに全員無印。

さらにはジャスタウェイに◎を打っているのも8人中3人という有様だ。

 

今回の安田記念の特徴は雨、不良馬場。そしては事前にある程度予測できた。

 

事前に雨問題ないといったコメントを出していたり、道悪OKと予想していたにも関わらず、

レース後に敗因を道悪というコメントを騎手が出している馬も散見される。

 

ここにそれを記録して、次回右往左往しないようにきちんと記憶しておきたいと思う。

・がレース前のコメント、または予想・・がレース後の騎手コメント 全て東スポからの引用。

 

■ クラレント(10着)

・今度は八分以上まで来ているし道悪も気にしなくていいと思う(山手助手)

・・馬場が悪くて本来の走りができなかった(川田騎手)

※ これは記憶しておこう。まぁ断定はしていないしね。

 

ワールドエース(5着)

・雨も大きな割り引き材料ではない(池江調教師)

・・大外枠がこたえたし、道中ものめりっぱなし(ウィリアムズ騎手)

※ 予想以上に渋ったということだろうか。次走良馬場でサイド注目。

 

ホエールキャプチャ(15着)

・滑る馬場にさえならなければ道悪OKだ(虎石氏)

・・決め打ちしたけど最後は泳いでしまった。こんな馬場は良くない(蛯名騎手)

※ 滑ったということだろうだろうが、普通に読者が見たらOKと思うのではないか?いずれにせよこんな前提条件付きなら別の馬を押すべきではなかったか?

 

■ グロリアスデイズ(6着)

・鞍上のモレイラはマジシャンという噂。だから今年は東京競馬場に雨雲を呼び寄せたのか。道悪大歓迎(虎石氏)

・・直線でも前が空いたが滑ってしまった。馬場が柔らかすぎたのかも(モレイラ騎手)

※ これはちょっと恥ずかしい。

 

それにしても当たると私も良く喋る。