清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

パドック推奨馬をお届け。2014年6桁配当3回、推奨馬は6-7割くらいは好走します。春のG1では安田記念グランプリボス、宝塚記念カレンミロティックを推奨して高配をGETしています。twitterで更新情報お送ります。といいつつシルクホースクラブとノルマンディーに入会しました https://twitter.com/paddock_keiba

シルク&ノルマンディー現出資馬のまとめと今年の目標(というか馬への要求になるのかな)

■ 3歳馬

とにかく「目指せ1勝」でディープインパクトキングカメハメハといったリーディング上位の産駒に出資。
シルクは4頭中3頭が2歳時に勝ち上がり。望外の結果といって良い。
新規入会のノルマンディーでもまさかの狙い通りの結果に!?
しかしノルマンディーは月会費が安くて良い。岡田牧雄氏の有料メルマガを取ったと思えばもはやタダと言っても過言ではない。


プリモシーン 

シルクの1次募集で当選。デビュー戦はトーセンブレスにあっさり差し切られるも
2戦目でテトラドラクマとの死闘を制して勝利。
一口馬主初勝利&口取りをプレゼントしてくれた。あの時の興奮は忘れられない。
日曜日フェアリーステークスで初重賞挑戦。
陣営のコメントは一向に上がらないので過度な期待はせず、まずは無事に。。


キューグレーダー

通常募集初日に出資。カタログでよく見えた馬の一頭。
早期デビューを期待するも頓挫もあり12月28日デビュー。
ルメール騎手の200勝を期待するも2着。上々のデビューと言って良いのではないか。
まずは、勝ち上がりを期待したい。


キングスヴァリュー

悩んで悩んで出資。
デビュー戦ではサンリヴァルに一歩及ばなかったものの、2戦目で勝ち上がり。
プリモシーンに続いて2週連続で勝利の美酒に酔わしてくれた。
クラシックの夢を一瞬見るも、葉牡丹賞では芝の一線級には一歩及ばないことも露呈。
元々ダートでの活躍を期待した馬。改めて期待。


ダイアトニック

クーリングオフの再募集で出資。
元々カタログでは最もよく見えた馬なので迷わずいった。
年内デビューに間に合い、今後に期待十分の勝ち方で、初の新馬戦勝利をプレゼントしてくれた。
重賞戦線でも!と期待してしまう。ただ、元々とにかく無事にいって欲しい。


ハウキュート

ノルマンディー入会時に出資。
ダート牝馬は極力避けたいところだが、密かに馬名登録を狙っての出資。
結果、なんと応募した馬名が採用!!賞状をいただいた。ありがとうございます!
大きな期待は厳しそうだが、できれば1勝。そして繁殖に上がってくれたら言うことはない。


■ 2歳馬

ウルトラブレンドの16が中止となり、相当堪えてはいるが、現時点で4頭に出資。
各馬とも遅生まれだったり、小さかったりとやや心配もあり、
現3歳以上に期待できるのかまだ半信半疑ではある。


リアアントニアの16

1次募集で抽選に通って出資。最新の近況コメントからは期待できそう!?
心なしかトモの肉付きも良くなってきた気がする。

 

担当者「騎乗調教を開始後は周回コースで長めにじっくり乗り込んでいましたが、体力が付いて余裕を持ってこなせるようになってきたことから、この中間から坂路コースで調教を開始しています。登坂開始当初は動きが少し緩い印象でしたが本数を重ねていくにつれて力強さが見られるようになり、馬体の成長を感じさせられます。調教を進めてもテンションが上がることなく落ち着きを保ち穏やかに過ごせていることで、順調に調教メニューを取り組めています。ディープインパクト産駒らしく柔らかい動きで緩過ぎもせず、とても良いバランスをしているので、今後の成長がますます楽しみで仕方ありません。今後も馬の様子に合わせながら調教を進めていきたいと思います」馬体重467kg


シルキーラグーンの16

酢豚おじさんの占い推しもあり、ディープ牡馬に出資。今の所、馬体も大きくならなそうで不安も大きいが。。
順調に育ってクラシック戦線に乗ってくれたら言うことないのだが。。

 

担当者「この中間も順調に調教を継続し、坂路調教を週3回に増やし、ハロン17秒から終い16秒までペースを上げています。まだ体質的に弱いところがあるので、オーバーワークにならないように注意をする必要がありますが、坂路に入れてからも大きな疲れが出ることなく、順調に乗り込まれています。冬毛が目立つようになってきたのは時期的に仕方がないですが、馬体はフックラと見せており、この馬なりにコンディションをキープしています。気性的にも落ち着ける時間が少しずつ長くなってきました。ディープインパクト産駒だけに早熟というよりは、時間をかけて成長するタイプだと思いますので、今後もそれに合せてじっくりと進めていきます」馬体重446㎏


モシーンの16

遅生まれということもあり、募集時は300キロ台。菅囲も細かったが、馬体に惚れて出資。
良い成長曲線を描いて欲しい。
2世代連続ということで佐々木氏のようなことが起こらないかと密かに夢を見てはいるが。。。

 

担当者「ここまで順調に進めてきましたが、ここに来て少し馬体重が減ってきてしまいましたので、リフレッシュと成長を促すために、軽めの調教メニューに落しました。基本的には扱いやすい馬ですが、まだまだ精神的にも馬体的にも幼さが残るので、このリフレッシュ期間で良い方に向いてくれると良いですね。体調面・脚元などは特に問題ないので、近々乗り運動を再開する予定です」体重456㎏


パリージョの16

色々と悩みに悩みつつ、均整のとれた馬体に惚れて出資。
現3歳世代は色々と苦戦しているが、反省を生かして良い育成を期待したい。


この中間は騎乗馴致を終了し、12月上旬からは坂路2本(ハッキング)のメニューで調整を進めていましたが、やや疲れた様子が見られたため、無理をさせず一旦休養に充てています。騎乗担当者は「あまり詰めすぎても良くないので、リフレッシュも兼ねてここで一息入れることにしました。すでに立派な馬体をしていますが、まだ大きくなりそうな印象なので、成長に合わせつつ進めていく方針です」と話していました。なお、18日(月)に中舘英二調教師が来場され、馬体と歩様のチェックをおこなっています。 馬体重490kg


さて1勝と新馬勝ちができ、重賞挑戦も達成できるだろう今年は、以下を目標に頑張っていきたい。

 

* まずは2勝目を上げること
* 重賞に勝利すること(できれば口取りも…)
* G1に挑戦すること
* ノルマンディーで1勝を上げること
* シルクで命名すること
* 大きな怪我なくとにかく無事に1年を終えること

 

まぁ頑張ると言ってもできることはないけど。。

現2歳世代は良い馬がいれば、あと1,2頭出資できれば。