清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

パドック推奨馬をお届け。2014年6桁配当3回、推奨馬は6-7割くらいは好走します。春のG1では安田記念グランプリボス、宝塚記念カレンミロティックを推奨して高配をGETしています。twitterで更新情報お送ります。といいつつシルクホースクラブとノルマンディーに入会しました https://twitter.com/paddock_keiba

メイクデビュー ソルパシオン はポツン5着!

メイクデビュー ソルパシオン はポツン5着!

 

馬体重は470キロと予想よりも多かったがパドックは良好(ちなみに小野町を出るときは467キロ)。体型からはマイラーかなぁ、と思ったが柔らかみを感じる歩様で期待は高まる。


4 ゲットイージー のレース直前での除外に、デビューの難しさを改めて感じ、少々センチメンタルな気持ちになる。


スタートが不安であったが、イヤイヤ入ったゲートからマズマズのスタート。


好位追走から3コーナー過ぎでポジションを上げるも最後の直線では余力が残っておらず、後続に8馬身差をつける(前とは6馬身、、)圧倒的な5着!


上位4頭のタイムはなかなか優秀で、ソルパシオンは、1:52.4 と及第点はつけられる結果だろう。


ただソルパシオンの上がりは37.4と大分遅いタイム。
完全なガス欠だったのだろう。この上がりでは勝負にならないし、展開次第で、との期待も持ちづらい。


走るフォームは、カイザースクルーンと比較すると完全にパワーというか躍動感が異なる印象。動画で感じていた蹴り上げる力のなさをレースでも感じてしまった。


悔しいが完敗である。


課題はまだまだ多そうだが、順調に鍛えていけばそのうち順番が回ってくるのではないか。

 


上位4頭がいなければ。。圧勝だった!!!


1週前の同条件のメイクデビュー、勝ち馬クリスタルバローズの時計は1:53.2。
先週デビューできていれば!!!


と無茶苦茶な理屈でのポジティブシンキングを心に秘めて、次戦を楽しみに待ちたい。