清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

パドック推奨馬をお届け。2014年6桁配当3回、推奨馬は6-7割くらいは好走します。春のG1では安田記念グランプリボス、宝塚記念カレンミロティックを推奨して高配をGETしています。twitterで更新情報お送ります。といいつつシルクホースクラブとノルマンディーに入会しまして、最早一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

リアオリヴィア 「姉より優れた妹など存在しな、、、したァァァ!!」リアオリヴィア とリアアメリアの成長過程を比較してみる

リアアメリアの勝ちっぷりはあまりにも凄く、恐怖を感じるほどであった。

小生、リアアメリアには申込も出資をしていないが、なんとリアオリヴィアには出資している。

 

価格は同じなのに。。。完敗の様相を呈してきている。

姉より優れた妹などいないと思ったが、どうやらいるようだ。

 

よくよく考えると、この2頭、キャリコとプリモシーンの関係に似ていると思ったこともあったなぁ。。

 

■ 失礼を承知の妹スゴイリスト あくまで同じ道に進んで、より結果を出したという定量的な視点での話

 

左が妹

 

浅田真央 - 浅田舞

有村架純  - 有村藍里

中元すず香(ベビメタのボーカル) - 中元日芽香

伊調馨 - 伊調千春

 

ううむ。。妹、優秀。。

しかし異なるのは姉も十分活躍されている点。

 

リアオリヴィアーーー!!!

 

 

■ 兄弟で比較するのは良くないが比較する(上がリアオリヴィア )

 

◇ 募集時

 

全体的なフォルムは近しい気もするが、リアアメリアは筋肉の引き締まり感が違う。硬さとも感じてしまうが、加工もされているだろうし、画像で判断すべきことではないのだろう。

 

トモの容量と前脚のつき方もリアアメリアの方が良い。

 

f:id:remsan:20190603091013j:image

オリヴィア 439キロ(8月)

 

f:id:remsan:20190603091812j:image

アメリア 465キロ(8月)

 

◇ 12月

 

リアオリヴィア はまだ水っぽいがリアアメリアは順調。やはり筋肉のつき方が違う。引き締まった473キロと、緩さマックスの467キロ。

体高にも差があると思う。

 

f:id:remsan:20190603091238j:image

オリヴィア 467キロ

 

f:id:remsan:20190603091832j:image

アメリア 473キロ

 

◇3月

 

リアアメリア、当然この時期にあのパフォーマンスだから当然なのかもしれないが、完成度が圧倒的に高い。美しい立ち姿。

 

リアオリヴィア もこの馬なりに良くなっているが、リアアメリアと比較すると違いは一目瞭然。

リアオリヴィア 、当時は柔らかそうと思っていた筋肉だが、水っぽいというネガティブな意味の方が正解だったのだろう。

 

f:id:remsan:20190603091304j:image

オリヴィア 476キロ

 

f:id:remsan:20190603091845j:image

アメリア 468キロ

 

 

◇ ついでにプリモシーンとモーソンピークの3月も。

 

こう見ると、リアオリヴィア の完成度は抜けている。

 

で、どうしても気になることが。。

モーソンピーク、光の当たり方もあるかもしれないが、どちらかというとリアオリヴィア 寄りではないだろうか。。 

筋っぽさがないというか。。

 

これから変わってくれないと困る。。

 

プリモシーン

f:id:remsan:20190603093344j:image

 

モーソンピーク

f:id:remsan:20190603093350j:image

 

 

◇ こう見るとリアアメリアは圧倒的

 

馬体がここからどう変わるのかは分からないが、まだまだレースも荒削りだし、そういう意味でも伸び代も大きいだろう。

 

出資馬のプリモシーン、モーソンピークと比較しても完成度の高さは明らか。

 

ただですよ。脚の速さではなく、喧嘩であればシーハングザムーンの17が圧倒的に強そう!

 

f:id:remsan:20190603094328j:image