清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

【シルク 2019年産駒出資馬②】マンドゥラの19 出資馬をあらためて振り返る&おうちツアー書き起こし

シルクホースクラブの出資馬が決定。今年は5頭の馬と出会うことができた。
シャトーブランシュの19を外したのは痛恨だが、もはや過ぎたこと。
気を取り直して1頭ずつ改めて見直してみる!

 

第2弾はマンドゥラの19!申し込み当初は実績では無理と思っていたが、ギリギリ上回ることができた。

 

▪️  低評価をしてしまったファーストインプレッションを経て、自身のクソみたいな拘りにオサラバだ!マンドゥラの19 への出資で人生を変える!

 

□ 全頭評価
・占い 3.5
馬の運気は最高も、調教師の運気で3歳までの活躍とみる

・馬体総合 2 画像 2 動画 2
背中のラインが好みでないのと、全体バランスも窮屈に見える。動画も筋肉の硬さと重さを少し感じる。ただ、トモはボリュームがあり見所もある。こういう馬が走ったら走ったで仕方ないのかなと思う。好みでないだけ。

 

詳しくは後述するが、改めて動画を見ると、評価を低くつけすぎていたと思う。
そして好みでないだけ・・・で切らなくて本当に良かったと思っている。

過去、なんとなく「好みではない」ということで色々と人生を損してきた。
変なこだわりがなければ、ゴルフもあと5年は早く始められたし、ビットコインも数万円の時に購入できたし、餃子の美味しさにだってもっと早く気づけたはずである。なんだよあの手羽餃子のウマさ。最近知ったよ。
マンドゥラの19への出資は変なこだわりを捨てる人生の集大成的な出資となるはずである!


□ おうちツアー書き起こし

毎年見栄えのする仔を送り出す母マンドゥラの実力は健在です。厚い胸前に立派な腹袋、そして何より容積十分の大きな臀部は素晴らしいの一言です。まさに男勝りとは本馬のための言葉と言えます。また少々のことでは動じない精神力も頼もしくテンションが上がりすぎることがないことで、カイバ食いを含む体調も常に安定しております。パワーとスピードに加え、父、母ゆずりの強靭なスタミナを武器に、レースでは後続になし崩しに脚を使わせ、直線は突き放す一方の一人舞台。そんな痛快なパフォーマンスを見せてくれるに違いありません。


□ 最終的な決め手

なぜ当初評価の低かったこの馬に出資申込することになったのか!?中間最終発表を見て改めてざっと募集馬を見直したところ、明らかに好みで点数を低くつけていたように感じたからである。

トモのボリューム感がここまであること、そして筋肉の硬さと重さを感じたが、走らせたら強靭な筋肉となる可能性に賭けて見たいと思ったのだ。うん、そうだ。動画の歩様は改めて見ると重さよりも強靭という表現が適切なように感じる。トモ高の部分も気になると言えば気になるが、成長すれば良いのだ。
極め付けは知人が抽優で行くことを決めたとのこと。実績の可能性に期待して申し込むのであれば知人の邪魔をすることもないし、良いだろうと思ったのである。

 

申し込み段階では抽優は200口を少し超え、口数予想でも1000口を超えると思ったため、実績では取れないと思っていた。

が、蓋を開けてみれば・・・!!!

なんだろう。不思議な馬で見れば見るほどポテンシャルを感じてしまう。
ちなみに最新の評価は・・・画像 2.5 動画 3.5 で トータル3の評価とさせていただく。


□ おうちツアー動画、最も好きなシーン

おうちツアーのコメントにもあるが、この馬のセールスポイントはやはり臀部。
この美しいバックショットを刮目いただきたい。

 

f:id:remsan:20200820001327j:plain

 

ボリューム十分ではち切れんばかりのお尻の造り。さわれば適度な硬さを弾力感を想像させる、まさに極上のトモを持った馬であることが想像できるワンショットではないだろうか。この角度から見た体全体のラインも美しい。いかにも後輪駆動で跳ぶように走る姿が想像できないだろうか。マンドゥラの19、これは大物感ありますぜ!