清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

【シルク 2019年産駒出資馬③】シーイズトウショウの19 出資馬をあらためて振り返る&おうちツアー書き起こし

シルクホースクラブの出資馬が決定。今年は5頭の馬と出会うことができた。
シャトーブランシュの19を外したのは痛恨だが、もはや過ぎたこと。
気を取り直して1頭ずつ改めて見直してみる!

第3弾はシーイズトウショウの19!申し込み当初は実績では無理、一般抽選でなんとか!と思っていたが、実績で上回ることができた。

 

▪️ シーイズトウショウの19 初出資となるキンシャサノキセキ産駒は、高いレベルでまとまった逸材!?

 

□ 全頭評価


・占い 1
3歳が良くない。

・馬体総合 3.5 画像 4 動画 3.75
母高齢だが、、すごく良いと思う。馬体は短距離でいかにも良さそう。歩様も柔らかみがあり全身を使えている。

 

画像評価はちょっと高くつけすぎたかもしれない・・・。トモ容量は目立つが、繋ぎの左右差や前脚のつき方など怪我リスクもあるように・・・。でもやはり点数はこれで良い!リスクばかり気にしていたらツマラナイジジイになってしまう。リスクのない馬なんているわけがない。ファーストインプレッションで惚れた馬。チャンスがあるのなら申し込むしかなかろう。


□ おうちツアー書き起こし

スプリント重賞を5勝した母に高松宮記念を連覇した父を交配したときからの狙い通りに本馬は成長してくれています。ご覧ください、重心が低く筋肉量豊富な体つき。まさにキンシャサノキセキ産駒です。しかし走り出せば見た目とは裏腹に、クッションの効いた繋ぎと、父母譲りの上質な筋肉を駆使して全身を躍動させております。丈夫な心身を武器に同配合のモンドキャンノのように早期デビューを目指し、さらに3歳春までは桜花賞戦線を目標に、さらに古馬になってからはスプリント路線を席巻。そんなシナリオをすでに描いております。

 

□ 最終的な決め手

取れそうな馬を判断するときに、当然抽優数がある。200に満たない場合、一般抽選で当選する可能性が生まれるからである。最終発表で抽優数が200未満になりそうな中で、また実績も及ばなそうと判断した中で、最も出資意欲が高かったのが、そう!この馬、シーイズトウショウの19なのであります!
バランスのとれた馬体に加えて、まだまだ成長しそうな印象を受けたことに加えて、おうちツアーのコメント!早期デビューから桜花賞を目指す、そして古馬ではスプリント路線を席巻、これは・・・プリモシーンとダイアトニックを足して2で割ったような路線ではないか!!!最高のシナリオ!!!
加えて小生の出資馬はどうも早期デビューできずにいるが、この馬はきっと!!!

抽優は200口下回ったが、思った以上に申込数も多かったことから、実績では取れないと思っていた。
が、蓋を開けてみれば・・・!!!実績での出資と相成った。


□ おうちツアー動画、最も好きなシーン

おうちツアーのコメントにもある上質な筋肉と躍動感のある動きを思わせるシーンがこちら!

f:id:remsan:20200822185905j:plain



大腿筋が隆起しながら、プルンッと震えており、シズル感を感じさせるひとコマである。踏み込みも深く、後脚が前脚に届きそうな勢い!
尻尾を荒々しく振る姿からは、闘争心も持ち合わせていることを想像させる!
さらにここまで体全体を使っているように見えるにも関わらず、胴体はどっしりとブレておらず、体幹の強さも持ち合わせている印象を受ける。シーイズトウショウの19、これは高いレベルでまとまった馬と言えますぜ!