清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

2020年産ラインナップ決定!出資馬は全7頭、馬代は52万円也。

シルクホースクラブの追加募集は、サルスエラの20にサラッと応募して、アッサリと落選。
これによって、2020年産2歳馬の出資が確定した。

シルク、東サラ、キャロット、ノルマンディーとクラブだけは増えていっているものの、出資頭数は7頭。馬代は締めて52万円也。
お金使っているなぁ・・・。
加えてノーザンファーム生産馬は2頭のみ。本当に馬が取れなくなっていることを実感する。

種牡馬ルーラーシップハービンジャーキタサンブラックロードカナロアエピファネイアゴールドシップ。出資初年度を除くと、初のディープインパクトはもちろん、ハーツクライもいないラインナップと相成った。

 

出資自体が難しくなっている昨今、ありがたくも出資の叶った2020年産出資馬全7頭を、まとめておこうと思う。

 

■東サラ

レッドプロフェシー トリニティプレイスの20 牡 7万円

東サラの最優先は確実に取りに行った、トリニティプレイスの20に出資。

歩様はばらっとしていたものの、後肢の伸びやかさに惚れたことが決め手。

馬体の作りと歩様から、キレる脚を持っているとも思えず、ジリジリと前目から抜け出すレースをイメージしていた。

最新の動画を見ても、やはり動かした時の脚の使い方に、不安が募る。やはりバラっとしているというか、フォームがとても悪く見えるのだ。こういった走法でそこまで良い結果が出るとも思えず、厳しい結果も予想される。

出資時の動画は、今見てもとてもよく見えるので、出資に悔いなし!

長い距離での活躍を穏やかに期待しよう!

 

□ 出資時の小生評価

画像 3.5

端正な好馬体だと思う。画像のせいもあるだろうが皮膚感も良い。背中のラインもきれいだ。腿四頭筋や大腿筋膜張筋あたりの膨らみがあればさらに大物感を感じていたと思う。

 

動画 4.5

今回の募集馬の中で、最も後肢の使い方に好感を持った。とにかく飛節が良く伸び、推進力を感じる。繋を含めて全体的に良い意味で硬さを感じ、関節もしまっている印象。筋肉の質も良いと思う。トモがもう少し厚ければ・・・とは思う。外孤気味だが気にしなくていいと思う。耳の動きからは神経質なのかなとは思う。フレームに筋肉が追いついていない部分で成長力に賭けられるか、という所かなぁ。

 

募集時

直近

順調に見える。トモがもっとパンとしてくればあるいは!?

 

 

シルクホースクラブ


抽優はマローディープでハズレ。これで4年連続外し続けている。実績にも影響があるので、なかなか厳しい結果である。さらに何か拒絶されているような気がして、謎にストレスも溜まってくる。

そんなこんなでシルク脱出計画を実行に移すべく、キャロットで牝馬への出資も開始。

 

 

サヴィトリ シャクンタラーの20 牝 4万円

ボリューミーな馬体そのままに、頓挫はありつつも成長してくれていると思う。2月の写真を見ても、なかなかの好馬体なのではないかと思う。

募集時の動画を見ても、馬体を持て余し気味ではあるものの、関節は言うほど緩くはない印象を改めて感じる。

デビューは遅そうだけれど、穏やかに期待しよう!

 

□ 出資時の小生評価

画像 3

繋ぎは窮屈だったり、臀部の丸みがやや欠けているように見える。ただフレームには恵まれているように感じる。めちゃくちゃ好馬体かというと、疑問符はつき、最終的に、まぁ普通という評価。

動画 4

フレーム良く、推進力とパワーを感じる。筋肉量もあり、魅力的。ちょっとおまけで4点。

 

募集時

直近

トモの容量は期待通り。調教が進んで水っぽさが抜けてくればあるいは!?

 

ウルトラブラック ウルトラブレンドの20 牡 5万円

トモの形状が気になるのは、出資時も今も変わらない。ただスナップの効いた調教動画や、着実に馬体が成長していることを考えると、期待はだんだんと膨らんできている。

成長力を期待して出資したけれど、ここまで順調すぎるといって良いのではなかろうか。

POG本によると、5月末頃の入厩の話もあるようだ。

あとは怪我の多い血統であることが心配。出資の叶ったウルトラブレンドの16がデビューできなかった身としては、とにかく無事にいって、なかなかの活躍を穏やかに期待しよう!

□ 出資時の小生評価

画像 3.5

トモが少し流れた馬体に見えて、切れる脚は使えなそうな印象。ただバランスよく見えるので甘めの採点。個人的にはウルトラブレンドの16に出資叶うもデビューできなかった悔しさを晴らしたくもある。

動画 3.5

非力さを感じるが、体の使い方は良いと思う。成長力に期待。

 

募集時

直近

募集時と比較すると相当よくなっているように見える。このまま良くなり続けてくれればあるいは!?

 

 

スカイゲイザー シングルゲイズの20 牡 17万円

動画の推進力を感じる弾丸のような動きと、出資できそう&実績積めそうということで出資。初仔はリアオリヴィア、出資馬プリモシーンの姉のキャリコなど、結果の出づらい印象があり、さらに小柄であること。加えてサンデーサイレンスのいない血統に不安は尽きなかったけれど、出資決定!案の定小柄なままで、不安も尽きない。

なんでこんなに出資金額が高かったのだろうという疑問は尽きないけれど、そこは心中穏やかに期待しようと思う。

 

□ 出資時の小生評価
画像 3.5
距離は短いところだろうが、なかなかの好馬体だと思う。体高が伸びてくればさらに見え映えしそうだ。
動画 4
後肢はよく伸び、筋肉の付きも良く、力強い。ただ体高が低く、大物感には欠ける印象。リュラネブラに少し似ている印象も受ける。う〜ん評価が難しいな。でもやはり良い馬だと思うので4!

 

募集時

直近

馬体重はほぼ変わらずの現在435キロ。。もう少し幅が出てくればあるいは!?

 

 

アースコンチェルト アースサウンドの20 牡 10万円

1,900万円で当歳セレクトセールで落札。からの5000万円で募集。自信の現れとのコメントもあったことに加えて、細江純子さんもオススメしてくれていたと記憶している。

小生はというと、ぱっと見、静止画がよく見えたことと、出資ができそうということもありラインナップに加わってくれた。

やはりシルクは出資できそうかどうか、というウエイトが大きすぎる気もしている。

ただ出資に悔いはなし。馬体はキレイ、でも適性が掴みづらいという点では、過去の出資馬でいうとキングスヴァリューと被る印象も受ける。

不確定要素の多い馬であるけれど、穏やかに期待したい。

 

□ 出資時の小生評価

画像 4
繋ぎは立ち気味だが、ダートと思えば。ただすごくバランスがよく、芝でも見てみたいと思える馬体。
動画 3.5
歩かせての動きはそこまでよく見えなかったが、皮膚感がよく見えたので3.5にした。硬さも感じるのでやはりダートかなぁ。

 

募集時

直近

なかなかの好馬体を維持しているように見える。適性は掴みづらいけれどハマる条件とが見つかればあるいは!?

 

 


■キャロットクラブ

ディバイングレース シンハディーパの20 牝 7万円

一口馬主ライフの夢のひとつ、出資馬の子供に出資に向けて、牝馬を狙い撃ち。

当時はハミングバード(引退)一頭のみの出資だったため、出資馬がいなくなることを恐れて、最優先で確実に出資できる馬から選択。

とはいえ、妥協した感はなく、動画に惚れて出資決定。運動神経の塊に見えたのだけれど・・・。

思ったほど大きくなっていない点は非常に気になるが、出資時点での期待値は最も高かった馬。デビューは遅くなりそうだけれど、時節褒められるお言葉に一喜一憂しながら見守っている。ゆっくりと穏やかに期待したい。

 

□ 出資時の小生評価

・画像 3.5
コンパクトに見えるけれど、トモの張り出し方やバランスの良さなど、素材はめちゃくちゃ良さそう。成長に期待。ただセブンシーズっぽいかも?ワンパンチ不足の可能性も・・・。
・動画 4
小柄な割に地面を捉える力が強く。推進力も感じる歩様。うまくいけば終いキレる馬になるのでは?

 

募集時

直近

8月420キロ→4月427キロ。まるで成長していない・・・。夏の間に成長期を迎えればあるいは!?

 

■ノルマンディー

オルノア ピッツネイルの20 牝 3万円

 

ソルパシオン ラヴィブリランテの16年産以来、ノルマンディーでは4年ぶり4頭目の出資。になるのか!!時が経つのは早いものだ。。。そりゃ年もとるわけだ。

静止画は華奢に見えたものの、動画が抜群によく見えて出資申し込み。おそらく一番人気のため完全に厳しいと思っていたけれど、なんと出資決定!ノルマンディー様、最高です!

乗り込みはまだまだ不足していそうだけれど、馬体は順調に成長しているような気がする。ノルマンディー初勝利を穏やかに期待したい。

 

paddock.hatenablog.com

 

募集時

直近

本当に同じ馬!?と思ってしまうような成長ぶり。腹回りはまだボテっとしているので、締まってくればあるいは!?

 

■ まとめ

シルクホースクラブ以外は満足のいく出資ができたが、昨年のレッドベルアームなどPOGでも注目されるような馬はおらず、全体的にやや小粒感は否めない。
ただ一頭一頭、悩みに悩みながら、良いと思って出資した馬たちである。
 
事前評価は高くなかったとしても、馬体を改めて見てみていたら、曲者揃いで、何やら期待以上に走ってくれそうなラインナップにも思えてきた。
 

まずは全馬無事に、頑張って欲しい!!!

できればこの中から、広く認知されるような馬が出てきますように!!!