清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

パドック推奨馬をお届け。2014年6桁配当3回、推奨馬は6-7割くらいは好走します。春のG1では安田記念グランプリボス、宝塚記念カレンミロティックを推奨して高配をGETしています。twitterで更新情報お送ります。といいつつシルクホースクラブとノルマンディーに入会しました https://twitter.com/paddock_keiba

阪神11R 第62回 神戸新聞杯 の反省 本線で的中!子供達に届け、僕のそのままの叫び声。

阪神11R 第62回 神戸新聞杯 の反省 

 

今日はパスポートの受け取りがてら川崎競馬場にて参戦。
パドックを延々と流しているモニターがなくストレスがたまるも、
芝生の上で気持ちよく観戦できるのが良い。

競馬場の雰囲気がのどかだと空気が弛緩しがちだが、
自ら律してピリっとさせるのもちょっとした修行のようでアリかなとも思う。

 

予想記事

レース結果

 

まず、ワンアンドオンリー。実績上位、パドックの気配も良く迷わず軸に。

 

対抗にハギノハイブリッッドとサウンドオブアース、そしてサトノアラジンの3頭を厚めに購入。

まずハギノハイブリッドは春の頃と比較してそこまで良くなった印象はないが、
いつもパドックでは良く見える馬。
なかなか切りづらい。

 

一方でサウンドオブアースはノーマークだったがパドックの状態が
先週のタガノグランパ同様にとても良く見えた。
弾むように歩いており、非常に弾力性のあるような雰囲気で一気に相手本線まで評価を上げた。

 

サトノアラジンはやや迫力不足に見えたものの、
雄大な馬体がどうしても良く見える。
過去のレースぶりと近走好走しているとはいえ斤量が54キロだったことを考えて評価を落としたいが、
どうしても切るに切れない。
これが自分の弱い所か。
どうせオッズも低いのだしここは思い切ってタネ銭を前述の2頭に割り振れれば良いのだが。。

 

一方注目していたドーセンスターダムはむしろ春の頃がよかったんじゃないか?
と思うほどトモの踏み込みも力強さを感じず、何より馬全体が硬く感じる。
もうちょっと底が見えたように感じるが。。
ここは思い切って切れたのは良かった。

 

ウインフルブルーム ダンディーズムーンも良く見えたので少し抑えたが全然だった。

 

3着にきたトウホウジャッカルも比較的良く見えたが、実績を覆してまでどうしても買いたいという程には見えなかった。
最後の直線坂を越えた当たりからの加速力は眼を見張るものがあったし、
走りのまだ幼い感じがしてポテンシャルを感じた。

この馬は覚えておきたい。

 

それにしても見応えのあるゴール前で思い切り「そのまま!そのまま!そのママー!!」叫んでしまった。
家族連れも子供達もいたのだが、その子達が今頃悪夢にうなされていない事を祈る。

良いギャンブラーに育ちなさい。