清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

ノルマンディー2021年度募集は謙虚さのかけらもなくピッツネイルの20に申し込みを行ってしまった!!

思えばノルマンディーの引っ張りやレースマネイジメント、調教進捗の悪さにウンザリしてノルマンディーから心を離して早2年。
今回はノルマンディー様に温情を受けたことによって申し込みを行ってみることに。

当初は人気薄、安馬、ただ何か良く見える馬、に出資しようと持っていたが、蓋を開けてみれば、一番人気のピッツネイルの20に申し込みを行ってしまった。

画像はトモを含めて、馬体の薄さは気になる、というか出資候補には至らないデキに見えていたのだが、動画を見るとどうだろう!ボリューミー且つ運動神経の良さそうな歩様。
大多数の方が良いと思うのではなかろうか。

う〜〜〜ん、他に気になる馬も何頭がいるものの、見れば見るほど圧倒的で、ダメなら仕方ないと思える馬だと思う。極め付けに左後一白。
例えるなら、Rev. from DVLの橋本環奈といった趣ではなかろうか。


大人気を覚悟しつつ、何度考えても募集馬の中ではピッツネイルの20一択な気がするので、当初の思いを覆し、一昨夜申し込みを完了した。
ノーザン系クラブにいても人気になるポテンシャルがあるように感じるがどうだろうか。
本日の中間発表ではまんまと300%over!!!大人気!!!

youtu.be

 

 

■ ピッツネイルの20以外の候補馬

今回は4万円未満の馬縛り。というわけで必然的に絞られるわけだが候補として馬を記録しておこうと思う。


レジェンドブルーの20
まず好きだったサトノクラウン産駒というだけで大幅プラス。馬体に目をうつすと整った馬体で筋肉に緩さは感じるものの、鍛えていけば変わっていきそう。
ただ胴伸びに欠ける点から、ややバランスに難があるように感じた。
ギリギリ出資基準を満たさず。

 

ウィズアットレースの20
キビキビした歩様から運動神経の良さを感じる。ただ馬格はもう一歩で成長力はどうだろうか。
静止画も少しトモが流れて見えるのと、前の造り、そして寝繋ぎが気になる。
マツリダゴッホ産駒、出資したくもあるけれど、もうワンパンチ足りなく見える。

 

 

ヴンダーゾンネの20
ボリュームある筋肉に覆われた馬体に好感。同じブラックタイド産駒でもありキャロット様で出資の叶わなかったアールブリュットの20の代役にピッタリの馬にも感じる。左後一白なのも良い。
ただ少し重く見えるのと、肢勢がちょっと悪く見えるので、どうかな〜と思う。

 

シルヴァーコードの20
画像では目立たなかったものの、動かすと軽やかな歩様が目立つ馬。破格の安さにも見えて、これぞノルマンディーという印象も受ける。芦毛なのもかわいい。ただどうしてもトモの形状に不安は感じる。

 

ルミナスレッドの20
ファーストインプレッションでは最も気になった馬。ビーチパトロール産駒というのも、いとをかし。いやー小柄である程度しっかりしていて、皮膚感は薄く見え、バランスの良い馬が好きなのだ。
ただ歩様から大物感は全く感じず、というか凡庸さを感じ、1勝を目指す馬のような気がしてしまい、ピッツネイルの20を押しのけてまで出資する決断には至らず。たぶんピッツネイルの20がいなければこの馬にいっていたと思う。
いや〜こういう馬が走って欲しいものです!

f:id:remsan:20211014014104p:plain



 

ごちゃごちゃ色々と書いたものの、結局何が言いたいかというとピッツネイルの20がダントツによく見えるということ。
出資は厳しいと思うが、この馬の行末を見守っていきたい!

怪我が心配すぎて、緊張感高めのシルクの外厩馬の更新日!

今日はシルクの外厩馬の更新がある。先週気になる更新がいくつかあったため、なかなかどうして緊張感が高いのだ。

 

パラダイスリーフ 緊張度 ★★☆☆☆

屈腱炎明けのため毎週緊張感が高い。ただ先週今週でいうと、幾分緊張感は低い。まだ次走は遠いだろうしゆっくりやっていただけたら。

「こちらに戻って来てから、念のために左前脚のエコー検査を行いましたが、特に異常は見られず一安心しています。触診でも問題は見られなかったことから、今週から坂路コースでの運動を開始しており、徐々に負荷を強めていく方針です。馬体重は510㎏です」


モーソンピーク 緊張度 ★★★☆☆

骨折明け。前脚に負荷がかかりやすい構造でもあるので、毎週なかなか心配ではある。
跛行まではいかないとのことなので、一時的な疲労であると信じたい。大丈夫だよね!?

「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、特に問題はなかったので、今週初めに坂路コースを登坂したところ、跛行まではいかないものの左トモの踏み込みがもう一つでした。獣医師に背腰からトモにかけて治療を行ってもらい、現在はトレッドミルで無理のない範囲で動かすようにしています。馬体重は509㎏です」


アルジェントステラ 緊張度 ★★★★☆

感動の初勝利から早2ヶ月。馬体重も増え、そろそろ次走を目指して・・・という段階で跛行のお知らせ!読んでいて震えたものの、挫跖ということで一安心。ただその後どうだったのか本当に気になる。大丈夫だと思うけど・・・大丈夫だよね!?

「先月からペースを上げずにトレッドミルで進めてきましたが、週半ばに右トモを跛行してしまいました。獣医師によく診てもらったところ、挫跖が確認されて膿が溜まっていたので、すぐに排膿を行いました。これで歩様は良化してくると思います。馬体重は457kgです」


フリートオブフット 緊張度 ★★★★★★★★★★

前走まともに追えず、大惨敗を喫したフリートオブフット。負担の少ないレースだったと思いきや、ダメージが大きいようだ。レントゲンで異常なしとはいえ、熱感という嫌なキーワードもあり心配が募る。。。大丈夫なんでしょうか・・・。

「レース翌日には特に問題はなかったものの、週明けの馬体チェックの際に両前脚を抑える仕草を見せました。特に左前脚の方が痛みは酷いようで、念のために撮ったレントゲンで異常がなかったのは良かったのですが、橈骨と管骨には疲労がありますし、右前球節の内側にも熱感が確認できます。まだ成長し切っていないところがありますし、レースでのダメージが脚元を中心に出て来てしまったのでしょう。首の辺りにも少し張りがある状況ですから、無理せず一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出してしっかりとケアしてもらいたいと思います」

 

ここには上がっていないものの、アンダープロットも喉に爆弾を抱えてしまったようで心配は尽きない。

 

思えば出資馬で大きなトラブルなく上級戦まで昇格し、現役を全うできたのはプリモシーンのみ。
馬は本当に難しいことを、一口馬主ライフで痛感している。


今週の更新がポジティブでありますように!

ノルマンディー様に借りができてしまったので、出資を検討中!

私とノルマンディーの歴史を振り返る。

ハウキュートで無料入会後、ソルパシオン、ラヴィブリランテに出資。
ノーザーファーム外での一口馬主勝利を目指したものの、この3頭では叶わず。

特にソルパシオンは惜しいところまでいったものの、結局勝てず。
2着じゃダメなんですよ!2着じゃ!

 

ソルパシオンの引退とともに、休眠会員に以降していたと油断していた小生。
ある瞬間にログインできず、さらにメルマガも届かなくなっていることに気が付く。

 

おかしい・・・。

 

過去のメールを漁ってみると、出資馬がいなくなり1年が経過すると、会員継続の場合は連絡が必要とのこと。
あえなく9月上旬に退会扱いになっていたようだ。

 

なんてこった。。。

やめたくはないのですよ・・・。青草祭りで進捗が遅すぎること、地方で引っ張りまくること、この2点に特に不満があり、まだ不満を解消できていない小生。そのため出資する気はそこまでなかったものの、いざ退会となるとちょっと寂しい。


めちゃくちゃいいと思えば出資したいし。

 

ダメもとでノルマンディー様に問い合わせをしてみると、今回はご容赦いただいて会員資格が維持されるとのこと。

 

わっしょい!!!

 

ただ喜んではいられない。ノルマンディー様から見た時の小生は、最悪の会員という扱いだろうから。底辺扱いは辛い・・・。
ということで・・・。今年は縁があれば1頭出資したいと思う!!!!

出資条件は4万円未満!できれば3万円台前半まで!!!!

 

この理由はカンタン。

出資を悩みまくって見送った東サラのレッドミラベルの20が4万円/口だから。
ここで4万円以上使うなら、レッドミラベルの20に出資すべきだろう、という話だから。

さぁどんな出会いがあり、出資が叶うのか、楽しみだ!!!

 

これから半身浴で動画を見ることにしよう!

中山競馬9R カンナステークス ◎10 フリートオブフット がんばれぇぇぇぇぇ!!伸び代は1番だ!!!

中山競馬9R カンナステークス ◎10 フリートオブフット がんばれぇぇぇぇぇ!!伸び代は1番だ!!!

 

馬券に向き合うということも兼ねてフリートオブフットの応援に中山へ。

 

馬券はここまでイマイチ。。。流れが悪い。。

 

しかーーし!このレースは馬券なんか関係ねぇ!!!!!初めてフリートオブフットに会えるということで、こちらもイレコミ気味。

いきなりオープン勝ちなんて、そううまくいかないと思っているけれど、全力で応援したいと思います!

 

パドック

 

10 フリートオブフット ややテンション高め。終始集中力に欠ける印象も。馬体は品があり、バランスはこの中でも上位だと思う。ただ1200と言われると疑問も。パワフルというよりもスッキリと見せるのでマイルくらいで良いのでは?と思ってしまう。歩様は柔らかさを感じるけれど筋肉を含めてまだカッチリとはしていない印象。伸び代ですね!!

 

3 インプロバイザー 柔らかみがありとても良い歩様。集中力も高そうだ。踏み込みも深く歩様も抜群。良い馬だなぁ。

 

4 ジャスパークローネ 馬格はとても目立つ。筋肉量もありがっしりとしている。テンションは高いが良さそうだ。

 

6 シゲルファンノユメ こちらはパワフルで推進力も感じる歩様。いかにも短距離という印象。

 

1 コラリン は素晴らしいトモで歩様は良い。一方で腹回りは少し薄く見える。これがどうか。体高も募集時の通り低そうだ。

 

その他よく見える馬が多く、なかなかメンバーが揃った印象。

いやーやっぱりなかなか強気にはなれないな。。。

 

フリートオブフット、まずは無事に好レースを!!!伸び代は君が1番だ!!!!!

 

f:id:remsan:20210925142129j:image

 

先週の馬券結果がマグレでないのか明日試してくる&フリートオブフットも出るし、ノルマンディーで出資を悩んだアメトリーチェも出る!そして卑しい自分にオサラバだ!

手前味噌な話で恐縮だが、先週は生でパドックを見て、twitterでホイホイ予想を呟きながら、競馬というか馬券に向き合ってみた。

一口馬主を始めてから、かなり馬券のプライオリティは下がり、馬券より応援になってしまっているのだ。

肝心の結果はというと、真面目に向き合った故に神様が微笑んでくれたのか、なかなかの予想成績を収めることができた。

 

本命と結果は以下の通り(☆は馬券的中)。

 

中山5R レッドリベリウス5着(4人気)

☆中山6R ファンタジア1着(1人気)

中山7R アイソウザスター3着(6人気)

☆中山8R チアフルローズ2着(5人気)

☆中山9R デルマラピスラズリ3着(11人気)

☆中山10R パラダイスリーフとモーソンピークレースのため贔屓目も馬券的中

中山11R ソーヴァリアント2着(2人気)

 

的中は7R中4レースもなかなか予想は良い線いっていたと思うし、人気薄が好走していたことも何やら好調だったことが窺える。唯一馬券内を外したレッドリベリウスもスタートでとんでもない不利を受けての、絶望的な位置からのこの着順。めちゃくちゃ外したとは思っていない。

ただ・・・この結果は超マグレだと、自分でも思う。

 

マグレということはわかってはいるけれども、良いと信じた馬がそれなりに走ってくれると、少し調子に乗ってしまうところもある。

 

■ 明日は中山へ!!先週がマグレだったことを証明しに!?競馬場に行ってみる!フリートオブフットもオープンクラスのレースに出るのだ!!!

 

所用のためメインレースまで出来るかはわからないけれど、先週の結果が多分フロックだったことを確認しに、競馬場で馬券に向き合ってみる。

 

さらに出資を悩んだ、というかノルマンディーで1頭という意味では架空出資馬としたアメトリーチェもメイクデビューに出走。これも楽しみだ。

 

そして何よりフリートオブフット!!!!!

まだまだ未完成感は強いけれど、カンナステークスに出走。

そんなに1200に拘らなくても・・・という気持ちもあるけれど、ここまでデビューからコンスタントに出走してくれて、この時期にオープンクラスに挑戦できるのは、とても嬉しい。

 

コラリンとの対決も見ものである。ただコメントからは現時点での完成度は負けているようにも感じている。

10日ほど前に、横山武史騎手を確保した、と思って喜んでいたけれど、コラリンは最終的にルメール騎手。クッソ!!!コラリンもフリートオブフットと同等以上に期待のほどが窺える。クッソ!!!コラリンも期待されているクッソ!!!!

 

クッソと思いすぎた。ただ・・・ただ・・・卑しい気持ちであることは承知しているが、同クラブの非出資馬には、どうしても負けないで欲しいという気持ちを持ってしまうのである。

「同じクラブに負けたくない」この気持ちはなんでだろう?と考えてみる。

それを突き詰めるとやはり自分可愛さから、出資の選択が失敗だったと思いたくないのだろうという、さらに卑しい気持ちにたどり着く。

 

話を戻して馬券。

勝負ごとは、雑念が入ると得てして結果は良くない。これが当たったら〇〇しよう、みたいなことを思って行って、当たった試しがないのだ。

こういった濁った目で見ると、置きにいって失敗したり、ホームランを狙いにいって大失敗したりと、散々な目にあってしまう。

 

明日は淡々と、ピュアな気持ちで競馬に向き合い、馬券を含めてそんな卑しい自分に打ち克つ日にしたいと思う。

 

フリートオブフット !!!!!どの馬に負けてもコラリンにだけは絶対に負けるなよ!!!!!!!!!!!

 

あ、早速間違えた。

気まぐれな興奮と白いモヤが一口馬主の醍醐味。パラダイスリーフとモーソンピークに感謝の想いを伝えたい

パラダイスリーフとモーソンピーク、どちらも思い入れの強い馬だ。出資金が高額だったこともあるが、ともに形は違えど、大きな期待と大きな落胆、そして大きな喜びをくれた馬だからだ。

そんな2頭があいまみえたジャングルポケットカップ

どちらも怪我からの復帰戦という点も共通していた。

 

振り返ると出資馬対決は過去 に2回あった。

 

一度目はダービー卿チャレンジトロフィーのプリモシーン VS ダイアトニック。

このレースはとにかく舞い上がっていた。重賞での出資馬対決。

出資頭数がそこまで多くはない小生にとって、二度とないかもしれない、フェスティバルのようなものだ。

 

二度目はモーソンピーク VS ピラミッドムーン。

6月の未勝利戦ということもあり、なかなか痺れる状況下での対決。どちらもそこまで期待していなかったが、結果はモーソンピークが優勝。テレビの前で失神しそうになった。

 

そして今回。

結果はパラダイスリーフとモーソンピークでワンツーフィニッシュ。

最良の結果は同着とすると最善の結果と言えるだろう。

 

最後の直線、モーソンピークが勝ったと思った次の瞬間、風のように一頭の馬が飛んできた。その時は一体何が起ったのか理解できなかったものの、ただ勝負服はシルクであることは微かに認識できていたので、とにかくポジティブなことが起ったということだけは理解できていたと思う。

ゴールの瞬間、横山武史騎手が鞭を振り下ろすアクションでパラダイスリーフが勝ったことを朧ながら理解し、深呼吸した後に押し寄せてくる、この感動が届けとばかりに、立ち上がり、とにかく拍手をし続けたことは覚えている。

 

ただ、どうしてもパラダイスリーフが飛んできた瞬間の姿は思い出すことができず、記憶の中ではレースの映像の上に、何か白いモヤがかかっているのだ。

 

多分何か得体の知れない脳汁が出ていたのだろう。思えばプリモシーンの東京新聞杯でも記憶に白いモヤがかかっている。

 

あぁ、このために一口馬主をやっているんだな、と実感する。

このいつ訪れるか分からない、気まぐれな興奮を求めて一口馬主をやっているのだ。

馬生に寄り添い、そのストーリーを追い続け、牧場に会いにいったり、レースに応援に行く。熱烈なファンだからこそ味わえる、この興奮。

 

そして、両馬の熱烈なファン故に、パラダイスリーフの復活が讃えられるのが嬉しいのと同じくらい、モーソンピークの頑張りも嬉しく、そして悔しくも思う。

そして今、レース映像を振り返りながら、2頭ともどうか無事であって欲しいと心から願う。

 

関係者の皆様、本当にありがとうございました。そしてパラダイスリーフとモーソンピーク、また会いましょう!

 

少し酔った。もうこんな時間だ。さぁ心地よく眠ろう。

 

f:id:remsan:20210921014451j:image
f:id:remsan:20210921014459j:image
f:id:remsan:20210921014425j:image
f:id:remsan:20210921014411j:image
f:id:remsan:20210921014436j:image
f:id:remsan:20210921014430j:image
f:id:remsan:20210921014415j:image
f:id:remsan:20210921014419j:image
f:id:remsan:20210921014454j:image
f:id:remsan:20210921014442j:image
f:id:remsan:20210921014447j:image

中山競馬10R ジャングルポケットカップ パドック直前予想 ◎5 モーソンピーク ◎6 パラダイスリーフ おかえりなさい!どっちも無理せずがんばれぇぇぇぇぇぇ!!!

遂にこの時がやってきた!小生出資のディープインパクト産駒が共に復活し、あいみまえる時が!!

どちらを応援したら良いのかわからない。なんてこった!!!

いやいや、両馬とも応援すれば良いのだ!!

復帰戦は少頭数というナイスな選択。7着以内には入れると思うと気は楽だ。

そして隣枠というのも最高だ。

 

さらにルヴェルソーも出走。この馬も出資を悩んだ馬。こんな所で強敵となって現れるとは。。。

 

暑さもありおかしなテンションで2頭を迎える。

 

パラダイスリーフは新緑賞以来、モーソンピークは1年半前の天栄以来の再会だ!!

 

まずは5 モーソンピーク 本当に大きくなった!逆に大きくなって少し体が間延びした印象も受ける。いや気品ある馬体と取ろう。テンションは少し高め。動きは全身をつかった、とは言い難いが、それがこの馬なのだろう。早来の時は全身を使った動きに見えたのだが。。でも相対的には悪くないと思う。

 

6 パラダイスリーフ 集中力高く力強い歩様が目立つ。ブランクを感じさせない動き!!腹回りもう一絞りとも思うが、良いと思う!!!

 

強敵に見えるのは7 サトノフォース。モーソンピークとパラダイスリーフを足して2で割った印象。なんのこっちゃ、だがとてもよく見える。

 

モーソンピーク、パラダイスリーフ、おかえりなさい!!!

 

f:id:remsan:20210920145134j:image

 

f:id:remsan:20210920145251j:image

 

f:id:remsan:20210920145304j:image

 

 

 

 

キャロット発表によって20年産の出資馬6頭が(ほぼ)決定!

キャロット一般抽選は全落ち!妥協せず申し込んだ結果なので仕方がないけれど、
××××××という表示を見るのは、何かメンタルに来るものがある!!!!!

おまえはダメだ!!!と突きつけられているかのよう。
徳が足りなかったのだろうか。

 

いずれにせよ、キャロットの結果が出たので2020年産の出資馬が(ほぼ)決定!

以下の6頭、合計49万円とあいなった。馬代の平均は3850万円。
シングルゲイズの20とアースサウンドの20の2頭が平均を引き上げているようだ!!高すぎだぜ!!

トリニティプレイスの20 牡 7万円(東サラ)
シンハディーパの20 牝 7万円(キャロット)
シャクンタラーの20 牝 4万円(シルク)
ウルトラブレンドの20 牡 5万円(シルク)
シングルゲイズの20 牡 16万円(シルク)
アースサウンドの20 牡 10万円(シルク)


■ 取りづらさもあるけれど、期せずして、なんとか一口馬主のマイルールの範囲内でできている

 

忘れそうな時にマイルールを思い出す。

小生はなぜ一口馬主をやっているのか?こんな時期なので戦略・作戦・戦術にざっくりまとめて向き合ってみる - 清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

 

馬の出資は実感がない。それぞれ高額にも関わらず、申し込み時はプライスレスに感じてしまう。
そして出資が叶うとしばらくして引き落としが行われ、一時的に現実に戻ってくるが、
払ってしまえば、お金を払った実感がなくなってしまう。

これが一口馬主を始めて5年を経過した小生の現在地。

 

ただ、出資6頭を見ると、なんとなく小粒に感じてしまうのは、気のせいだろうか。

 


■ そうか、ディープインパクト産駒が足りないのだ!

 

特に牡馬クラシック出走を願ってディープインパクト産駒ないし、ハーツクライ産駒を少なくとも1頭は出資することが多かった小生。

走る走らないはおいておいて、レースまでの1年前後、凄い馬であることを夢想して楽しんでいた。

 

が、今年はどうだろう。

トリニティプレイス→未知数

ウルトラブランド→母繁殖セールで売却

シングルゲイズ→短距離

アースライジング→ダート

ぐぬぬぬ。やはり、モーソンピークやレッドベルアームのような夢想で失禁までには至らない。

 

■ ディエンティの20 早く売り切れて下さい!!

 

より夢想の世界にいけるように、買ってしまいそうだ。。。

資金はない!!

どなたか早く買ってしまって下さい!!

 

今後2020年産出資馬を1頭ずつ記事にしていこうと思う。

パラダイスリーフが帰ってくるので、屈腱炎から復帰した馬のその後を調べてみた

10月20日、パラダイスリーフが2年以上の休養を経てターフに帰ってくる!

過去2勝とも口取りをさせてくれた思い出深い馬。

屈腱炎は不治の病と言われており、また競馬場で会えることだけでも本当に嬉しいこと。

損傷率などは当時のコメントを振り返っても公開されていないようだが、戻ってこられたということは、重度のものではなかったのだろう。

 

大きな期待は禁物ということは重々理解しつつ、屈腱炎から復帰した馬を探してみた。

 

■ カネヒキリ
屈腱炎からの復活という意味ではこの馬が最も有名ではないだろうか。
帝王賞2着後に発症。2年以上の休養期間を経て復活。
武蔵野ステークス9着後、ジャパンカップダートで見事優勝。
復帰後は、9戦4勝(内G13勝)という見事な成績を納める。
最後は痛めた足とは逆脚も屈腱炎を発症して引退。

 

■ ポルトドートウィユ
ダービー12着後、2015年8月に屈腱炎を発症。復帰戦は2017年4月の難波スーテクス(1600万下)。3着入線で今後に期待が高まるも、その後は1600万下のレースで掲示板に乗れず。2018年10月に屈腱炎再発で引退。
復帰後は4戦0勝。

 

■ チェッキーノ
2016年のオークスシンハライトの2着後クイーンステークスに向かう過程で屈腱炎を発症。
2年振りのレースとなった米子ステークスでは7着。そしてプリモシーンが優勝した関屋記念では7着。その後、屈腱炎が再発して輝きを取り戻すには至らず、引退となった。
復帰後2戦0勝。

 

■ ブライトエンブレム
2016年5月 ブリリアントステークス7着後に左前浅屈腱炎を発症。1年半超の休養を経て、2017年12月のサンタクロースステークスで復帰。調教タイムもあまり出ていなかったようだが10着入線。
その後、3戦するも輝きは戻らず。そして復帰から7ヶ月後の2018年8月、左前浅屈腱炎を再発。引退となった。
復帰後4戦0勝。

 

■ ロッテンマイヤー
2016年8月クイーンステークス後に屈腱炎を発症。1年3ヶ月の休養期間を経て2017年11月に復帰するも16着。しかし次走の木津川特別で2着と善戦。その後、勝ちには恵まれないものの復帰から1年後となる2018年11月の1000万下のレースで見事優勝!実に2年7ヶ月振りの勝利となった。
その後うずしおステークスを最後に引退。屈腱炎は再発することなく現役生活を全うした!
復帰後9戦1勝。


■ シュペルミエール  
サンシャインステークス(1600万下)1着後、目黒記念を目指すも脚元の不安で回避。
2017年8月に浅屈腱炎発症。損傷率は4%と軽度だった模様。
1年強の休養期間を経て2018年10月の古都ステークス(1600万下)で復活!復帰戦は惜しい2着!
休養期間を見ても軽度だったことが窺える。
その後、オリオンステークス1着、日経新春杯惜しくも3着、さらなる飛躍を期するも浅屈腱炎が最初。今度は損傷度35%とのことで引退となった。
ちなみにパラダイスリーフと同じ、木村厩舎。当時のコメント読んでも慎重に進めていたことが窺える。
復帰後3戦1勝。

 

■ トリオンフ
2018年8月の小倉記念で重賞2勝目を飾ったのちに屈腱炎を発症。
翌2019年11月にチャレンジカップに復帰して2着。年が明けて金杯で復活の優勝!
ただその後屈腱炎を再発して引退。
1年と少しの休養期間だったことから損傷率も低かったと推測される。
復帰後2戦1勝。

 

■ キタノインパク
2019年2月、未勝利勝ち後、屈腱炎を発症。損傷率8%とのこと。1年8ヶ月振りとなるレースは10着となるも、復帰2戦目は2着、そして3戦目で見事勝利!その後2勝クラスでも2戦連続2着と検討中!
今後のさらなる活躍が期待される!
復帰後6戦1勝。

 

■ ディキシーナイト
2020年2月繋部分に屈腱炎を発症。損傷率は繋部分なので表せないとのこと。
2021年5月レースとしては1年半振りに復帰。6着で入線。天栄放牧から再入厩したタイミングで屈腱炎が再発。引退となってしまった。
復帰後1戦0勝。


■ 驚異の再発率・・・やはり楽観視はできなそうだ

屈腱炎からの復活できる馬は、一説には2割にも満たないと言われている。
兄のゼーヴィント屈腱炎発症後、3ヶ月程度経過観察されたものの引退を余儀なくされた。
そんな中、パラダイスリーフはもう一歩でターフに帰ってくる。
ここから1週間何もありませんように・・・とただただ祈るばかりである。

 

一方で復帰後の道が困難なことも容易に予想される。
ざっと思いつく範囲で、適当にピックアップして調べてみただけではあるが、復帰4戦以内に再発している馬が、9頭中6頭。
いかに慎重にやっても再発する可能性が高いことも事実と言えそうだ。

 

競争能力については、損傷度(休養期間)によるのかも知れない。
1年少々で復帰できたトリオンフ、シュペルミエールはそこまで競争能力が落ちた成績にはなっていないが、チェッキーノポルトドートウィユのように2年近く休むとなかなか戻ってこないようにも感じる。

パラダイスリーフは最後のレースから2年1ヶ月、発症からも1年10ヶ月程度が経過している。

 

こうみると大きな期待は禁物だろうし、今後あと何戦できるだろうか?という話になってくるのかもしれない。

幸い復帰戦は現地観戦できることになった。

これから何戦出来るか分からないが、復帰できる幸せを噛み締めながら、パラダイスリーフを見守っていきたいと思う。

 

にしてもシルクはなんで屈腱炎の損傷率を公表していないのかなぁ?

 

生観戦のパドックはやはり気づきが違う ショームのような「トゥルンッ!!」としたトモを持つダート馬を探して三千里

生観戦のパドックはやはり気づきが違う ショームのような「トゥルンッ!!」としたトモを持つダート馬を探して三千里

 

アンダープロットの応援のため、中山競馬場へ。

 

必勝を期したものの2着だったことに加えて、珍しく当たった出資馬絡みの馬券、しかも3連単を、よりによって捨ててしまうという始末。

 

最悪とはこのことか・・・。

 

ただやはり生観戦は良い。馬をじっくりと比較したり見ることができる。

 

今日見た中で印象的だったのは、6Rのクロノフルール。歩様は目立ったわけではなかったけれど、トモがボリューミーで、かつ柔らかそうな筋肉を纏っていた。

なんだろう、柔らかいというか、水っぽいんだけど張りがあるというか。。。擬音語化するなら「トゥルンッ!!」だろうか。いや余計分からんか。

ただ、小生には明らかに他馬とは異なって見えるのだ。

 

ダートでこういうタイプの馬は単純に好みで、特に条件戦だと好走をしてくれることが多いように感じる。

 

これをテレビで気付けるかというと、恐らく無理だろう。小生のスキルでは画面越しにそういった細かなインフォメーションを感じることはできないし、何より他馬と比較することが難しい。漠然と周回する馬を遠い視点から見ると、少し違って見えるのだ。以下の画像を見つけたけれど、やはり現地で生で見る印象とは異なる。

クロノフルールの馬体写真 netkeiba.com

 

こういった「トゥルンッ!!」とした筋肉のダート馬が好きになった原因はショーム。全盛期を過ぎた感はあるが、オープン勝利まで出世した馬である。

ショームに出会ったきっかけは、2018年9月、茨城新聞杯で小生の出資馬、キングスヴァリュー同レースに出走していたこと。今日見たクロノフルールよりも「トゥルンッ!!」度は圧倒的に高い。

当時はこのショーム、すごく好みのタイプではあるのだけれど、筋肉が柔らかく見えすぎてダートはどうかと思っていた。ただ結果はアナザートゥルースの2着と好走。

それ以来ショームのファンになっている。

改めて画像を見てみると、口取りの写真などからは少しそのトモのボリュームと柔らかさを感じることができるかもしれない。

ショームの写真一覧 | 競馬ラボ

 

で、結局何が言いたいのかというと、生観戦したおかげで、「クロノフルールの馬券を取りました!」ということではなく、このように「トゥルンッ!!」ボリューミーなトモを持つ馬に出資したいのだ!

 

過去ダートを狙って出資した馬で、この特徴を持った馬はいなかった。そもそもダートを狙って出資したのは、コバルトウィングとピラミッドムーンだけではあるが。。

 

さて、今年の出資馬でダート狙いといえば、アースサウンドの20がいる。画像を見てみると、多少「トゥルンッ!!」を感じなくもないのだが、動画を見ると、多分(というか全然)違う。

 

いつかショームのようなダート馬に出資してみたいのだが、これまで募集時に画面越しから「トゥルンッ!!」を感じたダート馬はいなかったと記憶している。

やはり一度は募集馬ツアーに参加をして、馬を選びたいなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中山競馬7R パドック直前予想 ◎10 アンダープロット がんばれぇぇぇぇぇぇ!!!ホント頼みます!!!!

中山競馬7R パドック直前予想 ◎10 アンダープロット がんばれぇぇぇぇぇぇ!!!ホント頼みます!!!!

 

暑い。。。

アンダープロットの登場にあわせて、雲が切れ、太陽が顔を出す。

 

暑い。。。

そろそろ倒れそうです、、というタイミングで待ちわびたアンダープロットが登場!!!

と思ったら6レース当たった。わっしょい!

 

10 アンダープロット 前走はとても良く見えてからの、調教は微妙を挟んでの今日。

好馬体ではあるのだが、幾ばくか腹回りに余裕があるように見える。

カラダが立派すぎるというか。。集中力にも欠ける印象で不安は募る。

ただデビュー頃と比較すると前の出の硬さが取れてきたようにも思う。

 

よく見えるのは13 サンズオブタイム。馬格良く、柔軟性も感じる。テンション高めだが、持てば良さそう。

 

アンダープロット、不安もあるけれどがんばれぇぇぇぇぇぇ!!!!

 

f:id:remsan:20210911131546j:image

 

 

 

 

 

2018年産 出資馬の結果と大反省会 〜今のところひどい結果DAぜ!!!〜

2018年産、現3歳世代の現時点での結果をまとめておこう!

 

一言で表すなら「惨敗」一字で表すなら「負」である。

 

6頭出資の2頭勝ち上がり、2頭地方継続、2頭未勝利引退とあいなった。

それはまぁ良い。良くないけど良い。それよりも以下が気になる・・・。

 

重視している重賞出走率はなんとゼロ!!!ZEROZEROZERO!!!

当然目標としているクラシック出走もゼロ!!!ZEROZEROZERO!!!

2勝馬もゼロ!!!ZEROZEROZERO!!!

 

ちなみにこの年の抽優馬はリバースレー!小生がモシーンホースクラブ偏愛者だった頃である。結果リバースレーも勝ち上がることが出来ず・・・。マジか〜〜〜!

 

そういう意味でも完敗の世代である。

さてと、1頭ずつ募集時の写真とともに振り返ってみよう。

 

■ 勝ち上がった馬

アンダープロット

この馬はMUFUだったが出資できて良かった。何故なら命名できたから。そしてtwitterなどを見るに温かい方々とご一緒に出資できたから!

疝痛で最悪のケースも考えられたものの持ち直し、見事新馬勝ちをおさめてくれた。

いざクラシック戦線へ!と共同通信杯の噂もあったものの結局はフリージア賞へ。

力のあるところを見せたが3着まで。

その後不良馬場の中山でヴァイスメテオールの引き立て役となり、必勝を期した前走も3着まで。

完全に歯車が狂っとる・・・。ポレンティア並みに狂っとる・・・。

今週出走予定だが調教はイマイチ。ぐぬぬぬぬ。

 

悲願の牡馬クラシック出走はならなかったが、ここからの飛躍に期待しよう!

そして今思うとMUFUで取れたのすごいな。

 

評価時コメント

5 マチカネタマカズラの18 牡 439kg
・占い 1
最悪
・馬体 4
トモの踏み込みが力強い。良いと思う。馬体のバランス、筋肉の質感も良いと思う。

 

 

 

 

アルジェントステラ

8月に勝つことの喜びを小生に教えてくれた馬!!重馬場のデビュー戦2着から大事に使われ、大事に使われすぎ疑惑も持っていたが、8月のレースで狙いすました!?勝利!!

ちなみにデビュー戦では馬連6万馬券もプレゼントしてくれた。

これからもマイペースに、2勝目を目指して頑張って欲しい!

 

評価時コメント

22 アルギュロスの18 メス 404kg
・占い 4
馬自体の運気は良い。調教師の運気が4歳で下がる。
・馬体 3.5
まだ小柄だが、馬体のバランスは良い。適度な柔らかさも好感。

f:id:remsan:20210909002603p:plain

 

■ 地方続行の馬

セブンシーズ

デビュー戦強い馬の2着でまさか勝ち上がれないとは・・・。過去の出資馬のパロネラと被り、未勝利は人災と思っていた馬なのは以下の記事の通り。地方、長南厩舎まで同じだ。

あらためて考えると止むを得ない面もあったとは思う。8月にあそこまで焦るなら、2〜3月にもう1戦してくれいとはやはり思うが・・・。

ダートで2勝さくっとは難しいと思うが、なんとかまた、芝の上を走っているところを見たい!!頑張れぇぇぇぇぇ!!!!!

 

paddock.hatenablog.com

 

14 ライツェントの18 メス 381kg
・占い 3
馬の運気は最高も調教師が良くない。ちぐはぐな運気。
・馬体 3.5
立ち姿からはひ弱さが目立つ。ただ動画の歩様は全身が連動しており、とても良いと思う。サイズだけ。。。

f:id:remsan:20190727010202j:image

 

 

モーデン

なんか眠れない夜を過ごしていた時に出資!!詳細は以下の記事に。ちなみにこの馬の出資過程で下河辺牧場産のファンになり、2020年産ではトリニティプレイスの20に出資することにもなる。

調教は悪くないのだが、まだ体がしっかりしておらず、また喉は怪しく、距離も持たないため早々に地方へ。

先日地方デビューも2着。ただ強い馬の2着で3着以下を離しているので初勝利はきっと近いはずだ!!

paddock.hatenablog.com

 

■ 勝ち上がれなかった馬

バラキエル

この馬は過去小生の出資馬の中でも最悪クラス。デビュー戦で勝ち上がりをほぼ諦めた馬である。さらに1度も見所のあるレースもなく、競馬場で見ることも出来ず、完全にやっちまった出資。

占いも馬体も高評価だったことが香ばしすぎて恥ずかしい。ロードカナロア産駒を過大評価していた時期でもある。

 

45 スリールドランジュの18 牡 422
・占い 5
馬と調教師の運気がリンク。良い。
・馬体 4
短距離だろうが、良さそう。地面を捉える力強い歩様。静止画以上に動画が良く見えた。

f:id:remsan:20190728003016j:image

 

 

ミスターサファリ

追加募集からいけるところを!ということで悩んで出資。ただこちらも結果は大惨敗。名前も個人的にはぐぬぬ、という印象。ただこの馬への実績積み上げのおかげもあり、実績でシャクンタラーの20への出資も叶った。小生にお布施の意義を教えてくれた馬でもある。

藤岡調教師が最後のレース後に、勝ち上がれると思っていたとおっしゃっていたが、そこは懐疑的に見ている。ほんまかいな。

あらためてレビューを見ると小生的出資基準の3.5も超えておらず。牡馬クラシックをワンチャン目指すがあまり、血統から出資した面もありそうだ。

 

80 サファリミスの18 牡

馬体 3

どことなくハーツクライっぽい???という最初の印象。まだ少し重さも感じるが、筋肉の質感や顔含めて好印象。
ただ脚に目を向けると、曲飛なのが個人的にはマイナス。さらに左前が少しズレているように見えて脚元が不安。どうしても脚元を気にしながらとなると焦れったい展開も予想される。ぱっと見は相当良く見えたのだが、リスク込みだとどうしても3という評価に。

ハーツクライ 母父NotForSale はダンサールなど頭数は少ないものの堅実。
ディープインパクトにすると、サトノフラッグがいる!血統的なポテンシャルはなかなかでは!?

 

 

バラキエルとミスターサファリは厳しい結末になった。

 

 

あらためて見ても、全体的に大変厳しい結果となっている。ただここからセブンシーズとモーデンが戻ってきたら、それはとても嬉しいことだし、全てを忘れて良い世代だったと思うことができる。

 

セブンシーズ、モーデン、待ってるぞぉぉぉぉ!!!!!

【キャロットクラブ 2021年度(2020年産)募集馬】最優先候補はシェルズレイの20、 ロスヴァイセの20、シンハディーパの20、フロアクラフトの20! からの、君に決めた!!!泥酔しながら申し込み!!!

キャロットの最終判断をする夜が来た。
関東牝馬への出資がファーストプライオリティと思ってきたが、果たして思うようにいくだろうか。

午後6時ぴったりに中間発表を確認して、最終検討を始める。
ここから最終的にどれくらい伸びるか、ということをまず考える。

最優先の申込数は5000~6000程度。アクティブ会員50%と予想すると、トータルで16000票程度。
差し引き10000票がこれから動くと思われる。
すなわちおおよそここから3~4倍。

それを加味して最終的な票読みをしつつ、最優先馬をまず決める。
候補の中では意外なことも。


■ 意外だったことトップ3

1)
シェルズレイの20最優先が思ったほど伸びていない!162票ということは最終的に500-600票程度.
バツなし最優先でも40%くらい(適当)で出資できる可能性が出てきた!

 

2)
ロスヴァイセの20が一気に伸びている。ちなみにこの馬は小生の馬体診断では最も良く見えた馬。第1回で名前のあがらなかった影響か、母馬優先内でもTOP10に入る勢い。

3)
改めて動画を見直すと、サンプルエミューズの20がめちゃくちゃ良い。ただ大人気。せっかく良く見えたが、諦める!


■ さぁいよいよ決断の時の前に、絶対に避けたい出資馬ZERO。

現在キャロットで出資しているのはハミングバード、ただ1頭。入会時お布施枠の意味合いが強く、頓挫しまくっていることもあり、なかなか厳しい状況。

つまり、今年出資を逃すと、この馬のみで繋いでいくことになり、
現状だと勝ち上がりも厳しいと見ているので、完全なる空白期間ができてしまう。
出資馬0で会費を払うのは嫌だぁぁぁぁぁ!!!!!

というわけで確実に1頭はモノにしたい。

 

■ 最終候補はこちらだ!

1)24 ロスヴァイセの20
東サラ、シルク、キャロットと見てきた中では最も良い印象。
ちょっと馬体が立派すぎる気もするが、見れば見るほど素晴らしい馬だと思う。
ネガティブな情報が沢山あるにも関わらず、申し込みは爆増中、
抽選は待った無しの状況になりそうだ。

f:id:remsan:20210907095157p:plain



2)25 シンハディーパの20 
馬体、占いの合算で3位!動画ではロスヴァイゼからの本馬、という流れに絶頂を迎える。
同じキタサンブラックなのに、特徴は全然異なる。
小生の印象は非力ながら運動神経の塊に見える。背中の柔らかさと踏み込みの力強さを感じるのだ。
ただ、カタログにもある通り、馬格はめちゃくちゃ不安。もうワンサイズアップしてくれないかと思うが、フレームからは疑問が残る。

 

3)80 シェルズレイの20 
馬体、占いの合算で最高点!第一回中間発表から抽選は間違い無いだろうけど、票数は少し伸び悩み気味。最優先当選率、30%くらいだろうか。甘いかな。
ノーチャンスと思っていた馬が、僅かながら可能性が出てくると、まるで蜘蛛の糸のように出資を手招きされているようにすら感じる。う〜〜ん。。

f:id:remsan:20210907095249p:plain



 

4)46 フロアクラフトの20
こちらは最優先で行けば、取れそうな雰囲気。ちょっと適性を図りかねるのは、どちらかと言えばマイナス。ロードカナロア産駒にしてはスラッとしすぎに見えるのだ。しかしながら確実に1頭は、ということであれば、この馬を選ぶのもアリだと思う。何よりも力強く滑らかな歩様は、とても良いと思う。

f:id:remsan:20210907095221p:plain




■ 最優先馬、最終判断に入る!!!

まず諦めたのが、80 シェルズレイの20 。
中間の発表がらやや勢いが落ちているとは言え、当選する可能性は相当低そうだ。

次に諦めたのは 46 フロアクラフトの20。こちらは何度も何度もシンハディーパの20と見比べて、シンハディーパの20の方に、そこ知れぬポテンシャルを感じたのだ。


■ 残ったこの2頭から・・・!!!

最後の2頭はロスヴァイセの20にシンハディーパの20。どちらも期せずしてキタサンブラック産駒!ただタイプは全く違うように見える。サンブルエミューズの20含めて、キタサンブラック産駒には、小生のタイプの馬が多いようだ。

純粋に最も良いと思ったのは、ロスヴァイセの20。
当初の作戦(関東・牝馬)に合致するのは、シンハディーパの20。

頭が腫れそうなくらい悩んだ結果、今年の最優先はシンハディーパの20に決定。

最終的な決め手は出資のしやすさ。
シンハディーパの20であれば最優先を使えば、恐らく大丈夫だろう。
酔っ払っているとはいえ、勢いでロスヴァイセの20にチャレンジすることはできなかった。

もし、ロスヴァイセの20もいける可能性が高かったら?
牝馬を優先したいと言っていたが、恐らくロスヴァイセの20にしていただろう!


■ シンハディーパの20にディープインパクト産駒の運動神経の良さを見た!!!

さてここからは、シンハディーパの20が素晴らしい馬だという自己暗示をかける時間だ!

シンハディーパの20の全身を使ったバネを感じる歩様は、まるで走るディープインパクト産駒のよう。リズムオブラブを初めて見たときのようだ。
であれば・・・馬格が不足しているのは、何かしら補って余りあるものがあるかもしれない!

シンハディーパの20はディープインパクトの血は一滴も入っていない。
そんなことは分かっている。

でもこの馬で勝負したいのだ!!!

 

■ ロスヴァイセの20は一般で一応申し込み!!!

何があるか分からないので・・・。
その他出資基準を満たした馬を改めて見て、良いと思えば馬かつ、現時点で出資可能性のありそうな馬を9頭選んで申し込み!!!

 

f:id:remsan:20210907095413j:image
ロスヴァイセの20だけは姿勢だしのため一括を選択!!!


申し込んだ9頭の中だと、以下の4頭が当選率20%程度はあるだろうか。

ケイティーズハートの20(弓脚、価格は気になるけど、目を瞑りまくって申し込み)
エンシェントヒルの20(パワフルな歩様をかって申し込み)
アールブリュットの20(品の良い馬体に惚れ込み申し込み)
フロアクラフトの20(最終候補まで残ったので迷わず申し込み)

初めてのキャロット募集。抽選どんなもんかも兼ねて、少し手広く申し込みを行ってみた。

キャロット様!!!よろしくお願いいたします!!!

【キャロットクラブ 2021年度(2020年産)募集馬 まとめ】総合1位はシェルズレイの20!2位はクルミナルの20!3位は2頭!!!なんか取らせてください!キャロット様!!!

キャロットクラブの募集馬を全頭診断。馬体診断で点数の高かった馬のみ、酢豚おじさんの占いを実施。

 

今日はそのまとめをしていきたい。

 

■ 占い上位馬はこちら!!!

今回は少し甘めの評価だったのか、点数高めの馬が多め!

 

    占い
80 シェルズレイの20 5
13 ブリガアルタの20 5
25 シンハディーパの20 5
8 ローガンサファイアの20 5
9 バウンスシャッセの20 5
12 ステファニーズキトゥンの20 5
19 メジロシャレードの20 5
47 ワイの20 5
51 クルミナルの20 4
78 ピンクアリエスの20 4
26 ヒカルアモーレの20 4
65 サンブルエミューズの20 4
63 ライジングクロスの20 4

 

第1回の中間発表から、この中でバツなし最優先で不可能と思われるのは以下の4頭。

シェルズレイの20
メジロシャレードの20
クルミナルの20
サンブルエミューズの20

 

■ 馬体上位馬はこちら!!!

 

    合計
24 ロスヴァイセの20 9.5
51 クルミナルの20 9
80 シェルズレイの20 8.5
44 アヴェンチュラの20 8.5
78 ピンクアリエスの20 8
15 ケイティーズハートの20 8
4 シーザリオの20 8

 

 

第1回の中間発表から、この中でバツなし最優先で不可能と思われるのは以下の3頭。

シェルズレイの20
クルミナルの20

シーザリオの20

 

なんとシェルズレイの20以外、母優先の馬。そしてシェルズレイの20は不可能と思われる馬。なんだこれ・・・。全滅か・・・!?

 

■ 総合点上位はこちら!!

 

    総合点 馬体合計 占い
80 シェルズレイの20 13.5 8.5 5
51 クルミナルの20 13 9 4
13 ブリガアルタの20 12.5 7.5 5
25 シンハディーパの20 12.5 7.5 5
78 ピンクアリエスの20 12 8 4
8 ローガンサファイアの20 12 7 5
9 バウンスシャッセの20 12 7 5
12 ステファニーズキトゥンの20 12 7 5
19 メジロシャレードの20 12 7 5
47 ワイの20 12 7 5
24 ロスヴァイセの20 11.5 9.5 2
44 アヴェンチュラの20 11.5 8.5 3
26 ヒカルアモーレの20 11.5 7.5 4
65 サンブルエミューズの20 11.5 7.5 4

 

 

シェルズレイの20が1位!!何も嬉しくないと思うけど、おめでとうございます!!!

恐らく小生は、バツがあれば、この馬で勝負だった、かも!?牝馬なので末長く楽しめそうなのも最高だろう。

 

2位はクルミナルの20!!全く興味ないと思うけど、おめでとうございます!!!

いやーまだまだ伸び代がありそうなことを含めて、素晴らしい馬だと思うんだよなぁ。。バツ2であればこの馬で勝負だった、かも!?厩舎も良く、牡馬クラシックを狙える逸材なのではなかろうか。

 

3位は2頭!まずはブリガアルタの20!!表彰式にお招きしてもお越しいただけないでしょうが、おめでとうございます!!!

小生はシルクの抽優を外したモルジアナの20をスケールダウンした馬という失礼な評価。ただそれは、シルクの動画のクオリティが高かったからだと思うのですよ。あとは尻のラインと縦長のシルエット。この2点が気になるので画像は3.5評価。一方で動画は迫力と軽さが両立して見え惹き込まれる。さらに左後一白なのもポイント高く、占いも最高点!小生がシルクへの恨みを晴らすならまさにこの馬!!良い舞台でモルジアナの20を倒して欲しい!!

第1回の中間で名前はあがらず、母馬優先もない。これはあるいは!?

 

 

そしてもう一頭の3位はシンハディーパの20。シンハディーバの20と思い続けておりました。大変失礼いたしました。

元々欲しかったのは、関東牝馬。そういう意味ではバッチリ!!全体的にもうワンサイズフレームがあれば、超絶素晴らしかったのでは?と思ってしまう。もちろん現状も素晴らしい。末脚キレる馬になるのでは?と思わせる動画。絶妙に左後一白なのも良い。

蛯名厩舎というのはどうなのだろうか・・・。ご祝儀とも捉えられそうだが、特別な期待をかけられていたら新規開業にはいかないような。。。

いや邪推はやめよう。ポテンシャルは素晴らしいものがあるだろうと思う。

この馬も母馬優先はないが中間で名前が上がっている。そこまで厳しくない、バツ無し最優先での抽選、みたいな感じになるだろうか。とすると小生にもチャンスありか?

 

 

 

■ さぁいよいよまとまらない!!けどまとめなければならない!!!

 

キャロット入会して初の募集。感想は・・・シルクよりも楽しいぞ・・・。

どうなるか分からないが、シルクだと実質200口を新規の方含めて分け合うのに対して、400口or200口を会員内で分け合うという納得感が全然違う!

1頭、ということであれば、キャロットの方が出資しやすいのではなかろうか。

複数取りたければ絨毯爆撃になりそうなのはどうかと思うが、それはやむを得まい。

 

今回のキャロットでは1頭、多くて2頭取れればと思っている。そのため最優先の使い方が重要。

明日の最後の中間発表を待って、申し込む馬を決めていこう!

 

 

 

 

 

【キャロットクラブ(81~88)2021年度(2020年産)募集馬】リリウムの20のように、個性的な馬は活躍すれば人気が出そう!でも・・・!?

キャロットクラブの募集馬を全頭診断。

いつも酢豚おじさんにお願いしている占いは、
全頭だと流石に申し訳ないので、馬体がよく見えた馬のみお願いした。


昨年ハミングバードで入会したキャロットクラブ。いや入会させていただいたキャロットクラブ様。
とりあえず未来のために牝馬を1頭確保できればと思っている出資馬探しの第9弾。最終回!
地方馬は出資する気がないので割愛!


81 シャンドランジュの20 牡 485kg 
・占い -  
・画像 2 
肩から首の角度が良くないと思う。 
・動画 2 
雰囲気はあるけど肢勢も微妙で難しいとみる。

 

82 ホワイトミーティアの20 牝 462kg 
・占い -  
・画像 3 
芦毛はわかりづらいな。 
・動画 2 
全身の連動性に欠けると思う。


83 リリウムの20 牡 586kg 
・占い -  
・画像 2 
力は凄そうだけど、バランスは大きくかけていると思うが。。
・動画 2 
馬体重の通り、見ているこちらがしんどくなるような重さを感じる歩様。厳しいと思うがどうか。活躍したら人気が出そうだな〜。そこは魅力!

f:id:remsan:20210905010518p:plain




84 グリューヴァインの20 牝 370kg 
・占い -  
・画像 2 
非力さが目立つかな。 
・動画 1 
これは厳しいと思う。小柄にも関わらず、軽さも感じず、筋肉の質も微妙に見える。


85 カニョットの20 牝 451kg 
・占い -  
・画像 3.5 スクリーンヒーロー産駒の牝馬は対象外。それでクールキャットを逃したわけだが。。。この馬もなかなか良く見える。 
・動画 2 
雰囲気は持っているが、後肢の運びがぎこちなく、緩さも感じる。ナシかな。


86 シンハリーズの20 牝 437kg 
・占い -  
・画像 3 
トモ周りなど悪くはないと思う。前後のバランスと足元が不安ではある。血統馬にめちゃくちゃ失礼かもだけど少し低めの評価。母馬優先含めてなら良いかも? 
・動画 2 
非力さを感じた。血統馬だけどちょっとどうかなぁ。


87 グローバルビューティの20 牝 401kg 
・占い -  
・画像 2 
どうかなぁ。。。
・動画 3
馬体重なりの軽さは感じた。筋肉はそこまでよく見えないが、成長に期待。


88 キャヴァルドレの20 牡 470kg 
・占い -  
・画像 2 
どうかなぁ。。。 
・動画 3.5 
皮膚感は良く、筋肉の質も悪くないように思う。少し甘めに3.5。

 

ようやく中央所属は全頭終わった!!!明日明後日でどの馬に出資をするか、まとめていきたい。