清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

フェアリーステークス ポレンティア3着!!バーピージャンプで鍛えた小生、謎な叫び声を中山競馬場に響かせる!

フェアリーステークスにポレンティアが出走。過去プリモシーンがこのレースで、出資馬初重賞勝利をプレゼントしてくれた。

 

プリモシーン フェアリーステークス制覇!!初重賞勝利!!もう最高!!! - 清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

 

あれから、2年か。。早い。。

 

パドックから

 

パドックでは1番人気のアヌラーダプラが良く見える。この時期の良い、とは即ち完成度の高さも混み。小生は筋肉の引き締まり方で見分けている。

そうするとこの馬が最も良く見えたのだ。

ちなみにポレンティア新馬戦ではアスティパレアの完成度が高く見えた。

いずれも1番人気。よく見えますよね???

 

ただ1個気にしているのは筋肉が硬すぎないか?この時期は関係ないことも多いが、アスティパレア は硬く見え、アヌラーダプラ は硬いと言われれば硬くも見える。つまり、アヌダーラプラは臨戦過程含めてこのレースでは大変良く見えたのだ!調べるとキャロットでもバツなして買えた可能性のある馬とのこと。ステキ!!

 

一方でポレンティア。筋肉はまだまだ締まっているとは言えず、馬体重の割に迫力はない。

ただ歩様はスムーズで、滑らかな印象。確かに先々は、、と言われるのも頷ける。筋肉がパンとしてきたらさらに見栄えが良くなりそうだ。

 

プリモシーンはこの時期でも完成度はそこそこ高く、この後ドンドン引き締まっていったが、リアオリヴィアはダメだったように感じる。モーソンピークもなんかまだな印象なんだよなぁ。。。。

 

その他にも良く見える馬も多かったが、ポレンティア、勝負になる!と感じた。

 

f:id:remsan:20200115214347j:image
f:id:remsan:20200115214400j:image
f:id:remsan:20200115214357j:image
f:id:remsan:20200115214331j:image
f:id:remsan:20200115214337j:image
f:id:remsan:20200115214334j:image
f:id:remsan:20200115214353j:image
f:id:remsan:20200115214344j:image
f:id:remsan:20200115214324j:image
f:id:remsan:20200115214328j:image
f:id:remsan:20200115214341j:image
f:id:remsan:20200115214350j:image

 

 

◆ 池添ジョッキーが、ゆっくりと馬場におろす

 

パドックの後は本馬場入場を見るためにダッシュ!!小生、今年からバーピージャンプを始めたため、カラダが軽い!!ポレンティアやモーソンピークもやったらいいんじゃないかな??

 

カラダの軽さにハニカミながら、ポレンティアちゃん待っててね!!の気持ちで中山競馬場を駆け抜ける!!

 

f:id:remsan:20200115095144j:image
f:id:remsan:20200115095147j:image
f:id:remsan:20200115095218j:image
f:id:remsan:20200115095211j:image
f:id:remsan:20200115095215j:image
f:id:remsan:20200115095152j:image
f:id:remsan:20200115095159j:image
f:id:remsan:20200115095222j:image

 

 

◆ レースは3着!スマイルカナの影は踏めず!

 

新馬戦からスタートは大丈夫と言われていたこともあり、出遅れは予想外だった。

が、直線で中団のままかと思いきや、坂を登ってから、また伸びてくれての3着。

 

小生の叫び声も、「ダメかーー!?ダメかーーーーー!?キタキタ!!イケゾエッ!!!!イケゾエッーーー!!!」からの最後は「3着だと全然違う!!!!!3着だと全然違うッ!!!!」と謎な叫び声をあげていた。

 

ワイド馬券を少々買っていたのだ。トリガミだけどな!!!!

 

勝ちを期待できるような、血潮が沸騰するような感覚には至らなかったが、健闘してくれたポレンティアにジワジワ痺れてきた。

 

重賞3着という結果は素晴らしいものだし、アヌダーラプラやシャインガーネットといった人気馬に先着できたことは自信に思っていいだろう!パドックからは伸び代も感じたし、きっと未来は明るい!!!!!

 

田中調教師をはじめ、関係者の皆様ありがとうございました。

 

クラシックに直結せず、なかなか活躍馬が出ないとも言われるフェアリーステークス。次回、過去の3着馬のその後を追って、未来の明るさを占ってみたい。