清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

プリモシーン、無念。。ターコイズステークス8着

プリモシーンの応援に中山競馬場へ。

 

出資馬はこの秋、キューグレーダーは怪我で出られず、キングスヴァリューも惨敗。ソルパシオンもイマイチと、どうも流れが悪く、ダイアトニックの2着が最高。

プリモシーン関屋記念以来の久々の勝利を目指す。

 

斤量はやや背負わされ、メンバーも粒ぞろいだが、そこは我らがプリモシーン様。スタートさえ決まればアッサリも!?という邪な気持ちも芽生えてしまう。

 

指定席は買えず、口取りもハズれ、昼過ぎにマッタリと到着。しかしあまりの寒さにパドックを見る気になれず、プリモシーンの登場まだ馬券は買わず。お金と体力を温存し、プリモシーンの登場をパドックで迎える。

 

f:id:remsan:20181216023105j:image

 

木村調教師自ら、引き手となり数周周回。

パドックでは相変わらずのチャカつき具合。落ち着いてくれい!という願いは叶わず心配が募る。

そして馬体重。過去最高の500キロ。

パドックの記事でも書いたが、どうも余裕があるように見え、益々心配が募る。

逆光もあり写真が上手く撮れず、どうも流れの悪さを感じてしまう。

 

f:id:remsan:20181216023259j:image

f:id:remsan:20181216023105j:image
f:id:remsan:20181216023408j:image
f:id:remsan:20181216023432j:image
f:id:remsan:20181216023412j:image
f:id:remsan:20181216023428j:image
f:id:remsan:20181216023436j:image
f:id:remsan:20181216023424j:image
f:id:remsan:20181216023417j:image
f:id:remsan:20181216023421j:image

 

パドック後はダッシュ本馬場入場へ。

もはやアイドルの追っかけ。

 

本馬場入場後も、なだめようとしているのか、お2人の引き手の方がゴール板過ぎまでその手を離さず同伴。

なんとか最善を尽くそうとしていただけているように感じた。

 


f:id:remsan:20181216024019j:image

 

最も心配したスタートは上手くいき、これはいける!!と思ったが、3コーナー付近で手応えの怪しさを感じる。

な、何かがおかしい。。

残り600を切ってジョッキーの手は動くも、、反応は鈍い。

な、何かがおかしい。。

 

直線は狭いところでもまれ、最後やや伸びるも結果は8着。

 

仕方ない仕方ない仕方ない仕方ないっ!!!!

 

しかしまさかここまで負けるとは。。

負けると色々と敗因を探してしまうが、あらためてレース動画を見るとミスパンテールには4角と手応えで圧倒的に劣り、事前の期待値を考えると惨敗といっていいだろう。

 

やはり競馬は甘くない。

 

しかし木村調教師をはじめ、プリモシーンに関わる皆様の姿を見ると感謝してもしきれない。

パドックから本馬場入場まで、節々に丁寧に見ていただけている印象を持った。

普段もきっと大切にされているのだろう。いつもありがとうございます。

 

実は怪我で伸びませんでした、ということがないことだけを祈って、ポケモンでもやろうと思う。

 

f:id:remsan:20181216024014j:image

 

プリモシーン様、来年も何卒よろしくお願いいたします。