清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

キングスヴァリュー6着 船橋ビジホで失意の夜に ファシネイトの16に申し込んでいたでござるの巻

キングスヴァリューが期待のダートで6着と敗れ失意の夜。明けて翌日プリモシーンが最高の喜びをくれるとはまだ知るよしもない頃、船橋のビジネスホテルで酔った勢いもあり、ファシネイトの16に申し込みを行なった。

キリーンガールの16と悩みに悩んだが、酔った勢いでいくなら、やはり牡馬より牝馬...

 

というわけではなく、やはり動画と画像のバランスが良く見え、そしてキングスヴァリューから感じた後述の印象から、ファシネイトの16を優先することにした。

 

私の勝手分析によると、キングスヴァリューは、足元と血統からダートでこそ!と思ってはいたのだが、馬体は芝(特に腰回り)が向いていそうにも見え、悪く言えばどっちつかずの部分が、現時点では裏目に出てしまったような気がする。ダートでも現時点で1勝はできていたと思うが。

 

キリーンガールの16もどちらで走っても不思議ではないが、どちらつかず、とも言えるような気がした。

 

その点、ファシネイトの16は芝でこそと言える(ような気がする)。少なくとも芝で、バネに期待を持って出資したと明確に言える。

 

キリーンガールの16は個人的にロマン度はより高く、欲している牡馬であるが、1頭、となるとより良いと思えたファシネイトの16に軍配が上がった次第である。

 

f:id:remsan:20180109232607j:image

f:id:remsan:20180109232755j:image

 

寝繋ぎで腕が立っている点とトモ高過ぎる点は気になるが、見所も多いんじゃないだろうか!

 

抽選になるかもしれないが通りますように。。

 

ハウキュート、パリージョの16に続き、ノルマンディーオーナーズクラブ、3頭目の出資馬となりますように。。