清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

新緑賞 パラダイスリーフ 優勝!!!エデリーに好タイムで勝った!!!

新緑賞 パラダイスリーフ 優勝!!!エデリーに好タイムで勝った!!!

 

パラダイスリーフが新緑賞に出走。

口取りも当たっていたが、お気に入りのスーツを飲み会で汚してしまったためセカンドチョイスのものでめかしこみ、東京競馬場へ。

 

新緑の爽やかな春の日差しを受けて、新緑賞に出走。なんとも清々しい気分である。

 

食事制限のため、マグロのぶつ切りだけを食しパドックまでの時間を潰す。

 

パドック パラダイスリーフはいいけど、エデリーもヤバい!

 

調教過程からは、まだまだ本気で走っていない、ようなコメントが並ぶが、デビュー戦同様、パドックでの歩様は良い。落ち着きがあり、滑らかで、前向きさもある歩様。

毛艶が良くなった上に、腹回りも幾分スッキリとし、デビュー戦以上の好気配。

筋肉も弾力感とまでは言わないが、柔軟性を感じる。

 

しかし、後ろのエデリーを見た瞬間に不安に襲われる。

パラダイスリーフを一回り大きくして、トモに厚みをもたせ、かつ、筋肉の緩さも感じ伸び代が大きそうな、、ゆりかもめ賞でブラストワンピースを見たときに近い衝撃を受けた。

 

これは強敵だ。。不安から目を背けるが如く、エデリーの写真は撮らなかった。

 

ただ、キングスヴァリューとブラストワンピースに感じた絶望感に比べるとまだ全然マシ。

しかもエデリーはテンションが高い。ずーーっと尻っ跳ねをしている。

 

不安も大きいが、パラダイスリーフならイケる!!と踏んで、パラダイスリーフ本命、エデリーを対抗として、ほぼ一点で馬連、そして馬単を購入。

 

f:id:remsan:20190422092545j:image
f:id:remsan:20190422092606j:image
f:id:remsan:20190422092624j:image
f:id:remsan:20190422092424j:image
f:id:remsan:20190422092438j:image
f:id:remsan:20190422092429j:image
f:id:remsan:20190422092619j:image
f:id:remsan:20190422092615j:image
f:id:remsan:20190422092634j:image
f:id:remsan:20190422092637j:image
f:id:remsan:20190422092446j:image
f:id:remsan:20190422092640j:image
f:id:remsan:20190422092559j:image
f:id:remsan:20190422092627j:image
f:id:remsan:20190422092419j:image

 

本馬場入場 川田騎手がじっくりと降ろす

 

f:id:remsan:20190422093613j:image

f:id:remsan:20190422093613j:image
f:id:remsan:20190422093642j:image
f:id:remsan:20190422093633j:image
f:id:remsan:20190422093654j:image
f:id:remsan:20190422093637j:image
f:id:remsan:20190422093646j:image
f:id:remsan:20190422093650j:image

 

◆ レース!!エデリーとの死闘(マッチレース)を制す!!

 

f:id:remsan:20190422095651j:image

 

 

スタートで躓き、エデリーとともに出遅れ後方から。

道中は最後方から。楽に追走というよりも、なんとか促しての追走に見える。

開幕週ということもあり、なんとか前に行ってくれーーという願いは届かず。

3コーナー過ぎからアクションが大きくなるも、最後方で直線を迎える。

 

諦めの早い小生、ダメかーと惨敗を覚悟した瞬間、一緒に観戦してくれた占いが趣味の酢豚オジサンが、「いや、来ているッ!」とひとこと。

 

よく見るとエデリーに連れられらように上がって来ているではないか!!!

 

ここで酢豚オジサン「ルメールの馬のが良いけど」と、とどめのひとこと。

おっしゃる通りでございます。ここで2着なら先々も、、、

なんて思っていたら100を切って一完歩ごと、差をエデリーとの差を詰めていく!!

 

川田ッ!!!川田ッッッ!!!!川田ッ!!!川田ッッッ!!!!

 

場内から巻き起こる川田コール!!!小生だけでなく、近くの方も川田と叫んでいらした。

まるで往年の全日本プロレス!!!!

 

この声援に応えるかのようにクビ差交わして1着入線!!!!

 

これはプリモシーン対テトラドラクマに匹敵するレースでもあり、ダイアトニックの祇園特別に匹敵する逆転劇でもあり、小生一口史に残る好レースであった。

 

口取りでは木村哲也調教師を拝見出来なかったのが残念ではあるが、出資者の皆様も晴れやかな表情。

 

川田騎手始め、関係者の皆様ありがとうございました。

 

地下馬道で同席くださった吉田氏も、これはまだ良くなると仰ってくださったし、タイムを見ても過去の新緑賞よりも圧倒的に速い!!

いやーー今後さらに期待してしまう。。

 

次はどこかなーー?