清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

2018年産 出資馬の結果と大反省会 〜今のところひどい結果DAぜ!!!〜

2018年産、現3歳世代の現時点での結果をまとめておこう!

 

一言で表すなら「惨敗」一字で表すなら「負」である。

 

6頭出資の2頭勝ち上がり、2頭地方継続、2頭未勝利引退とあいなった。

それはまぁ良い。良くないけど良い。それよりも以下が気になる・・・。

 

重視している重賞出走率はなんとゼロ!!!ZEROZEROZERO!!!

当然目標としているクラシック出走もゼロ!!!ZEROZEROZERO!!!

2勝馬もゼロ!!!ZEROZEROZERO!!!

 

ちなみにこの年の抽優馬はリバースレー!小生がモシーンホースクラブ偏愛者だった頃である。結果リバースレーも勝ち上がることが出来ず・・・。マジか〜〜〜!

 

そういう意味でも完敗の世代である。

さてと、1頭ずつ募集時の写真とともに振り返ってみよう。

 

■ 勝ち上がった馬

アンダープロット

この馬はMUFUだったが出資できて良かった。何故なら命名できたから。そしてtwitterなどを見るに温かい方々とご一緒に出資できたから!

疝痛で最悪のケースも考えられたものの持ち直し、見事新馬勝ちをおさめてくれた。

いざクラシック戦線へ!と共同通信杯の噂もあったものの結局はフリージア賞へ。

力のあるところを見せたが3着まで。

その後不良馬場の中山でヴァイスメテオールの引き立て役となり、必勝を期した前走も3着まで。

完全に歯車が狂っとる・・・。ポレンティア並みに狂っとる・・・。

今週出走予定だが調教はイマイチ。ぐぬぬぬぬ。

 

悲願の牡馬クラシック出走はならなかったが、ここからの飛躍に期待しよう!

そして今思うとMUFUで取れたのすごいな。

 

評価時コメント

5 マチカネタマカズラの18 牡 439kg
・占い 1
最悪
・馬体 4
トモの踏み込みが力強い。良いと思う。馬体のバランス、筋肉の質感も良いと思う。

 

 

 

 

アルジェントステラ

8月に勝つことの喜びを小生に教えてくれた馬!!重馬場のデビュー戦2着から大事に使われ、大事に使われすぎ疑惑も持っていたが、8月のレースで狙いすました!?勝利!!

ちなみにデビュー戦では馬連6万馬券もプレゼントしてくれた。

これからもマイペースに、2勝目を目指して頑張って欲しい!

 

評価時コメント

22 アルギュロスの18 メス 404kg
・占い 4
馬自体の運気は良い。調教師の運気が4歳で下がる。
・馬体 3.5
まだ小柄だが、馬体のバランスは良い。適度な柔らかさも好感。

f:id:remsan:20210909002603p:plain

 

■ 地方続行の馬

セブンシーズ

デビュー戦強い馬の2着でまさか勝ち上がれないとは・・・。過去の出資馬のパロネラと被り、未勝利は人災と思っていた馬なのは以下の記事の通り。地方、長南厩舎まで同じだ。

あらためて考えると止むを得ない面もあったとは思う。8月にあそこまで焦るなら、2〜3月にもう1戦してくれいとはやはり思うが・・・。

ダートで2勝さくっとは難しいと思うが、なんとかまた、芝の上を走っているところを見たい!!頑張れぇぇぇぇぇ!!!!!

 

paddock.hatenablog.com

 

14 ライツェントの18 メス 381kg
・占い 3
馬の運気は最高も調教師が良くない。ちぐはぐな運気。
・馬体 3.5
立ち姿からはひ弱さが目立つ。ただ動画の歩様は全身が連動しており、とても良いと思う。サイズだけ。。。

f:id:remsan:20190727010202j:image

 

 

モーデン

なんか眠れない夜を過ごしていた時に出資!!詳細は以下の記事に。ちなみにこの馬の出資過程で下河辺牧場産のファンになり、2020年産ではトリニティプレイスの20に出資することにもなる。

調教は悪くないのだが、まだ体がしっかりしておらず、また喉は怪しく、距離も持たないため早々に地方へ。

先日地方デビューも2着。ただ強い馬の2着で3着以下を離しているので初勝利はきっと近いはずだ!!

paddock.hatenablog.com

 

■ 勝ち上がれなかった馬

バラキエル

この馬は過去小生の出資馬の中でも最悪クラス。デビュー戦で勝ち上がりをほぼ諦めた馬である。さらに1度も見所のあるレースもなく、競馬場で見ることも出来ず、完全にやっちまった出資。

占いも馬体も高評価だったことが香ばしすぎて恥ずかしい。ロードカナロア産駒を過大評価していた時期でもある。

 

45 スリールドランジュの18 牡 422
・占い 5
馬と調教師の運気がリンク。良い。
・馬体 4
短距離だろうが、良さそう。地面を捉える力強い歩様。静止画以上に動画が良く見えた。

f:id:remsan:20190728003016j:image

 

 

ミスターサファリ

追加募集からいけるところを!ということで悩んで出資。ただこちらも結果は大惨敗。名前も個人的にはぐぬぬ、という印象。ただこの馬への実績積み上げのおかげもあり、実績でシャクンタラーの20への出資も叶った。小生にお布施の意義を教えてくれた馬でもある。

藤岡調教師が最後のレース後に、勝ち上がれると思っていたとおっしゃっていたが、そこは懐疑的に見ている。ほんまかいな。

あらためてレビューを見ると小生的出資基準の3.5も超えておらず。牡馬クラシックをワンチャン目指すがあまり、血統から出資した面もありそうだ。

 

80 サファリミスの18 牡

馬体 3

どことなくハーツクライっぽい???という最初の印象。まだ少し重さも感じるが、筋肉の質感や顔含めて好印象。
ただ脚に目を向けると、曲飛なのが個人的にはマイナス。さらに左前が少しズレているように見えて脚元が不安。どうしても脚元を気にしながらとなると焦れったい展開も予想される。ぱっと見は相当良く見えたのだが、リスク込みだとどうしても3という評価に。

ハーツクライ 母父NotForSale はダンサールなど頭数は少ないものの堅実。
ディープインパクトにすると、サトノフラッグがいる!血統的なポテンシャルはなかなかでは!?

 

 

バラキエルとミスターサファリは厳しい結末になった。

 

 

あらためて見ても、全体的に大変厳しい結果となっている。ただここからセブンシーズとモーデンが戻ってきたら、それはとても嬉しいことだし、全てを忘れて良い世代だったと思うことができる。

 

セブンシーズ、モーデン、待ってるぞぉぉぉぉ!!!!!