清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

キャロット1次出資申込を終えて・・・牝馬手広く流し作戦中の11頭、申込理由まとめ その1!

キャロットの募集が終わった・・・疲れた・・・本当に疲れた・・・

 

最優先は 37 ジンジャーパンチの21 に使うことにした。

悩んだ挙句、「むこう5年はバツなし最優先で取れる牝馬」という不文律を、実質2回目の募集で破った小生。

 

牝馬バツなし最優先で出資の叶いそうな馬達が決め手にかけたこと、シルクでインへリッドデールを外し、ミュージカルウェイを外し、牡馬への出資が(ほぼ)叶わなかった影響も大きい。

ジンジャーパンチの21は、60%くらいのバツなし抽選と予想しているけれど、キャロットはバツ精度があるのでチャレンジしやすくもあった。

 

ただですよ。

問題は今年出資ゼロ頭だと、キャロットの出資馬はディバイングレース一頭のみになるということ。

ディバイングレースは相当能力があると思って出資したのだけれど、今のところ、3ヶ月に1回程度のテンプレート的な褒めコメントにて、大器の片鱗を感じられるのみ。
不安だ・・・。

 

ということで出資馬の仔馬で、夢を見たいと願う小生にとっては、
毎年キャロットで牝馬に1頭は出資したいし、何よりも出資馬がいない状況で会費だけを払うのは、抵抗しかない。
さらに去年は一般申込5頭は、あえなく全落ち。

 

そんなこんなで今年は評価高めの牝馬を中心に、手広くトライしてみることにした。
今後のために一頭ずつログを残しておきたい。

 

今回は特に高評価編。

 

4 グリューネワルトの21    小生評価 7.5/10
そもそも最優先での申し込みを悩んだ馬。
伸びやかな歩様に加えて、トモのボリューム感にも惚れて出資。
シルクでも毎年よく見せる馬を産んでいる印象もプラス。
堅実な活躍を期待できるのではないだろうか。

 

一般当選率予想 約15%

 

 


12 フロアクラフトの21    小生評価 7.5/10
毎年なかなか好みの馬を産んでいるイメージ。ただ結果には繋がらない面もあるようだ。
動画からは、体の使い方は柔らかく上手に見えて、良い脚を持っていると期待している。
サンデーの3×3、気性面など不安はあり、ファーストチョイスにはならない。でも好みなのものは好みなのだ。


一般当選率予想 約15%

 

 

 

17 ピュアブリーゼの21 小生評価 7.5/10
牝馬とは思えない迫力を持っており、背中のライン、バランスとも好み。
動画は緩さというか、体を持て余し気味にも感じたけれど、ツアー動画で払拭。
脚元はめちゃくちゃ不安だけれど、この値段なら、賭けてみようではないか!

 

一般当選率予想 約15%

 


22 アンジュシャルマンの21 小生評価 8/10
動画を見た時に、まず惹きこまれたのがこの馬。
成長力には疑問も、皮膚感がよく、適度な硬さと柔らかさもあって相当よく見えたのだ。
種牡馬というのも、またいとをかし。
最優先バツなしで確実にいける牝馬ということで、最優先すら考えたけれど・・・
ツアー動画があまり良く見えず、さらに成長力にも疑問がある現状、ややトーンダウン。
ただ最初の衝動を抑えきれず、出資申し込み!!!

一般当選率予想 約10%ちょい

 

53 バウンスシャッセの21     小生評価 8/10
トモのボリュームはもう一歩とは思った。でもそれくらい。
気品のある馬体で、胴伸びがよく、ポテンシャルの高そうな馬という印象を持った。
母のバウンスシャッセも好きだった馬。
さらにツアー動画もなかなか良いときたもんだ。
中間で出ていないとなると、応募しない手はないと申し込み。
こういう馬は最後ドドンと伸びそうだけれど、可能性があるならいくしかない!!

一般当選率予想 約15%未満


70 マルティンスタークの21 小生評価 7.5/10

募集画像は、もうこれだと思うくらい好み。バネがありそうな馬体で好きなのだ。
最初はこの馬に最優先を使う気でマンマンだった。
ただ募集動画→ツアー動画と見るうちにトーンダウン。
馬体の小ささ、そして成長力に限りがありそうな点がどうしても不安だったのだ。
最終的に、最優先では・・・とはなったけれど、画像がタイプすぎるのだからいこうではないか!

一般当選率予想 約15%未満

 

次回に続く。