清純派 一口馬主ライフとパドック予想師!誠意の競馬日記と反省

一口馬主雑感とパドック推奨馬をお届けする競馬ブログ。シルクホースクラブとノルマンディー(休会)に入会し、さらに東サラとキャロットにも入会。一口馬主中心の競馬生活を過ごしています https://twitter.com/paddock_keiba

東サラ、出資馬決定に向けての最終判断!最終審査に残った8頭はコチラ!!!点数トップはボインビューティー!

東サラの全頭評価が完了!さてここから出資馬を決めていかねばならない。

今年の東サラは、予算は10万、頭数は1頭と考えている。

 

走る馬に巡り会えますように!

 

■ 全体的な感想

 

今年は全体的な水準は普通、に感じた。

ただ、めちゃくちゃレベルが高く見えた、一昨年の募集馬。その字面も相まって、クラシック何頭出るんだろう??と思っていたけれど、実際はルージュエヴァイユのみ。

募集時はそこまで人気はなかったと記憶しているし、小生の馬体評価も非常に低かった。。。

 

小生の出資馬レッドベルアームは、無事なら最低でもダービー出走の夢を叶えてくれるだろうと思っていたけれど、残念ながら1勝クラスで足踏み中。

 

話を戻すと、ソコソコのラインナップに見え、絶対に出資したい、と思うほどの馬は見つからずではある。ただ意外とそんな時こそ、凄い馬も紛れているかもしれないとも思うのだ。

 

■ 高評価8頭はこちら!

 

3.5点以上が出資基準のため、静止画、動画合算して7点以上の馬のみピックアップ!

 

      合計 静止画 動画
51 ボインビューティー21 メス 8.5 4.5 4
27 レッドオルガ21 8 4 4
2 ラストグルーヴ21 7.5 4 3.5
3 リュズキナ21 メス 7.5 3.5 4
5 レインボーダリア21 7.5 4 3.5
52 ダンシングラグズ21 メス 7.5 3.5 4
21 デビルズコーナー21 メス 7 3.5 3.5
48 プレステッツァ21 メス 7 4 3

 

 

最高評価はボインビューティーの21!素晴らしいトモをもち、歩様もなかなか!血統も良く、母馬としても期待できそうだ。ただ、12.5万円。予算をちょっとover。

 

牡馬のトップ評価はレッドオルガの21!非力さも感じるけれど、運動神経の良さを感じ、成長してくればとても楽しみな馬だと思う。厩舎も文句なし!ただ価格は19万円!!たけぇっす!!

 

ラストグルーヴの21は改めて見ると、良いけれどそこまでか!?とも思い直す。18.5万、たけぇっす!!!

 

リュズキナの21。残り少ないハーツクライ産駒というだけで魅力的なことに加えて、トモもボリュームもとても良い。歩様も前進気勢が目立ち、購入意欲はますます増す。ただ1点。背中が少し長く見えて、あまり、背中を使えていないようにも見える。人気もあるし、勝負にいくにはそこだけが・・・。

 

レインボーダリアの21。まず初見で良く見えたのはこの馬。小生的に美しい馬とはこういう馬。動画もなかなか良く見える。残り少ないドゥラメンテ産駒というのも購入意欲が増す。ただ脚元。弓っぽく見えてなんとも・・・。これは悩む。。。

 

ダンシングラグズの21は何よりも厩舎が魅力。画像よりも動かして良く見える点も、出資意欲がますポイント。ただ繋ぎはやや寝ている点は気になる。そして12.5万円。予算をちょっとover。

 

デビルズコーナーの21。サトノアラジン産駒ってどうなのよ、母の仔全然走っていないけどどうなのよ、といくつかクエッションマークがつくも、どれも馬自体とは関係のない所。ちょっと硬く見えるけれども、トモの容量、繋ぎ、肩の傾斜角度など馬はとても良く見える。しかも4.5万円。トモにもう少し丸みがあるとさらにいいのかな?ノーザンファームで東サラに回ってきたということが解せない。これも馬自体とは関係のない懸念点だな。

 

プレステッツァの21。ストロングリターン産駒のオープン馬はプリンスリターンのみ。ただ静止画は、なかなかバランスが良く見える。動画は運動神経ばちょっとどうかな?という印象も、悪くはない。フレームが良い点も魅力的だ。さらに、4.5万円。ただどうしても3と評価して通り、動画は気になる。

 

 

■ 1000口を超えた2頭の評価は!?

 

ティズウィンディの21は6.5点と出資基準に一歩足らず。改めて見ても悔いはなし。動画から推進力は感じるものの、可動域は狭く見える点と、どうも馬体の形がタイプではない。

 

ディヴァインハイツの21は4点と酷い評価。不安になってきた。。。これは・・・走りそうだ・・・。ただ寝繋ぎで、緩さも感じるし、評価は変わらない。走っても悔いなし!!

 

■ さぁ・・・どうしよう・・・・

 

上位評価8頭から決めることになるのは間違いないけれど、改めて見ると、価格からは、レッドオルガの21、ラストグルーヴの21が消え、動画の評価がやや低めのプレステッツァの21も最優先とまでは、いかなそう。

外国産馬だと、ダンシングラグズの21よりもボインビューティーの21と思うので、ダンシングラグズの21も出資には至らないと思う。

 

次回残った4頭から最終判断をしたいと思う。