清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

パドック推奨馬をお届け。2014年6桁配当3回、推奨馬は6-7割くらいは好走します。春のG1では安田記念グランプリボス、宝塚記念カレンミロティックを推奨して高配をGETしています。twitterで更新情報お送ります。といいつつシルクホースクラブとノルマンディーに入会しました https://twitter.com/paddock_keiba

香港カップ パドック直前予想

3 ポエッツワード

 

9 タイムワープ

 

の2頭が良く見えた。ろくに見えていないが。。

 

軸は ポエッツワード にする!

阪神競馬11R パドック直前予想 ◎11 ラッキーライラック

阪神競馬11R パドック直前予想 ◎11 ラッキーライラック

 

11 ラッキーライラック
やや繋に硬さも感じるのがどうかだが厚みのある馬体に好感。
トモの踏み込みよく、良い仕上がりでは。

 

7 リリーノーブル
雰囲気がある、というか走りそうな馬体に見えた。とても抽象的だが。。

 

人気薄では
16 モルトアレグロ
3 グリエルマ
あたりがよく見えた。

 

プリモシーンを新馬で破った
8 トーセンブレス にも期待したい。

 

18 ロックディスタウン はそこそこに感じたが。。ルメールだしな。。

中山競馬11R カペラステークス ◎12 キクノストーム

パドック良く見せがちだが、12 キクノストームが良く見えた。

 

斤量も56キロ。期待したい。

 

やや手広く。

 

 

ウルトラブレンドの16 と シルクホースクラブ第1回追加募集 占い&馬体診断

去る11月15日、タイのフィーバー旅行からの帰路、羽田に着くと飛行中に溜まっていたメールが届く。その中に、更新されるはずのない、ウルトラブレンドの16の近況メールはあった。

 

疲れた体ながら、イレギュラーなメール、、、良い話ではないことは容易に想像はつく。

せめて怪我で・・・という願いも虚しく、咽頭虚脱による予後不良とのことであった。

 

この記事を読むに、発見は容易ではなく、競走馬としては致命的であるということは理解できた。

http://jra.jp/training/pdf/research_intoukyodatsu.pdf

 

ウルトラブレンドの16 は期待も大きかったため、残念でならない。

しばらくの間、ふと油断すると虚無感を感じずにはいられなかった。

 

無念さとともに、正直、現2歳世代よりも手薄なラインナップとなってしまったことに対する、焦りのようなものを感じていたことは否めない。

 

そんな自分に幾ばくかの嫌悪感も感じつつ、はじめたばかりとはいえ、常に右肩上がりではいかないという当たり前のことを少し理解できた気がする。

 

が、が、が、購入した馬がデビューできないというのは本当に寂しいことなのだなぁ、と痛切に感じた。

 

そんな中シルクは追加募集とのこと。

酢豚おじさんの占いとともに検討してみた。

 

66.ショウナンハトバの16

占い 4 馬体 3

 

・占い
シルキーラグーンの16と馬自体の運気は同じで良い。ただ調教師が、なんつうか狂気を含んでいる運気で、良い方に転べば最高なんだけど、活かせていない気がする。
うまくいってオープンクラスではないか。

・馬体
好馬体で成長もしそう。ただちょっと特徴がないというか。是が非でも出資したいという程では・・・。

 

67.コールドフロントの16

占い 3 馬体 3

 

・占い
1歳で病気や怪我が心配。2歳になれば良い。運気も晩成型なんで、2歳で勝てれば長く楽しめそう。3歳はイマイチ。

・馬体
トモの容量も大きく、わかりやすいガッチリとした好馬体。前脚の出は気になるがトモの踏み込みは非常に良い。体高がもう少しあればとも思う。陰と陽が同居している感じ。
狙いもダート短距離と明確で、応援に行きやすい関東馬。おもしろくはあり悩むが・・・。

 

68.ロイヤルクリッパーの16
69.ユメノハコブネの16
70.メジロフォーナの16
71.オピュレンスの16

これらは、占いでは全然ダメらしい。
馬体的には71. オピュレンスの16 が気になるものの前述の2頭ほどではないかなぁ。

 

さて、出資申込するか?であるが、ウルトラブレンドの16のお金が浮いたし、、とも思ったが、
ウルトラブレンドの16ほど出資したいとは思えなかった。

 

ウルトラブレンドの16に代わりはいない。

 

本当にいきたいと思えた馬に出資したいと思う。

 

というわけで見送ることになりそうだ。


明日思わずコールドフロントの16にいってしまいそうでもあるが。。

 

なやんでなやんで見送ったヴィグラスファイアの時に似ているなぁ。

 

ノルマンディーの2次募集で良い馬との出会いがありますように。

 

 

 

 

 

キングスヴァリュー 葉牡丹賞

キングスヴァリュー 葉牡丹賞4着!

 

ここを勝てればホープフルステークスが見えてくる、

という欲を隠せない一方で、今年の目標は1勝。

 

そううまくは行かないという思いの狭間を楽しんだ1週間。

 

パドックではキングスヴァリュー好馬体が目立つものの、やはり繋の硬さは変わらない。

加えて少し前向きさにも欠ける印象。調教が軽い上での+14キロと合わせて不安は膨らむ。

ただリーディングを争っている名伯楽による仕上げなので、これくらいでも勝てると踏んでいるのか、という期待も持たずにはいられない。

 

f:id:remsan:20171207012506j:plain

 

f:id:remsan:20171207012524j:plain

f:id:remsan:20171207012530j:plain

f:id:remsan:20171207012538j:plain

f:id:remsan:20171207012604j:plain

f:id:remsan:20171207012641j:plain

 

ムーア騎手が跨がり、首をパンパンと叩くと、キングスヴァリューは途端にピリッとなる。これには驚いた。レースが近づいていることを理解したのだろうか。

 

f:id:remsan:20171207012823j:plain

f:id:remsan:20171207012824j:plain

 

レースは4コーナーの捲り方に見応えはあったものの、最後伸びきれず4着。

大負けはしなかったが、これが現時点での能力だろう。

クラシックを少しでも夢をみさせてくれてありがとう。

 

次走はダートを試すとのこと。

 

もの凄く楽しみである反面、凡走したら、ある種能力の上限がわかってしまう怖さもある。

 

この感情の振れ幅も一口馬主のおもしろい所なのだろう。

 

今年の目標であった一口馬主初勝利、が達成された今、次の目標は・・・

今回のレースを経て2勝馬を持つこと、と、新馬戦を勝つこと、になった。

 

ゆっくりでも良いから一つ一つクリアしていけたらと思う。

 

いつか古馬となり能力の限界を見た時にも、その馬を同じテンションで応援できるだろうか。それだけが唯一の不安である。

そうならないためにも、一頭一頭、真剣に悩んで出資すべきなのだろうな。

 

 

京都競馬11R マイルチャンピオンシップ パドック直前予想 ◎7 レッドファルクス

京都競馬11R マイルチャンピオンシップ パドック直前予想 ◎7 レッドファルクス

 

4 サングレーザー
このメンバーに入るとそこまでは目立たないかなぁ。

 

5 サトノアラジン
前走何もやっていないだけあって?上向きに見える。

 

6 ダノンメジャー
そこまで目立つわけではないが、雰囲気は良さそう。

 

7 レッドファルクス
活気あり相当良く見える。マイルもこなしてくれるのでは?

 

8 マルターズアポジー
前走以上に見える。

 

10 クルーガー
踏み込み良く好調に見える。

 

11 エアスピネル
前走あたりからまた良くなっているように感じていた。今回も。

 

12 イスラボニータ
毛艶良く良い出来では?

 

13 グランシルク
バランスがとても良いと思った。ただ比較ではそこまでは目立たない。

 

15 ムーンクレスト
厳しいだろうが、パドックからは少し買いたくなる。

 

16 ウインガニオン
トモの雰囲気が良いと思った。

 

18 ペルシアンナイト
落ち着きある周回。悪くないが他馬との比較で、デムーロとはいえ勝ち負けまではどうかなぁ。

というわけで、レッドファルクス

 

サトノアラジン

イスラボニータ

エアスピネル

の順で。

 

人気所中心になりそうだが、穴には
6 ダノンメジャー
8 マルターズアポジー
10 クルーガー
15 ムーンクレスト
を押さえる。一応。。

初めての愛馬記念 ありがとうモーリーファ 最終章 ~自ら繋いだ覚悟の道~

 

初めての愛馬記念 ありがとうモーリーファ その1 ~デビュー前夜~ - 清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

 

初めての愛馬記念 ありがとうモーリーファ その2 ~失意のデビュー戦からの苦難の道~ - 清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

 

■ 迫り来る最後の時

掲示板に載ることができなければ終戦

この時点で繁殖にあがれないことは半ば覚悟していたので、凡走した瞬間にモーリーファとの1年3ヶ月に及ぶ関係が終わってしまう。

そんな運命の分かれ道となるレースは 8/20(日)札幌3R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕 となった。

 

丸山元気騎手の進言通り距離を伸ばすことにはなったものの、やはり芝中距離で悔いのないレースを、という思いもあり、なんとも複雑な気持ちを抱えつつ社畜生活を送っていた。


◇ 2017年8月17日の近況

 

近況
モーリーファ[父 ヴァーミリアン : 母 チャイナドール]
在厩場所:函館競馬場
調教内容:函館ダートコースで16日に時計
次走予定:今週日曜の札幌・D1,700m〔丸山元気

和田雄二調教師「先週も除外になってしまい、ここまで予定が延びていましたが、状態に関しては問題なく維持できています。16日には函館ダートコースで単走で追い切りを行いましたが、動きは悪くなかったと報告を受けています。出来れば牝馬限定戦に向かいたかったところでしたが、頭数も多く除外になる可能性もあったので、一般の方に投票させていただきました。引き続き丸山騎手を確保できましたし、あとは距離を延ばしての挽回に期待したいところです」


なんとも冷静なコメントである。
これまでの走りぶりからも最後のレースになることを覚悟し、厳かな気持ちでウインズに向かった。

人気はこれまでのレース結果を反映した11番人気である。


■ 勝負の6戦目 2017年8月20日(日)札幌3R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕

 

www.youtube.com

 

スタート後、作戦通り後ろからのレース。
3コーナー手前ではまだ後方、丸山騎手の手が動く。4コーナー手前でまだ後方、丸山騎手の鞭がうなる。

大外を回り、終戦を覚悟した最後の直線。

 

なんとモーリーファが大外から凄い脚で追い込んでくるではないか!

もはやブロードアピールに見える親馬鹿っぷり。

 

人もまばらなウインズで馬名を呼ぶのは憚られるので、
マルヤマ!マルヤマッ!マルヤマがんばれ!と冷静さを欠いた小声で呟く。

 

9着、8着、7着...と順位をあげ、残り50を切ったあたりで4着まで順位をあげてそのままゴール!!

 

やったー!!!
思わず声をあげた。

 

競馬で「やったー」と言ってしまったのは初めてである。
馬券を取った時はだいたい「うしっ!」とか「よしゃー!」と声が出る。

「やったー!!!」って。ダサかわいいな俺、と思いながら、まるで勝ったかのように足取り軽く家路につく。

思わずでる歓喜のアクションがサマになる男になりたい。理想はもちろんライアンムーア騎手。

モーリーファとの関係が途切れることなく、続くことが何よりも嬉しかった。


◇ レース結果 2017年8月20日(日)札幌3R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕4着[11人気]

やや遅れ気味のスタートから少し行きたがりましたが、馬群の後ろに入れて折り合いを付けます。徐々にポジションを上げていって、直線で大外に出されると、ジリジリと伸びて4着でゴールしています。

丸山元気騎手「これまで短い距離を使っていたので、スタートしてから少し行きたがりましたが、そこで行かせてしまったらこれまでと同じ競馬になってしまうので我慢させました。すぐに折り合いが付きましたし、そこからは馬のリズムを邪魔せずじっくり追走して、向正面半ばから徐々にポジションを上げていきました。外々を走らされた割には最後まで頑張って走ってくれましたし、気持ちも切れていませんでした。やはり距離はあった方がいいタイプの馬だと思いますし、チークピーシズも必要ないと思います」

和田雄二調教師「勝ち馬とは離されてしまいましたが、最後はしっかり脚を使ってくれましたね。今回のように前半は我慢させて、終いの脚を活かす形がいいようです。次走の優先出走権を獲ってくれたので、状態に問題がなければもう一度札幌で出走させたいと思います」

 

■ 引き続き中1週で勝負の7戦目 初の馬券内を目指して 2017年9月2日(土)札幌3R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕4着[6人気]

 

首の皮一枚繋がったものの、引き続き掲示板を外したら終戦であることには変わらない。

 

もちろん勝って欲しいが9戦中6回2着のある メモリーフェイス がいたこともあり、初馬券内を期待するも、結果は同じような内容で4着。

 

モリーフェイスは遂に初勝利。池添謙一騎手のゴール後のガッツポーズは印象に残っている。

そしていよいよ後がなくなったモーリーファ。コメントからも切迫感が伝わってくる。
追い込まれたのは事実だが、毎回丸山元気騎手のコメントからはプロフェッショナリズムを感じ頼もしく感じる。

 

まずまずのスタートを切るも無理せず、道中は後方2番手を追走、3コーナーから徐々に前との差を詰めて行き、直線外に出して追い出されるとジリジリ脚を伸ばし、4着まで追い上げたところでゴールしています。

丸山元気騎手「まだ自分で競馬を作っていけるほどの体力は付き切っていないので、前走のように後ろからジックリと運びました。3,4コーナーで外から上がって行きましたが、途中でタレることなく最後までジリジリと脚を伸ばしてくれました。ただこの形だと堅実に走ってはくれるのですが、どうしても展開待ちになってしまう面がありますし、次のレースがラストチャンスということを考えると、次走は積極的に運んで勝ちに行く競馬をするのも一つの手かもしれません」

和田雄二調教師「ここまで続けて使ってきていますが、馬体重を減らさずに出走することが出来たのは良かったと思います。丸山騎手もモーリーファのことをよく分かってくれているので、上手く乗ってくれたと思いますし、途中で上がって行く厳しい形になってしまったものの、最後まで頑張って脚を伸ばしてくれました。以前は直線に向いて苦しくなるとズルズルと下がってしまうところもありましたが、この馬なりにだいぶ成長してきてくれているのだと思います。そういった意味でも何とか一つ勝って今後に繋げられるよう、中山開催に向けて進めていきたいと思います」


■ そしてスーパー未勝利戦へ 9/23(土)中山6R 3歳未勝利〔D1,800m・16頭〕9着[9人気]

残念ながら私は海外にいたため、生観戦することが叶わず。


知人が応援にいってくれたこともあり、なんとか良い所をみせてくれ、とハワイでトロピカルジュースを飲みながら祈っていたが、残念ながら吉報は届かず。

 

レースは前目につけられず後方から、最後やや伸びたものの9着に終わった。

 

もう出られるレースがない。

 

美しいハワイの夕日が沈む頃、終戦が決まった。

 

1ヶ月以上も前から覚悟していた現実が訪れただけ。受け入れるのに時間はかからなかったが、さすがリゾート、なんとも憎らしい演出に思えた。

 

トロピカルジュースからテキーラに飲み物を変えずにはいられなかった。


まずまずのスタートから内で脚を溜めようとしますが、行き脚なく離れた最後方からの追走となります。勝負所でも付いていけず後方に置かれてしまい、直線は大外に出してジリジリと差を詰めるものの、巻き返しならず中団でゴールしています。

丸山元気騎手「状態的には決して悪くなかったですし、ギリギリ我慢していたと思います。ただ使い詰めでしたし、輸送もあったので、北海道の時よりは若干硬さが出てきていました。それに今日は馬場が硬かったこともあり余計に響いてしまったようで、3,4コーナーでの反応が鈍かったです。直線はそれなりに伸びているので、せめて集団のすぐ後ろに取り付いていれば、結果は違ったと思います」

和田雄二調教師「北海道からの強行軍でいくらか状態が落ちていたかもしれません。勝負所での反応がもう一つでしたね。ここまでいろいろな条件を試してきましたが、この馬の適性を早めに見抜くことが出来なかったことが悔やまれます。結果を出せず申し訳ありませんでした」

これまでの競走内容を考慮して、今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きを行わせていただき、28日(木)のサラブレッドオークションに上場する予定です。なお、規約に基づいて提供牧場に募集価格の10%で買戻され、この買戻し額が引退精算時に分配金の対象となります。サラブレッドオークションにおいて、この買戻し額を上回る金額で落札される場合もございますので、予めご承知おきください。


■ ありがとうモーリーファ

 

モーリーファサラブレッドオークションにて今後は盛岡で競争生活を続けることになるようである。

デビューから9ヶ月で8戦、特に7月以降5戦走ったことも評価されたのではないか。

ただそれは漠然とレースに使われたのではなく、今回取り上げたように関係者の試行錯誤に支えられつつ、最終的には自らの頑張りで繋いでいった2つのレースも含まれる。

 

適性を掴むこと、相手関係を見ながらレース選択をすること、そしてレースでの作戦、
などなど、馬券を買うだけでは知り得なかった競馬の面白さを知るとともに、難しさも思い知らされた。

 

募集額1200万に対して獲得賞金は150万。
一口馬主デビューとしては失敗ということになるだろう。

 

だが、モーリーファが初めての出資馬となったことに、感謝こそすれ後悔は全くない。

最下位のスタートから、少しずつ順位をあげ、ギリギリの闘いで道を開き、そして力尽きる。
目立ちはしないがドラマチックな馬だった。

 

馬券を買っているだけではモーリーファをここまで知ることは決してなかっただろう。
そして気づいていないだけで、こういった馬は沢山いるのだろう。

 

当たり前ではあるが、人間と同じく、馬の数だけ馬の馬生があり、携わる人々を含めたドラマがあるのである。

勝つ馬を当てるだけでなく、一頭の馬に寄り添い、一喜一憂しながら競馬を知る。
そのスタートラインに立てた気がする。

 

少しでも良い馬生を過ごしてくれますように。

 

ありがとう、モーリーファ

 

 

京都競馬11R 菊花賞 パドック直前予想 ◎キセキ

京都競馬11R 菊花賞 パドック直前予想 ◎キセキ

 

2 ウインガナドル 菊花賞、逃げ馬は厳しいだろうが、雰囲気は悪くないと思う。

3 スティッフェリオ 抽選突破。いかにも厳しそうだが距離は合いそう。落ち着きもあり良い。ただもうひと絞り合った方が。

5 トリコロールブルー シルクの馬。がんばって欲しいが少しテンションが高い。

6 マイネルヴンシュ 著名人が結構押しているがパドックではとくに目立たなかった。

10 ベストアプローチ 少しテンションは高いが、馬体のハリはよく見えた。

12 ミッキースワロー よく見える。が、中距離が合いそうな印象ではある。

13 キセキ 柔軟性のある印象で、非常に良く見える。前脚にパワーがありそう。繋は道悪どうかな、とは思うが。。

15 ダンビュライト 踏み込み深く好調に見える。距離ももちそうな馬体に見えるが。雨も悪くないのではないだろうか。

16 アルアイン 普通かなぁ。本命にはしづらい。

17 プラチナヴォイス 悪くないのでは?

18 マイスタイル ダービー最先着馬。雰囲気もよく見えるが、距離が良いとは言えないように見えるのだが。。


結論としては素直に良く見えた 13 キセキ からいく。
次点で 15 ダンビュライト。

人気薄にもやや手広めに。

初めての愛馬記念 ありがとうモーリーファ その2 ~失意のデビュー戦からの苦難の道~

■ 2017年1月7日の中山4R メイクデビュー中山〔D1,800m 牝馬限定・16頭〕 パドック

 

レース当日。はじめてスーツで競馬場へ。あまりの緊張でタバコが進む進む。

待ちに待ったパドック。踏み込みも深く、ひいき目なしに見ても3番手くらいには見えた。

内田騎手が鞍上ということは期待もされているだろうし、その手練の騎手が初戦から走れると思うと言ってくれているのだ。

これは悪くても掲示板、ひょっとするとひょっとするかも…という期待をせずにはいられない。

 

f:id:remsan:20171020010540j:plain

内田騎手カメラ目線?希望しかなかった頃の撮影。


■ 2017年1月7日の中山4R メイクデビュー中山〔D1,800m 牝馬限定・16頭〕 レース

 

スタート直後に内田騎手の出鞭が入る。
スムーズに先行する馬のいる中の出鞭。好位につけるも、厳しい闘いを覚悟する。
バックストレッチでも息の入ることない競り合いが続く。

3コーナーを過ぎていよいよ内田騎手のアクションが大きくなり、

「なんとかもってくれ…がんばれ、モーリーファ!!」という心の叫びが、

「がんばれ...がんばれ...」とか細い声となって口から漏れる。

 

そして...

そのまま馬群に沈み、結局最下位でゴール。
1着馬から実に5.4秒遅れという完膚なきまで叩きのめされたデビューであった。

 

馬群に沈む姿を直視できなかったのか、4コーナーでは手を膝につき、まさにガックシとうなだれていたらしい。

この日はこれ以上何もする気がおきず、競馬もソコソコに家路を急いだ。

 

かえりにふなばしでたべた、はんばーがー、とてもおいしかったです。

 

なお、このレース1着の シナジー は500万下で苦戦中のようである。
やはり競馬は厳しい世界のようである。

 

シナジー
http://db.netkeiba.com/horse/2014105054/

 

内田騎手はレース後以下のように述べてはいるが、先行策にいくような出脚には見えなかった。
ただ先行策のお陰で1分くらいはレースを楽しむことができた。


◇レース結果
1/7(土)中山4R メイクデビュー中山〔D1,800m・16頭〕16着[4人気]

 

五分のスタートから出していき、逃げ馬に並びかける勢いで外目の3番手でレースを進めます。終始外から突かれる息の入らない展開となったため、3,4コーナーですでに手応えがなくなり直線も下がる一方で、デビュー戦を16着で終えています。

 

内田博幸騎手「スタートが良かったので先行策を取りましたが、道中はずっと外から絡まれて息の入るところがありませんでした。あの馬も4頭分外を回ることになるのだから行くか下げるかしてくれたら良いのに、ずっと併走する形でしたからね。向正面でペースが落ち着いたとは言え、あれだけプレッシャーをかけられては、馬もずっと力が入ってしまうし、精神的にもきついですよね。新馬戦であれはかわいそうでした。センスはありますし、本来ならばあんなに負けることはないはずです。基本的には大人しく、初めての競馬でも入れ込んだりしませんでしたが、競馬では前向きなので距離はもう少し詰めても良いかもしれません」

和田雄二調教師「積極的な競馬をしてくれたのですが、最後は止まってしまいましたね。外からずっと突かれて厳しい展開になってしまいました。ただそれにしても最後は止まりすぎなので、距離も少し長いのかもしれません。調教でもピッチ走法なのであまり距離はもたないかなと思っていました。テンに行けるスピードはあるので、もう少し距離を詰めても良いかもしれませんね。節を空けないと出走できないでしょうから、2週間ほど放牧を挟んで東京の後半でD1,400mぐらいを試してみましょう」

 

www.youtube.com

 

 

■ 2017年3月25日 中京1R 2戦目 〔D1,400m 16頭〕藤田 菜七子騎手が鞍上に!

 

デビュー戦で地獄を見たが、まだ諦めるわけにはいかない。
そして迎えた2戦目、鞍上には藤田菜七子騎手を迎えることになった。

 

右回りが苦手だっただけかもしれない、中山が合わなかっただけかもしれない、距離が長かっただけかもしれない、
馬場が合わなかったのかもしれない、寒すぎたのかもしれない、実は恋に悩んでいるのかもしれない、
とありとあらゆる言い訳でデビュー戦を打ち消そうとするなか、試金石となる2戦目へ。

 

この頃には目標を目指せ掲示板!に下方修正していた。

 

レースはデビュー戦のまるでリプレイを見ているような展開。11着でちょっと着順上がった!と喜べるような内容ではなかった。
すがるようにしてきたデビュー戦の敗因がほぼ打ち消されたのだ。

 

右回りが苦手だっただけではない、中山が合わなかったわけでもない、距離が長かっただけでもない、
馬場もデビュー戦とはことなり稍重だった、寒すぎたわけでもない、恋煩い?恋は知らない。恋は死なない。

 

なお、このレース1着のブルーミンは500万下も勝ち上がり。ぜひ頑張っていただきたい。

ブルーミン
http://db.netkeiba.com/horse/2014103866/

 

◇レース結果

3/25(土)中京1R 3歳未勝利〔D1,400m・16頭〕11着[8人気]

 

好スタートから積極的に前へ押していきます。3コーナー過ぎで捲ってきた馬を前に行かせ、5~6番手で直線に向きましたが、追ってから伸びず11着でゴールしています。

 

藤田菜七子騎手「スピードがあるので少し出して行ったらうまく砂を被らないポジションを取ることはできましたが、道中はフワフワして自分からハミを取ってくれませんでした。外から動いてくる馬がいたのですが、ペースが速くなるのに巻き込まれたくはなかったので急かさずにそのまま馬のリズムで進めました。追い切りでは終いも思っていた以上に伸びる感じだったのですが、レースでは直線で追い出してからもグッとくるところがなくてワンペースの走りになってしまいました」

和田雄二調教師「輸送でテンションが上がったり、体重が減ったりするのを心配していましたが問題なかったですね。競馬はいい感じで追走していたと思うのですが、前走から距離を詰めたにもかかわらず最後は同じように伸びがありませんでした。以前と比べたらトモもしっかりとして来たと思いますが、まだ良化途上な部分はありますし、競馬を使いながら成長してもらいたいですね。芝スタートからのスピードの乗りはよかったですし、どこかのタイミングで芝を試したいですね」

 

f:id:remsan:20171020010809j:plain

当時は中山競馬場で観戦。羨ましいぞ、モーリーファ

 


■ それから3戦するものの...

 

この後もレースにはでるものの、敗退を繰り返し、時間だけが経過していく。

 

◇3戦目 5/13日(土)新潟3R 3歳未勝利〔D1,200m・15頭〕9着[9人気]

 

距離をつめたものの代わり映えしないレース。初の一桁で無理矢理喜ぶしかない状況。

 

互角のスタートから、道中は中団よりやや後方を追走、直線で外目に進路を取り懸命に追われますが、伸びはなく9着に入線しています。

 

藤田菜七子騎手「さすがに1,400mの時ほどは行けませんでしたが、初めての距離の割には良いポジションを取ることができました。良い感じで追走していたのですが、道中突然フッと気を抜いてしまいました。砂を被ったのもあると思いますが、両サイドに並ばれるとそのような面を見せていました。そこから気合いをつけると、もう一度ハミを取ってくれたのですが、いざ直線で砂を被らない位置に出して追い出しても、グッとくるところがなくて伸び切れませんでした。もう少しトモがしっかりしてくれれば、最後にもうひと伸びしてくれると思います」

和田雄二調教師「初距離にも上手く対応しているように見えましたが、途中から行きっぷりが悪くなってしまいました。どうも集中力が続きませんね。もう少し控えて終いを活かすか、馬具などを使うことも考えたいと思います。優先出走権が獲れませんでしたし、今後については週の半ばに判断したいと思います」

 


◇4戦目 7/9(日)函館6R 3歳未勝利〔芝1,200m・16頭〕9着[11人気]

 

芝を試し勝ち馬から0.3秒の9着!出資時に感じた芝での可能性に一筋の光が!?
なお、このレース1着のシゲルタイガーは500万下で苦戦中。レースレベルは高くなかったようだし、芝だったら勝てていたかというと、例え中距離だったとしてもどうだっただろうか。

 

シゲルタイガー
http://db.netkeiba.com/horse/2014102154/

 

スタートから行き脚付かず、後方3番手からレースを進めます。3,4コーナーでステッキを入れながら追走し、直線は最内を狙って前との差を詰めますが、大きく着順を上げられず9着でゴールしています。

 

丸山元気騎手「初芝ということもあると思いますが、前半は追走に苦労していましたから、この距離は少し忙しいですね。もう少し距離があった方がいいと思います。外に出すと間に合わないと思い、コーナーをロスなく回って、直線も内を突きましたが、それなりに脚を使っていました。芝の走りは悪くありませんでしたが、まだ非力なので馬場が荒れているところでは脚を取られる場面もありました」

和田雄二調教師「着順的には9着に敗れてしまいましたが、着差的には1着馬ともそれほど差はないんですよね。これまでのレースと比べると、最後もジリジリと差を詰めてくれていますし、この馬なりには前進してくれていると思います。この後については優先出走権は獲れなかったものの、残された時間も多くありませんし、このまま在厩して進めさせていただければと思います。具体的な予定については、レース後の状態や節の具合を見ながら検討させていただきたいと考えています」

 


◇5戦目 7/22(土)函館3R 3歳未勝利〔D1,000m・12頭〕11着[9人気]

 

必死でレースを使おうとしてくれている点は感謝しているが、前走の丸山元気騎手の助言は届かなかったようで、特攻のようにも感じてしまう一戦だった。


恐らくこのレースの選択には何らかの事情があったのだろうが、

その点を知ることができないもどかしさとも一口馬主は付き合っていかなければならないということを学んだ。

 

チークピーシズ着用。ゲートを出てからステッキを入れてダッシュよく先団につけましたが、3コーナー手前辺りから徐々に遅れ始めます。4コーナー手前からさらにステッキで促しますが、追い上げられず11着でゴールしています。

 

丸山元気騎手「ゲート内は少しソワソワしていましたが、スタートから鞭を入れるとスピードに乗って前目につけられました。ただ、勝負どころ手前でそのポジションをキープすることが出来ずに下がってしまいました。周りに気を使っている感じではなかったですし、前回の1200m戦でも少し距離が短いと思っていたので、距離を延ばした方がいいと思います」

和田雄二調教師「テンに行けるスピードは見せてくれたのですが、ああいう競馬をすると、終いは止まってしまいますね。集中力が続かず、止めてしまっている部分もあると思います。次は距離を延ばして、前半はジッとして終いだけの競馬をさせてみようと思います。このまま函館競馬場に在厩し、節を見ながら札幌での出走を目指したいと思います」

 

 

■ 光明を見いだせないまま、凡走の許されない闘いへ


ここまで掲示板にものれず、非常に厳しい状況。
これで次のレースで掲示板を外せばその時点で終了である。

 

まさか初出資世代が馬券どころか掲示板にも乗ることができないとは、

想像できておらず、自身の気持ちとなんとか折り合いを付けようとする日々が続いていた。

 

そんな中、運命の分かれ道となるレースは
8/20(日)札幌3R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕
に決まった。

 

頑張れ、モーリーファ

 

初めての愛馬記念 ありがとうモーリーファ その1 ~デビュー前夜~

■ 2016年5月頃

 

馬券を買うことに興奮を感じられずにいた私は一口馬主を始めることを考え始めた。

パドック党として、安馬を買い、それでそこそこの成績をあげることを自身の信条にしようと考え、検討と調査を進めた。

 

理想はシゲル軍団である。

 

ただこの時期はクラブはもう締切時期が間近で馬もあまり残っていない。

自分の無知を恥たが、一口馬主を始める気持ちは止められない。

 

■ 候補となった3頭

 

どうせなら直接見られる関東馬に絞り、検討の結果、以下の3頭が候補に残った。

とりあえずトモの雰囲気で選んでみた。

 

チャイナドールの14(モーリーファ) 一口24,000円

f:id:remsan:20171019155206j:plain

う〜〜んやはり良い馬体。うまくいけば芝でも?と邪な気持ちも持ってしまう。

 

アンソロジーの14(コンピレーション) 一口30,000円

f:id:remsan:20171019160523j:plain

繋が少し窮屈だがダートと考えればお買い得かも?

 

クールレディの14(プリンセスナナコ) 一口35,000円

f:id:remsan:20171019160850j:plain

まさかこの後、名前で話題になろうとは。。

 

■ クラブも重要?

 

メイショウボーラー産駒、渋い!!とクールレディの14が気になりはしたが、ライオンというクラブとのこと。

一方シルクホースクラブシルクジャスティスとかシルクフェイマスのイメージであったが、ノーザンファームとの提携をしているとのこと。将来性はシルクだろう。

 

勝ち上がり率も50パーセント程度あり、入会金無料のダメ押しもありシルクだろうと決定。


■ そしてシルクに入会

3頭で悩んだものの募集動画ではチャイナドールの14が良く見えたのとサンデーサイレンスの3×3という血統にも惹かれ、あわよくば芝でもと思い、チャイナドールの14に決定!申し込みを行った。

 

www.youtube.com

 


2頭いた方が楽しめると思い、馬体は良く見えなかったが、すぐにデビューできそうなシャルマンレーヌの14(マーフィー)も引き連れて入会。

 

シャルマンレーヌの14(マーフィー)一口28,000円

 

f:id:remsan:20171019161944j:plain

 

 

アンソロジーの14 は見送った。カンパニーは種牡馬として苦戦していたが、昔馬券を何度もプレゼントしてくれた馬。

今こそ恩義に報いる時、と私の中の漢の部分がそうさせた。というのは半分嘘で1日も早くレースが見たかったのだ。

 

目指せ初勝利!!

 

■ 2016年5月27日 初めてのシルクからのお便り

 

近況
モーリーファ[父 ヴァーミリアン : 母 チャイナドール]

在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋外坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン20~25秒のキャンター2,000m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間からポリトラックの屋外坂路コースでの調教をメインに切り替えました。少し幼いところがあるので、調教内容が変わったり、調教の場所が変わるのも、馬にとって良い経験になっていると思います。調教内容を変えたばかりなのでまだ大きな変化は見られませんが、馬体のバランスは徐々に良くなっていると思いますし、毛ヅヤは変わらず良好で体調面なども特に問題ありません」馬体重472㎏

 

うひょーー、近況メルマガが届くのか!これで毎週金曜日が特別な日になった。

 

■ 初入厩

マーフィーに現実を突きつけられたショックを引きずる中
2016年9月28日(水)に入厩、2016年10月7日(金)にゲート試験合格。
放牧へ。

 

近況
モーリーファ[父 ヴァーミリアン : 母 チャイナドール]
在厩場所:福島県ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週1回坂路コースで15-15
次走予定:未定

 

和田雄二調教師「ゲート試験にはすぐに合格しましたし、ダメージはそれほどないと思いますので、それほど時間をかけずに戻せると思います。見た目の歩様は柔らかいのですが、騎乗すると少し硬さが気になるので、ダートかなという印象です。でもそれは今後の動きを確認しながら判断したいと思います」

天栄担当者「入場時は少し寂しかった馬体もすぐに10㎏ほど増えました。13日から坂路コースにも入れていますが、物見をして前向きさに欠けていたのは、初めてのコースということを考えると仕方のないことです。脚元など特に不安なところはないので、このまま進めていきます」馬体重465㎏


さすがにこのままデビューはダメだったか。
この辺りでさすがに名馬との期待は薄れていった。よいよい。

 

1勝を目指して俺の分まで頑張ってくれ!

 

ちょうど確かこの時期に目指せ初勝利を合い言葉に、初めての抽選に参加し、プリモシーンが当選。

その後満口になっていなかったキューグレーダー、キングスヴァリュー に立て続けに出資。

最も馬体がよく見えたダイアトニックは関西&初抽選で当たりすぎたらどうしよう不安もあり見送り。その後クーリングオフからの再募集で満を持して出資!

もはやシゲル軍団とはほど遠い。こちらはノルマンディーで目指していく。

 

■ デビュー前夜

1月7日(土)中山4R・ダ1,800m 内田博幸騎手騎乗でのデビューが決定。近況コメントから俄然期待も膨らむ。


口取りが当たったこともあり、前泊で船橋へ。もちろんスーツ持参。

買いたてのコートに身を包み、愛馬の活躍を願い、私も気合いの前日入厩。

 

モーリーファ、俺はちゃんとした一口馬主に見えているかい?

 

近況
モーリーファ[父 ヴァーミリアン : 母 チャイナドール]
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで3日に時計
次走予定:1月7日の中山・D1,800m(牝)〔内田博幸

 

和田雄二調教師「3日に内田騎手が騎乗し坂路コースで時計を出しました。追走から同入する形で行いましたが、良い動きをしていました。昨年末に南Wコースで時計を出した後に少しコズんでしまったので、その後は坂路コース中心の調整となりましたが、それまで南Wコースで3本行っているので、息はできています。気はいいですし、ゲートの出もまずまずです。調教では水準の動きを見せているので、初戦から楽しみにしています」

 

内田博幸騎手「坂路コースにスムーズに入って行けましたし、感触は良かったですよ。特に癖はなさそうで、真面目ですしタメも利きます。初戦から走れると思いますよ」

ノルマンディーオーナーズクラブ 2017年度募集馬 パリージョの16 出資決定!

ノルマンディーオーナーズクラブ 2017年度募集馬 パリージョの16 出資決定!

 

抽選結果発表の朝は、柔らかい緊張感がある。

この緊張を落ち着かせ、そして幾ばくか楽しむため、会社を30分遅刻することにした。無断で。

 

出社後、誰にも咎められることなく、いつもの窓際の席に陣取り、とりあえずネットサーフィンを行うが、どこか上の空であることは否めない。

 

そして午後。ノルマンディーのサイトにアクセスすると結果発表の更新が!

 

パリージョ、パリージョ、パリーーーージョ!!

 

抽選に通ると大きな喜びの後に、決まって不安が襲ってくる。
無事にデビューを迎えてくれなかったらどうしよう……デビューしても走らなかったらどうしよう……
むしろ当選したことは実はハズレなんじゃなかろうか……

 

そんな時は決まって酢豚好きの占いおじさんに連絡をする。

 

「パリージョは勝ち上がりさえすれば、4歳から6歳まで長く活躍できる!馬はいいから頑張って欲しいね。」

 

なんなんだろう。別に趣味程度の占いの癖に、この自信。
なんなんだろう。とはいえ勇気をもらえるのは?
もしやアンコの詰まった表面パンのスーパースターの方ですか?

 

それにしても、締め切り翌日が発表というのは大変ありがたい。
発表まで時間があると、ソワソワして仕事(ネットサーフィン)にならないし、
気を紛らわせようと無駄金(パチンコ)をつい使ってしまう。
「ホント仕事人仕事しねぇなぁ。」なんて愚痴を言う気もおきないほど、何も身が入らないのだ。

 

普段も所属馬の更新を凄い時間にされているし、ノルマンディーの社員の皆様、いつもありがとうございます。

 

ノルマンディーオーナーズクラブ 2017年度募集馬 出資申込馬決定!

ノルマンディーオーナーズクラブ 2017年度募集馬 出資申込馬決定!

 

ノルマンディーで募集馬が発表されてから、もの凄く悩んだ。悩みに悩み続けた。
もっと他にすることがあるんじゃないかというくらい悩んだ。

 

最終的に候補を5頭に絞り、うち2頭程度に申し込もうと考えたが、どの馬も気になる所があった。

 

◆ 絞られた5頭はこちら!


8 パリージョの16 占い 3 俺 4

動画の右後脚がどうしても気になる。ぐらぐらしているがこれは成長とともに良くなるものなのだろうか?


9 フォーミーの16 占い 5 俺 4

動画は全身を使えていてよく見える。
ただ前脚の管が長いのがどうも気になる。
そしてどうしてもレッドファルクスの活躍で芝を期待してしまうが、ダートに感じる。


13 カグラの16 占い3 俺 3

胸が深いのは好印象だが、トモの薄さがどうしても気になる。腹回りもこの時期にしてはスッキリとしすぎている点も気になる。


15 ジョウノファミリーの16 占い 1 俺 4

募集画像は好印象から始まったが、見れば見れる程、決して悪くはないが俊足な馬体とは異なるような印象を持ってしまった。
完全に好き嫌いの問題だが。。


16 ジョウノボレロの16 占い 5 俺 4.5

4.5と評価したが。。
動画は活気がありとても良いのだが、抱きが広すぎる気がする。どちらかというとダート向きなのではないか。飛節が小さく見えるのも微妙かも。。

 

まずカグラの16は、トモという比較的分かりやすい所が気になっているだけに、走らなかった時に「やっぱりな」よりも「何故出資した?」と自分に癇癪を起こしそうなので候補から外し、以下の3パターンの出資方法に行き着いた。

 

1)節約!クラシック 夢追い人 作戦

ジョウノ牝馬から1頭に絞って出資する

2)倹約と見せかけてなんか違う!でもなんか楽しそう 作戦

フォーミー & パリージョ の2頭に出資する

3)バランス重視!永遠の中間管理職 作戦

ジョウノ牝馬から1頭 & フォーミーかパリージョから1頭 の2頭に出資する

 

1)か2)と考えていたが、最終的には抽選だろうし、ということで3)が有力に。しかし。。


◆ そして出資申込馬は パリージョの16 に決定!

 

結局どのパターンにも当てはまらない パリージョの16 に絞って申し込みをすることにした。
右後脚の気になる点は今後改善するのか含めて、勉強がてら見ていきたいと思ったのだ。
そしてずっと追っていきたいと思えるほど、見れば見るほど、この馬に魅力を感じてきたのだ。

 

f:id:remsan:20171015194116j:plain


う〜〜〜〜ん!値段の割にいいんじゃないかなぁ。無事にいって欲しい。好きだったトーセンラー産駒!


そしてジョウノ2頭はどうしてもクラシックを期待してしまうが、
ノルマンディーはそういうクラブではないと、運営されている方が仰っているのである。
であれば、馬体に気になる所もある中で出資するのは本末転倒であろうと、どちらも出資候補から外すことにした。


◆ ありがとうノルマンディー

 

リストが発表された当初は、ゴールドアリュールスクリーンヒーローの牡馬が欲しかった。
また、マンハッタンカフェの最後の世代に出資したくもあった。

 

いざ画像が出てみると、上記の馬達はもう一歩不足している印象を感じた。
画像からはジョウノファミリーの16がファーストインプレッションでは圧倒的に良く感じた。

ジョウノボレロの16もよく見えた。安い馬ではパリージョの16がよく見えた。

 

そして酢豚占いが届けられた。ジョウノファミリーの16は最悪とのことだった。

 

シルクの残口馬も視野に入れた方が。。。と迷走もした。

 

もう悩む時間も面倒だし、どうせ抽選だろうし全部いっちゃおうかと思ったが、
一口馬主歴も1年半が経過し、とりあえず目標としていた初勝利もあげ、見えてきたことがある。

悩んで出資しなかった馬が走らなかった時に後悔する恐怖からか、気になりはじめると、どれもこれも欲しくなる、ということである。
そして、何頭も持てば持つほど、私の性格では走らない馬はどうでも良くなりそう、ということである。


すでに現2歳で5頭、当歳馬も4頭出資しており、勝ち上がり馬も出てくると、年間5頭でも多いくらいだろうとなんとなく思っている。
(そう思わないとブレーキが壊れそう…)

 

さらに今後、シルク、ノルマンディーともに追加募集があるだろう。
腹八分目くらいの方が今後も馬選びを全力で行えるので楽しみが続く気がする。

 

このようにもの凄く悩ませるバラエティ豊かなラインナップを揃えてくれるノルマンディーオーナーズクラブにありがとう!と言いたい。

 

パリージョの16、抽選になりそうだが、通りますように!

 

落選したらソラノコマチの16にいきそうだが…

京都競馬 11R 秋華賞 パドック直前予想 ◎16 ファンディーナ も 6 メイショウオワラ も狙いたくなる

京都競馬 11R 秋華賞 パドック直前予想 ◎16 ファンディーナ も 6 メイショウオワラ も狙いたくなる

 

難解。

 

16 ファンディーナ 落ち着きあり好馬体が目立つ。腹周りも絞れた印象。状態は上向きでは?春、夢を見た馬。応援したい。

 

6 メイショウオワラ 好馬体と歩様が目立つ。脚元を見るに重馬場も良いのでは?

 

4 モズカッチャン
2 ラビットラン
1 アエロリット
13 リカビトス

などもよく見えた。

6 メイショウオワラ からの全流しもいってみようかな。。