清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

パドック推奨馬をお届け。2014年6桁配当3回、推奨馬は6-7割くらいは好走します。春のG1では安田記念グランプリボス、宝塚記念カレンミロティックを推奨して高配をGETしています。twitterで更新情報お送ります。といいつつシルクホースクラブとノルマンディーに入会しました https://twitter.com/paddock_keiba

キングスヴァリュー は頑張った5着 ダイアトニックは残念な3着

リアオリヴィアの惨敗に心砕けた昼下がり。


今後の行く末が不安になるも、JRAはそんなことは勿論気にしない。淡々と番組にそってレースは続いていく。


そして迎えた茨城新聞杯。キングスヴァリューが登場!

優勝の期待値は高くはないが、応援するのが出資者のつとめ。


パドックでは周回を重ねるにつれて、歩様が大きくなり、良くなっていくが、馬券で勝負する気にはなれず。

500キロ弱あるが、やはり筋肉の柔らかさとトモのボリューム感が物足りなく見える。

 

f:id:remsan:20180926011654j:image

f:id:remsan:20180926011723j:image

f:id:remsan:20180926011803j:image


レースはルメール騎手の好騎乗もあり5着。4コーナー手前までは期待するも、直線はジリジリといった伸び脚。落鉄もあったようだ。


1000万下でもソコソコ戦えそうというポジティブな感情と、現状での限界も見えてしまったというネガティブな感情とが入り乱れるレース結果となった。


あらためてグリーンチャンネルで振り返るとショームは同じ3歳馬ながらキングスヴァリューに欠けている柔らかさとトモのボリュームを持っており、今後が楽しみである。

 

C.ルメール騎手「以前乗せてもらった時はもっとモタモタしていたイメージだったのですが、今日はブリンカーが効いてとても前向きでしたし、いいポジションで運べました。直線はワンペースで思ったほど伸び切れなかったのですが、右前を落鉄していましたので、その影響もあったと思います。昇級初戦でしたが、全体的に上手に走れていましたよ」


国枝栄調教師「前半はいい位置で運べましたし、もう少し直線は脚を使ってくれるかなと思っていたのですが、引き上げてきて脚元を見ると右前を落鉄していました。レース中のどこで外れてしまったのかは分かりませんが、落鉄がなければもっと上の着順に来られていたでしょう。でも昇級初戦にしてはまずまず悪くない走りを見せてくれましたし、このクラスでも頑張ってくれそうですね」


そして翌日、ダイアトニックが外房特別に出走。入場無料にビール半額、そして重賞とが重なり、場内はバク混み。ジョッキーイベントもあるようだ。

なぜほっといても人の来る重賞の日にイベントをやるのか。。理解に苦しむ。


入場無料で家族連れが増える→お父さんはビールを飲む→お母さんもビールを飲む→射幸心を煽られ沢山馬券を買う→ハズレる→酔った勢いも手伝い喧嘩になる→ベビーカーの子供が泣く→カロリーゼロ


おっと!良くできた企画じゃないか!


そして今回のダイアトニック中山遠征企画。体質が弱く数を使えない馬の長距離輸送。

ハンデを見込まれてとのことだが、確勝を期さねば、無駄足となる、ギャンブル性の高い企画に仕上がっている。

 

ダイアトニックに会えるのは嬉しいが、中間、硬さを気にするコメントもあり不安も大きい。


そんなこんなでパドック。いつも通りチャカついているが、気にしない。

気になるのは、まだ芯が入っていないというか、もっとこうパンとしてくれば、という印象。単勝大勝負は見送ることにした。

一方でこの馬のポテンシャルを信じているので、能力の違いでこの中山遠征企画を成功で終わらせてくれることも期待せずにはいられない。

 

f:id:remsan:20180926011336j:image

f:id:remsan:20180926011400j:image 

f:id:remsan:20180926011507j:image

f:id:remsan:20180926011529j:image

f:id:remsan:20180926011432j:image

f:id:remsan:20180926011419j:image


そしてレース。ややで負けして後方から追走。


プリモシーン、キューグレーダーの2頭で出遅れメンタルは多少鍛えられているが、ダイアトニック、オマエもかぁぁぁ!!!


直線では絶望的な差を必死で追い上げ3着。


うーーーーーーん。。結果論であるが、やはり能力を信じて阪神ハンデ戦の方が良かったように思うが。。

 


北村友一騎手「返し馬から結構気が入っていましたし、ゲートの中でも落ち着きがなく、伸び上がるようにゲートを出てしまいました。ペースもあまり流れなかったですし、最後は差を詰めてくれているものの、前半のポジションの差が出てしまいました。今日はスタートが勿体なかったですね」

 

安田隆行調教師「出来れば4番手以内くらいで運びたいなと思っていたのですが、伸び上がるようにゲートを出たことで、スタートで後手を踏んでしまいました。前に行った組で決まってしまったように、ペースが落ち着いてしまいましたし、いつもほどの伸び脚は見られなかったですね。この後はトレセンに戻って状態を確認させていただいてから、どうするか考えたいと思います」

 

あがり33.6でいつもほど伸びていないとな??これはポジ、ネガ、どちらに取れば良いのだろうか。。


週末はリアオリヴィア、キングスヴァリュー、ダイアトニックと3頭出走。


悪くても1勝、できれば2勝を期待していたが、やはりそう上手くはいかないものである。

リアオリヴィア デビュー戦は5着 この馬なりに頑張れなかった点のみ救い

リアオリヴィアが念願のデビュー。

 

不安と期待とこの馬なりに感にごった煮にされた感情を抱きながらパドックを迎える。

 

中山競馬場の出来るだけ大きなモニターを探すも見つからず、こじんまりとしたモニターを俺のモニターと名付け陣取ることにする。

 

ライバルと思われたヴァンドギャルドの好馬体の残像が残りつつ、ついにリアオリヴィアに切り替わる。

 

あれ????あれれれれ?????

というのがファーストインプレッション。

確かに馬体はまとまっているように見えるが、思ったよりもこぢんまりとしており、水っぽいというか筋肉も緩い印象。期待はしぼみ、不安が増す。

 

馬を見るときは感覚を大事にしているので、この時点で単勝がっつり勝負は諦める。
この感覚が外れていることを期待して。。。

 

レースは他馬に迷惑をかけつつ、ここから伸びるか!?という所で伸びず、5着。

 

敗因を重馬場に求めたくなるのが人情だが、それだけではないだろう。

地面を蹴った後の引き込む力に欠けるというか、表面を撫ででいるだけのような走り方に見えた。
ピアノでいうと指を丸め爪を立てて、鍵盤を叩くイメージで弾くと良い音が出るが、走り方にも通づるものがあるのかもしれない。
非力非力、と言われてきたが、こういうところに原因があるのかもしれない。

 

馬体がこぢんまりとしていたのはディープの初仔によるものも大きいのだろうか。
パドック予想ではブエナビスタの初仔コロナシオンに印象が近いと書いたが、改めて考えるとプリモシーンの上のキャリコの方が近いか。

気になって調べてみると、ディープインパクト産駒の初仔はサトノダイヤモンドダノンプラチナなどの大物もいるが、あまり見つけられず、苦戦傾向があるように感じる。

 

初仔はリスクと思ってはいたが、リアオリヴィアも当てはまってしまうのかもしれない。

 

送られてきたレース結果のコメントを見ると、この馬なりに頑張ってくれなかった模様。

続戦の方向で考えていただけているようで次走前進を期待したい。非力さがいつか解消してくれると良いのだが。。。非力さの解消にはリスク覚悟のハードワークが大事では?とも思うが、関係者の皆様を信じて応援するしかない!!


レース結果

M.デムーロ騎手「スタートは良かったですし、いい位置でレースをすることが出来ました。最後の直線で外へ出して追い出しにかかりましたが、若さを見せてハミをしっかり取らず、遊びながら走っていました。距離はこれぐらいで良いと思うし、重馬場も特に問題なかったです。いい脚を使ってくれそうな雰囲気があったので、レースを経験していけば集中してしっかり走ってくれるようになるでしょう」

 

担当助手「仕上げていくにつれて飼い葉を残すようになっていましたが、先週の追い切り後から少し減ったぐらいの馬体重で出走することが出来ましたし、輸送も問題ありませんでした。装鞍所では他の馬がバタバタ暴れていたのに対し、リアオリヴィアは全くそれに動じることなく落ち着いていました。いい根性の持ち主ですが、レースではまだ訳が分からなかったのか、勝負どころでしっかりハミを取ってくれなかったようです。調教でもそのようなところを見せていたので、次走は舌を縛って遊ばないように工夫してみようと思います。最後まで全力で走っていないこともありますし、おそらくダメージの少ないレースだったと思うので、レース後の状態が変わりなければ経験を積むために続戦させる方向で考えています。トレセンに戻って状態をしっかり確認したうえで検討したいと思います」


それにしても小生、なぜピアノに例えてしまったのか。。。なんかキモい。

中山競馬10R 外房特別 パドック直前予想 8 ダイアトニックがんばれぇぇぇ!

中山競馬10R 外房特別 パドック直前予想 8 ダイアトニックがんばれぇぇぇ!

 

リアオリヴィアが倒れ、キングスヴァリューが力尽きた、この週末。真打ちのダイアトニックが、ダイアトニックがきっとなんとかしてくれる!!!

中間のコメントは硬さが気になるとのことで心配。そして馬体重8キロ増も心配に拍車をかける。

 

さて、パドック

 

8 ダイアトニック が登場!が、あまりよく見えない。。テンションが高いのはいつものことだが、馬体にメリハリがもっと出ると、、という印象。単勝ガッツリとも思ったが。。やや怖い。。距離ももう少し短い方が良さそうに、小生には見える。

 

よく見えたのは

5 ベストリゾート

9 ヨシノザクラ

 

人気薄では1 シーズララバイ。

 

10 ディロス も現時点での完成度ではダイアトニック以上に見える。

 

しかし、ダイアトニックの能力を信じて軸で買おう!!!!!馬単はちょっと怖い。

 

f:id:remsan:20180923144946j:image

中山競馬9R 芙蓉ステークス パドック直前予想 ◎8 ミッキーブラック

中山競馬9R 芙蓉ステークス パドック直前予想 ◎8 ミッキーブラック

 

8 ミッキーブラック 新馬戦の時からパドックで目立っていたがやはり良い。外外を周回。好馬体も目立つ。

 

相手は2 ジャスパージャック まだ緩さを感じるが柔らかみを感じる筋肉に好感。と思ったら2番人気か。

 

ソルパシオン を一蹴した3 カイザースクルーンパドックでは目立たないかなぁ。

 

f:id:remsan:20180923141627j:image

中山競馬8R パドック直前予想 ◎8 シャムロック 7R馬連的中!も。。

中山競馬8R パドック直前予想 ◎8 シャムロック  7R馬連的中!も。。

 

7R馬連的中も抑え馬券のため儲けはほぼ無し。メイラヴェルを本命にして、結果ショボイ。。これだから競馬は止めたくなる。

 

さて8R ここはパドックでは8 シャムロック がよく見える。体も引き締まり推進力も感じる動き。

 

あとは人気所が良さそう。

 

馬単で少し流してみるか。

 

f:id:remsan:20180923134651j:image

 

 

 

 

 

 

中山競馬 7R パドック直前予想 ◎12 メイラヴェル

中山競馬 7R パドック直前予想 ◎12 メイラヴェル

 

12 メイラヴェル 小柄な馬ではあるが地面をグリップするような歩様に好感。筋肉も引き締まりつつ柔らかみを感じた。

 

8 グッドジュエリー こちらもメイラヴェルと同様の印象。

トモの蹴り足を比較してメイラヴェルを上位にした。

 

2 サクラベルカント 古馬らしく、完成した馬体という印象。筋肉は目立つ。が少し硬い気も。

 

他にもよく見える馬はいるが、この2頭でいこうと思う。

 

f:id:remsan:20180923131724j:image

中山競馬11R セプテンバーステークス パドック直前予想 ◎15 カイザーメランジェ

中山競馬11R セプテンバーステークス パドック直前予想 ◎15 カイザーメランジェ

 

15 カイザーメランジェ 昇級戦だが力強い歩様に好感。

 

9 レーヴムーン 丸みのある馬体で良さそう。筋肉の動き方も良い。

 

一見6 ドラゴンストリート も良いが流石に厳しいかな。

 

あとは2 アドマイヤナイト 1アッサラルーテ など。

 

12 モズスーパーフレア 歩様は目立たないが、バランスとトモのボリュームは抜群だなぁ。。

中山競馬10R 茨城新聞杯 パドック直前予想 11 キングスヴァリュー がんばれぇぇぇ!

中山競馬10R 茨城新聞パドック直前予想 11 キングスヴァリュー がんばれぇぇぇ!

 

11 キングスヴァリュー 好馬体ではあるが、トモのボリュームはもう少し欲しい。トモの踏み込みももう一歩か。

相手は楽ではないが、頑張って欲しい。

 

1 アナザートゥルース

13 ショーム

も良いが、10 アスタリスク トモがパンとしていない印象も受けるが雰囲気は良い。

 

あとは12 ドゥラリュール 8 マイネルサリューエ あたりがよく見える。

f:id:remsan:20180922145108j:image

 

 

 

中山競馬 九十九里特別 パドック直前予想 ◎4 ヴァントシルム

中山競馬 九十九里特別 パドック直前予想 ◎4 ヴァントシルム

 

4 ヴァントシルム 落ち着きあり、馬体か、長距離向きそうな印象を受けた。

 

3 ドレーク 距離はもう少し短い方が良いのでは?と思わせる馬体だが、ゆりかもめ賞でブラストワンピースとともに、キングスヴァリューを一蹴した馬。

 

一点でいったので良いと思うが、10 フォーラウェイ も気になる。。

 

f:id:remsan:20180922141754j:image

中山競馬7R パドック直前予想 ◎16 レンズフルパワー

中山競馬7R パドック直前予想 ◎16 レンズフルパワー

 

16 レンズフルパワー 後脚が伸びやか。好調ではないか。馬体重の割に素軽さを感じる。

 

12 アメリカンツイスト 好馬体が目立つ。

 

人気薄だと15 ユアザスター パワーがありそうな馬体。

 

f:id:remsan:20180922131215j:image

 

阪神競馬5R メイクデビュー パドック直前予想 6 リアオリヴィア がんばれぇぇぇ!

阪神競馬5R メイクデビュー パドック直前予想 6 リアオリヴィア がんばれぇぇぇ!

 

あいにくの重馬場開催。1年以上待ったリアオリヴィアのデビュー戦!!

 

 

パドックは後脚の蹴り足に力強さを感じる!が、馬体は思ったよりもこじんまりと見える。はっきりと覚えていないが、コロナシオン を見たときの印象に近い気がする。テンションはこれ以上上がらないで欲しい。

 

重馬場かぁーーーーーーー。無理せず頑張ってくれたら。

 

ライバルはやはり 1 ヴァンドギャルド か。背中に柔らかさを感じる歩様。少し余裕ある印象も受けるが。。

 

あとは

3 ホッコーシェルビー

9 ネルソンタッチ

7 メイショウショウブ

重馬場ということで、

8 ブラックバッジ

 

軽く買うくらいが良さそうなレースかなぁ。

 

リアオリヴィアがんばれぇぇぇ!

プリモシーンデビュー1周年とリアオリヴィアのデビュー戦を控えて

プリモシーンデビュー1周年とリアオリヴィアのデビュー戦を控えて


プリモシーンが9月17日にデビューを迎えてから1年。あっという間だった。

 

当時を振り返ると、一口馬主を始めたはいいものの、初勝利の遠さに唖然とする日々を過ごしていた。

そんな中で迎えたプリモシーンのデビュー戦。

 

出色の調教のタイムと馬体、そして調教師のコメントから嫌が応にも期待は最高潮に達していた。

 

2017年9月7日
木村哲也調教師「6日に南Wコースで時計を出しました。3頭併せの後方から追走し、直線は最内に併せて同入しました。先週同様、ハミを取ったり抜いたりとまだ不安定なところはありますが、最後まで楽に動いていましたし、能力は高いと思います。来週のデビュー戦の鞍上は戸崎騎手にお願いしました」

 

 

前日には競馬新聞を買いあさり、そのどれもがプリモシーンに本命を打っており、
確勝を期して、翌日は雨の中山競馬場に向かう。

 

しかし現実は甘くはなかった。


直線で抜け出し、ついに初勝利だ!と思った刹那、トーセンブレスの暴力的な末脚にあえなく屈したのだ。

当時の絶望感は今も鮮明に覚えている。凄い馬かもしれない、という期待がバラバラに砕けちった。

トーセンブレスさえ産まれていなければ、いやいやそこまででなくとも、このレースを選んでいなければ。。。

無意味な考えが、脳の奥底から湧き出てくる。

 

その後の活躍は目覚ましいが、新馬戦敗退時は1年で重賞を2つも勝てる馬になるとは思えなかった。


さて、今週はリアオリヴィアがデビューを迎える。
出資当初から期待は大きいものの、この1年、トモの薄さが気になって仕方のない馬である。

ヴァンギャルドなどディープ産駒の牡馬の強敵もいる模様。

調教は悪くはないものの抜きん出るまでのタイムは出ておらず、不安が勝る。

思えば夏のコメントは「この馬なりに良くなっている」のオンパレードだった。
挙句、厩舎に入ってからは「この馬なりに飼い葉を食べている」とのこと。食までこの馬なりに、とは。。。グルメなんかな。。。

 

記事になったと、喜んで見てみては、量産型ディープインパクト産駒という内容に目眩を覚える。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

リアオリヴィアはノーザーンファームのイベントで懸賞になったようだが、
リアアントニアの18をセレクトセールで高く売るためだったのではないかという邪推までしてしまう始末。

 

とことん救いようのない、ネガティブスパイラル。

 

馬だけではない。

 

加えて、角居調教師の不祥事。名伯楽のコメントを楽しみにしていたにも関わらず、それも叶わない。
処分は一体いつ出るんだろうか。。。こんなにかかるものなのだろうか。。。わけわかめ

 

当時、調教助手の方のtwitterが話題になったが、
イニシャルから、ひょっとしたらこの方が担当なのかもしれないと密かに期待している。
なぜなら、ボスがいないだけで、何も変わらん、と仰っていたから。
鞍上はデムーロ騎手ということで、期待も高まる!!

 

が、が、が、一方で騎手のコメントは何とも読み解きづらい。
う〜〜〜〜〜ん。リップサービスと言われれば、そんな感じもする。

 

担当助手「12日にCWコースで追い切りました。デビュー戦はミルコ(M.デムーロ騎手)にお願いしているので、今回の追い切りで感触を確かめてもらいました。道中は3頭縦列の2番手に取り付け、最後の直線で真ん中に入れて追い出しにかかりました。ジョッキーは『折り合いは問題なかったし、追い出してからの反応は良かったですよ。とてもいい馬だし、初戦から良い競馬をしてくれそう』と言っていました。先週末に坂路で時計を出した時は、まだ非力さが感じられましたが、周回コースではしっかり走ってくれたので、実戦に行って力を発揮してくれそうですね。来週の競馬に向けて体調をしっかり整えておきます」


シルク2015年産は出資4頭ともデビュー戦は勝ち負けで2戦目には全頭勝ち上がったが、
シルク2016年産出資馬のトップを飾ることになるリアオリヴィアのデビュー戦は不安で仕方がない。

 

ジェットコースターのようにテンションが上がったり、下がったり、下がったり、下がったり、しているが、
まずはとにかく、無事に。できれば見所のあるレースになればありがたき幸せ、、、
と自分に言い聞かせ、床につくとしよう。

 

パチンコでそこそこ熱い保留の時に、首を傾げながら周囲を牽制するが如く控え目に。心穏やかなフリをして当日を迎えたい。きっとそれくらいの方がうまくいく。

 

眠れねーけどな!!!

中山競馬11R セントライト記念 パドック直前予想 ◎5 コズミックフォース

中山競馬11R セントライト記念 パドック直前予想 ◎5 コズミックフォース

 

このレースは15 レイエンダをどうしてもはずしたくなる。

 

素直にパドックで良く見えた 5 コズミックフォース を軸に。踏み込みや馬体の締まり具合から最上位とする。調教でも出資馬のキングスヴァリューを問題にしていなかったし。。していなかったし。。。せつない。。

 

中山適性も評価して、事前は軸に考えていた4 ジェネラーレウーノ は少し余裕のある印象。

 

7 ブレステイキング はテンションが高いものの、トモ周りに成長を感じる。

 

9 タニノフランケル は好馬体が目立つ。

 

15 レイエンダ 良い馬。歩様も軽やかでキレそうな印象。

 

1 ギベオン は春の方が良く見えたが。

 

人気薄だと12 レイエスプランドル が良く見えたが流石に厳しいかな。3着に期待。

阪神競馬11R 仲秋ステークス ◎11 レッドアンシェル

阪神競馬11R 仲秋ステークス ◎11 レッドアンシェル

 

昨日は我ながらヒドイ予想をしてしまった。ダイアトニックが新馬で下したカンタービレが見事な勝利。18が強い馬なのかな。

 

今日は東西メインを少々。

 

阪神メインは11 レッドアンシェル。58キロを背負うものの馬体は目立つ。気合乗りもこれくらいなら。

 

人気薄でよく見えたのは 10 サフランハート。

 

単勝とワイドかなんかで。

 

阪神競馬11R ローズステークス パドック直前予想 ◎8 サトノワルキューレ

阪神競馬11R ローズステークス パドック直前予想 ◎8 サトノワルキューレ

 

プリモシーンのライバル達の争い。

 

穴馬を軸にしたかったが、 8 サトノワルキューレ 背中の柔らかみ十分で、とても良く見えた。パドックでは少し抜けて見えた。

 

対抗は難解。

 

9 アンコールプリュ 少し非力さも感じるが、外外を周回。好気配。

 

11 トーセンブレス 馬体のハリが良く見えた。

 

あとは14 ウラヌスチャーム も良さそう。

 

その他

5 サラキア

7 センテュリオ

など。

 

1番人気からだから絞らないと。。と思ってこれくらいに。