清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

パドック推奨馬をお届け。2014年6桁配当3回、推奨馬は6-7割くらいは好走します。春のG1では安田記念グランプリボス、宝塚記念カレンミロティックを推奨して高配をGETしています。twitterで更新情報お送ります。といいつつシルクホースクラブとノルマンディーに入会しました https://twitter.com/paddock_keiba

プリモシーンが桜花賞で好走するために、データから次走を考えてみる

プリモシーンが桜花賞で好走するために、データから次走を考えてみる

 

キングスヴァリューが負け、ダイアトニックも負け、
ハウキュートはひたすら可愛い、一口馬主ライフ実質初年度。

 

馬券ではフェブラリーステークスを盛大に外し、パチンコも出ない。

 

そんな夢はあるけど希望は持ちづらいしがない生活の中で、
プリモシーンがクラシック出走という、おとぎ話を叶えてくれようとしている。
しかし次走予定が出ず、ヤキモキした日々。

 

そこで桜花賞で勝ち負けするためには、次走何がベストか、過去のデータから勝手に検討するという深夜に無駄な時間を過ごしてみた。

 

■ 優勝するためには?

 

過去10年の優勝馬は下記の通り。

 

2017年 レーヌミノル フィリーズレビュー 2着
2016年 ジュエラー チューリップ賞 2着
2015年 レッツゴードンキ チューリップ賞 3着
2014年 ハープスター チューリップ賞 1着
2013年 アユサン チューリップ賞 3着
2012年 ジェンティルドンナ チューリップ賞 4着
2011年 マルセリーナ エルフィンS 1着
2010年 アパパネ チューリップ賞 2着
2009年 ブエナビスタ チューリップ賞 1着
2008年 レジネッタ フィリーズレビュー 3着

 

この通り7頭がチューリップ賞経由。しかも3着以内が望ましい。
他がフィリーズレビューで2,3着。

ぐぬぬ。優勝のためにはチューリップ賞フィリーズレビューでの好走がマストのように見える。
ただ桜花賞勝馬から見るチューリップ賞へのベストステップは阪神ジュベナイルフィリーズ
ジュエラーは混合戦のシンザン記念ぐぬぬぬぬ。

フィリーズレビューで好走する方が難易度は低いように感じるが、
遠征に加えて1400m。将来を考えてもベストとは言えないだろう。ぐぬぬぬぬぬぬ。

あとはエルフィンステークスで勝つこと。あ、終わってら。ぐぬぬぬぬぬぬぬぬ。

 

■ 2着を目指すには?

 

過去10年の2着馬は下記の通り。

 

2017年 リスグラシュー チューリップ賞 3着
2016年 シンハライト チューリップ賞 1着
2015年 クルミナル エルフィンS 1着
2014年 レッドリヴェール 阪神ジュベナイルフィリーズ 1着
2013年 レッドオーヴァル チューリップ賞 7着
2012年 ヴィルシーナ クイーンカップ 1着
2011年 ホエールキャプチャ クイーンカップ 1着
2010年 オウケンサクラ フラワーカップ 1着
2009年 レッドディザイア エルフィンS 1着
2008年 エフティマイア クイーンカップ6着

 

前後5年でガラッと変わっている。ここ最近がチューリップ賞が目立つのに対して、
それ以前はクイーンカップが目立つ。

その他ではレッドリヴェールは例外として、
エルフィンステークスが2頭。こちらも勝利が絶対条件。

ん?エルフィンステークスクイーンカップも終わってら。ぐぬぬぬぬぬぬぬ。

 

■ まとめ

* チューリップ賞が良さそう。
* フィリーズレビューでもまぁいい。でも将来にとって良いのか謎。
* ということでチューリップ賞に出て欲しい。
* でもチューリップ賞阪神JF組が好走しやすそうで厳しいそう。
* クイーンカップエルフィンステークスも終わってら。
* ということはやっぱりチューリップ賞に出て欲しい。
* アネモネステークスはダメ絶対。ハーレムラインも出てきたら強そうだし負けたら夢から醒める。
* 一口馬主は夢を見ている時間が長い方が楽しい。
* 桜花賞直行で歴史を変えることを夢見るのもまた一興。
* 何より無理なく無事に桜花賞に出走できるといいなぁ。

 

東京競馬11R フェブラリーステークス パドック直前予想 ◎10 テイエムジンソク

東京競馬11R  フェブラリーステークス パドック直前予想 ◎10 テイエムジンソク

 

10 テイエムジンソク 

ややテンションがきになるが、トモの柔らかみと毛艶の良さを感じた。

 

6 インカンテーション

踏み込み深く分かりやすく良さそう。ただパドックよく見えがちな馬ではあるのでテイエムジンソクを上位とした。

 

16 サンライズノヴァ

トモに厚みがあり、良い状態に見える。

差して届くだろうか?というところでテイエムジンソクを上にした。

 

14 ゴールドドリーム

テンションの高さとマイナス体重から本命にはしづらかった。強いかもしれないが、万全とは。。

 

15 ベストウォーリア

やや太くみえるが歩様は良いのでは?

 

1 ニシケンモノノフ

5 サウンドトゥルー

11 ロンドンタウン

などにも。

東京競馬10R パドック直前予想 ◎12 アドマイヤエイカン

東京競馬10R アメジストステークス パドック直前予想 ◎12 アドマイヤエイカン

 

12 アドマイヤエイカン

筋肉に柔らかみを感じた。まだ良くなる余地もありそうだが、ここでも。

 

2 テーオービクトリー

3 ショウナンマルシェ

5 プロディガルサン

馬単中心で。

 

 

東京競馬9R ヒヤシンスステークス パドック直前予想 ◎15 ダークリパルサー

難解。

 

15 ダークリパルサー 

馬体がよく見えた。適度な柔らかみにも好感。

 

13 スマハマ

目立つなぁという印象。

 

11 ワカミヤオウジ

マイル向くのでは?

 

やや手広くいくかー。

ダイアトニック 4着に敗れる!なんてこった!!

関西所属のダイアトニックが、東京にお越しになるという。

現3歳世代でもっとも期待の大きい馬。これは見に行かねばなるまいて!ということで東京競馬場へ。

 

口取りはハズレた!

 

安田調教師をはじめ、携わる皆様の戦前コメントからも込み上げてくる期待を抑えきれない。

 

パドックで初めてナマトニック。

テンションが高いのは良いとして、筋肉の引き締まった馬体を想像していたが、イメージとちょっと違う。

トモのあたりがまだ緩い印象で、毛艶もそこまで目立つ程ではない。

 

写真ではよく見えるのだが、メリハリに欠ける馬体という印象。毛ヅヤもくすんだ印象。

 

f:id:remsan:20180217202250j:image

 

f:id:remsan:20180217202319j:image

 

f:id:remsan:20180217202336j:image 

 

ちなみにパドックでよく見えるのは、アイスフィヨルドとテンワールドレイナ。

 

ハーレムラインは体つきは良いが冬毛が目立ち、フラットレーは綺麗でよく見えるが筋肉が硬く切れる脚はないのでは?という印象。

 

本馬場入場

 

f:id:remsan:20180217203227j:image

 

f:id:remsan:20180217203143j:image

 

f:id:remsan:20180217203155j:image

 

ついでにフラットレーとムーア騎手。

f:id:remsan:20180217203129j:image

 

不安を抱えながらも、ここは負けない!!と強い気持ちで馬券を買いレースへ!

 

好位につけ、新馬戦時のような不利もなく、直線へ。

やや外に持ち出し、ここから!!!という所から、、、、、

 

伸びてくるか!!!!!!!

 

ん、伸びないのか!!!!!!!??????

 

伸びねぇぇぇぇ!!!!!!!!!

 

 

伸びないことを受け入れられず永遠に感じられる直線。。

 

結果最後に交わされ4着。。

 

膝に力が、、入らない。。。

 

キングスヴァリューといい、ダイアトニックといい、2勝目の壁にぶつかっている。。

 

2着に入ったアイスフィヨルドはキングスヴァリューが一蹴した馬。

 

競馬は難しい。。

 

パドックからは、ダイアトニックはまだノビシロを感じたので今後に期待したい。

 

 

あーーーーーーーー負けたーーーーーーー。

 

 

 

東京競馬11R クイーンカップ パドック直線予想 ◎10 マウレア 東京10R的中!

東京10R予想完璧 !!

 

さて、プリモシーンのライバルになる馬達のクイーンカップ

 

10 マウレア

トモに弾力感を感じる。状態も良さそう。人気だが中心にするか。

 

12 レッドベルローズ

こちらはフェアリーステークス3着から。トモに厚みがあり、こちらも弾力性を感じる。厩務員さんに甘えているのは気になる。これからもっと良くなってきそう。

 

能力的にはこの2頭が抜けているんじゃないかなぁ。

2着までの馬券はこの2頭を中心に。

 

6 テトラドラクマ

プリモシーンと未勝利戦で激闘を演じたテトラドラクマは東京が向きそうとのことだが、前述の2頭の方が良くは見える。

 

13 ツヅミモン

シンザン記念でもパドックで目立った馬。今日も目立つ。

 

あとは 2 フィニフティ と 14 オハナ 5 ソシアルクラブ が気になる。

 

 

 

東京競馬10R 雲雀ステークス パドック直前予想 ◎13 ワントゥワン

13 ワントゥワン

毛艶がとてもよい。馬体もハリがあることに加えて、柔らかさと硬さがマッチしていそうな印象。期待したい。

 

11 レインボーフラッグ

トモの雰囲気と柔らかさが良い意味で気になる。可動域が広く筋肉がよく動く印象。

 

13 ワントゥワン から。

 

ノルマンディーオーナーズクラブからの素敵な贈り物 ハウキュートのゼッケンが!!

ノルマンディーオーナーズクラブからの素敵な贈り物 ハウキュートのゼッケンが!!

 

先日、おもむろに郵便ポストをあけると、ノルマンディーオーナーズクラブからの不在票が。

 

なんだろう??郵便で送れないものとは??ニューシングルでも出したんかな?

 

と思ったが、が、が!!ここでワタクシ、ピンと来た!

 

ハウキュートのゼッケンが貰えるのかも!?!?

 

インターネットですかさず調べたところ、どうやら命名者が貰えるようだ。

 

こりゃタマラン!!

 

翌日無事到着。

 

やや汚れ、毛の付いたゼッケンからはハウキュートちゃんの頑張りが伝わってくるよう。

 

早速サイズを調べて、適当な額に収め、飾ることにした。

 

命名だけでも嬉しいのに、こんな素敵な贈り物まで!ノルマンディーに入ってよかった!ありがとうございます!

出資者の皆様にも感謝しても仕切れない。

 

この恩に応えたくなるのが漢というもの。

打ち止めのつもりだったが、3次募集で良い馬がいたらいってしまうかも。。

 

ハウキュートには、是非何勝かしてもらって、1枚でも多くのゼッケンを届けてもらうことを願ってやまない。

 

その方が1人でも多くの方の記憶に残るから。

 

f:id:remsan:20180205224959j:image

 

これが届いたと思うと感動もひとしお。

 

f:id:remsan:20180205225734j:image

 

 

 

 

 

 

 

キングスヴァリュー よもやここまで負けるとは。。ゆりかもめ賞10着!!!!なってこった!!が、見えてきたかもしれない筋肉の質とかいうやつ。

キングスヴァリュー よもやここまで負けるとは。。ゆりかもめ賞10着!!!!なってこった!!が、見えてきたかもしれない筋肉の質とかいうやつ。

 

キングスヴァリュー ここを勝てばまだまだ、というところで迎えたゆりかもめ賞ルメール騎手騎乗停止とはいえ、シルク3頭では1番期待されている?とか、東京向き??とか、急遽出走で勝負気配???とかとか、

全てを自分の都合良く解釈し、希望溢れる日になることを祈って東京競馬場へ。

 

出資を悩んだブラストワンピースとの対戦というのも、絶対に勝ってほしいという気持ちに拍車をかける。

 

待ちに待ったパドック!!

 

しかーし。である。好馬体ではあるものの実はパドックではよく見えない。。良いところを探そうとするも硬さばかりが目立つ。とはいえここは能力でなんとか!!

 

他馬と比較してみる。するとやや絶望的な差を感じてしまう。

圧倒的に良く見えるのはブラストワンピース。そしてロジティナ。

 

キングスヴァリューは繋ぎが硬いと思っていたのだが、このクラスで他馬と比較して気づいた。

これはどうやら筋肉が硬い。岡田総帥が言っていた筋肉の質、というものか?

 

トモの廻りを注意深く見ると、特に後ろからよく分かる気がした。

 

キングスヴァリューは筋肉があまり動かない。一方でブラストワンピースは本当によく動く。

関節の柔らかさというよりも、筋肉が柔らかく動くように感じるのだ。

 

そして筋肉が伸びてからの収縮力。ブラストワンピースはこれがまだ弱く感じる。水っぽいというか、なんというか。

これは鍛えていったらさらに良くなるんじゃないか?と思わせられる。

 

馬券は、、、

キングスヴァリューの単勝をガッツリ!!

 

パドックなんかで馬が分かるか!!と武豊騎手も言っていた!

 

この不安を蹴散らしてくれ!!

頑張れキングスヴァリュー!!

 

 

f:id:remsan:20180204180101j:image

 f:id:remsan:20180204180202j:image

 

f:id:remsan:20180204180140j:image

 

f:id:remsan:20180204180217j:image

 

返し馬にて。キングスヴァリューの足が早すぎて見きれちゃう、という冗談を話しながら撮影。

 f:id:remsan:20180204180552j:image

 

そしてレースへ。

 

前目につけて3コーナーすぎから脚を使うかと思いきや後ろは団子状態に。。これはマズイ。。

 

そして直線。

 

脚色が全くブラストワンピースにカチ割られズルズルと後退。

 

レース後はショックのあまりもう何着だったかはわからなかった。。

しばし呆然と、ハズレ馬券を握り潰す。

 

さらに数分間、あたりをフラフラ歩きながら、ハズレ馬券をさらに強く握りしめ、紙グズにする。

 

そのまま帰ろうかと思ったが、ブラストワンピースの圧勝を見て、この筋肉の感覚 を忘れないうちに、と東京新聞杯をやることを決意。

 

結果、この柔らかさを感じた、サトノアレスで少し取り戻せたのはせめてもの救い。

キングスヴァリューと同じキンカメ産駒でもよく見えたダイワギャグニーは柔らかい筋肉に見えた。

一方でカデナは物凄く硬く感じて、ディープ産駒とは思えなかった。

 

これに気づいたワタクシ、もう馬券も一口も芝なら相馬眼養われたのでは??と思ったが、

家に帰り改めてキングスヴァリューの募集動画を見てみても、この筋肉の雰囲気はわからない。。

 

たまたまなのかなぁ。。。

 

とはいえ、この考えるキッカケをくれた、キングスヴァリューとブラストワンピースに最大の感謝!!

 

くそーーーーーー!!!

 

 

東京競馬11R 東京新聞杯 パドック直前予想 ◎3 サトノアレス

キングスヴァリューの敗戦で何かを掴んだかもしれない。

 

3 サトノアレス 

4 ディバインコード

10 ダノンプラチナ

15 ダイワギャグニー

あたりがよく見えた。

 

特に3 サトノアレス は好気配。

 

あとは牝馬と 9 ハクサンルドルフを抑えに。

 

 

13 カデナ はディープ産駒だが、筋肉が硬そうに見える。これがキングスヴァリューから学んだこと。一見パドックよく見えて金杯では勝ってしまったがここは切る。

 

f:id:remsan:20180204152756j:image

命名馬 ハウキュート 新馬戦7着!

ノルマンディーの洗礼を覚悟しながら東京競馬場へ。

あまりにも寒い。。

 

ゼッケンを見るだけで感動。本当にありがとうございます。

 

馬体はまだ筋肉が付いていない印象。健闘を祈りつつレースへ。

 

スタート後中団につけるも、後方からの追走。

これは洗礼か。。と覚悟したがスルスル中団まで戻して直線へ。

 

残り400あたりでは、3着あるか!?と夢を見たが、残り200で手応え一杯。

 

内の馬との激闘を制して7着でフィニッシュ!!ナイスガッツ、ハウキュート!

ほどよく見せ場もあり、よく頑張ってくれたと思う。

 

まずは怪我のないことを祈りつつ、次走に期待したい。

 

 

f:id:remsan:20180127114135j:image

 

f:id:remsan:20180127114158j:image

 

f:id:remsan:20180127114229j:image

 

f:id:remsan:20180127114253j:image

 

f:id:remsan:20180127114319j:image

 

f:id:remsan:20180127114339j:image

 

f:id:remsan:20180127114418j:image

 

f:id:remsan:20180127114438j:image

 

 

ノルマンディーオーナーズクラブ2時募集 ファシネイトの16 当選!!

ノルマンディーオーナーズクラブ2時募集 ファシネイトの16 当選!!

 

昨日のこと。例によって当選発表の日はいつもと違う朝を感じる。

 

吐く息が白いのは、寒さのせいか、それとも私の緊張感のせいか。
いや、どうやらIQOSのせいのようだ。

 

ミントの香りを忍ばせながら、立派な社畜として15分遅れで出社し、定位置の窓際に陣取る。


BGMは欅坂の「不協和音」
歌詞に自分をダブらせながら、インターネットサーフィンに繰り出す。
珍しく入ったスケジュールはIQOS休憩で遅れた。

 

でもそんなことは気にしない。僕には僕の正義がある。
ですよね、てちさん。

 

最近ではインターネットサーフィン中に、競馬情報を確認することも板についてきた。
昔はコソコソしていたが、この不協和音のお陰で堂々と馬のサイトを見られるようになったのだ。

サラリーマンが仕事中に競馬情報を見てはいけないなんて…僕は嫌だ!
ですよね、てちさん。

 

昨日のターゲットはノルマンディーのサイト。
当然気になることは2次募集の当選発表。繰り返しサイトにアクセスする。

 

そして昼過ぎ頃…

 

ファシネイトの16 の名前がマイページに!!!
ありがとう!てちさん!!

 

抽選はそこまで激戦ではなかったと思うが、とても嬉しい。
それにしてもノルマンディーの口数調整は、より多くの出資希望者が喜びを感じられる、という点でとても優れたシステムだと思う。
ありがとう!!てちさん!!!

 

ファシネイトの16、前の造りは非常に気になるものの、動画で後駆にバネを感じたことが最終的に出資の決め手となった馬。
府中牝馬ステークスディアデラマドレパドックで見た時に感じた印象と似ていた、というのは良く言い過ぎか。

 

既出資馬ともどもファシネイトの16の成長を見守っていくことがとても楽しみで仕方がない。
いつか無事に競馬場で出会えることを祈りつつ、そっとノルマンディーのサイトを閉じ、僕はあてのない業務に戻ったのである。

 

キングスヴァリュー6着 船橋ビジホで失意の夜に ファシネイトの16に申し込んでいたでござるの巻

キングスヴァリューが期待のダートで6着と敗れ失意の夜。明けて翌日プリモシーンが最高の喜びをくれるとはまだ知るよしもない頃、船橋のビジネスホテルで酔った勢いもあり、ファシネイトの16に申し込みを行なった。

キリーンガールの16と悩みに悩んだが、酔った勢いでいくなら、やはり牡馬より牝馬...

 

というわけではなく、やはり動画と画像のバランスが良く見え、そしてキングスヴァリューから感じた後述の印象から、ファシネイトの16を優先することにした。

 

私の勝手分析によると、キングスヴァリューは、足元と血統からダートでこそ!と思ってはいたのだが、馬体は芝(特に腰回り)が向いていそうにも見え、悪く言えばどっちつかずの部分が、現時点では裏目に出てしまったような気がする。ダートでも現時点で1勝はできていたと思うが。

 

キリーンガールの16もどちらで走っても不思議ではないが、どちらつかず、とも言えるような気がした。

 

その点、ファシネイトの16は芝でこそと言える(ような気がする)。少なくとも芝で、バネに期待を持って出資したと明確に言える。

 

キリーンガールの16は個人的にロマン度はより高く、欲している牡馬であるが、1頭、となるとより良いと思えたファシネイトの16に軍配が上がった次第である。

 

f:id:remsan:20180109232607j:image

f:id:remsan:20180109232755j:image

 

寝繋ぎで腕が立っている点とトモ高過ぎる点は気になるが、見所も多いんじゃないだろうか!

 

抽選になるかもしれないが通りますように。。

 

ハウキュート、パリージョの16に続き、ノルマンディーオーナーズクラブ、3頭目の出資馬となりますように。。