清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

パドック推奨馬をお届け。2014年6桁配当3回、推奨馬は6-7割くらいは好走します。春のG1では安田記念グランプリボス、宝塚記念カレンミロティックを推奨して高配をGETしています。twitterで更新情報お送ります。といいつつシルクホースクラブとノルマンディーに入会しました https://twitter.com/paddock_keiba

買えたけど買わなかった馬グランプリ ノルマンディーオーナーズクラブ編

買えたけど買わなかった馬グランプリ ノルマンディーオーナーズクラブ編

 

緩い抽選 or 1次満口にならなかった馬で状況によっては出資していた可能性の高い馬のリストをまとめておく。

逃した魚は大きいのか!?それとも下唇を噛み締めながら見逃して正解なのか!?

 

ノルマンディーオーナーズクラブ。買えたけど買わなかった馬グランプリをまとめておきたい。

 

ソルパシオン、ラヴィヴリランテの出資2頭といざ勝負!の馬達は以下の5頭!

斜字は募集当時の小生評価

 

レゴリス ソラコマチの16 

 

馬体 3

脚元はクッキリしているが、トモがやや乏しい印象。ゴールドアリュールの牡が欲しかったが。。

 

占いは 4。

 

今募集されてたら申し込みしそうだ。。本当に良いと思った馬だけに申し込みたい、と自らを律するためにお見送りとなった。

 

レイヴンキング タニノローゼの16

馬体 2

馬体は一見悪くないが、前後のバランスがやや気になる。トモの動きから関節もやや硬く見える。

 

占いは 5で最高。

馬体で気になるところがあったためお見送りと判断した。

 

カグラヒメ カグラの16

馬体 3

バランスはとても良く、夢を見られそう!と思い公開時は第一候補だったが。どうもトモが薄すぎに見える。無事に成長してくれれば…

 

占いも3とそこそこ。マンカフェが好きだったこともあり、最終候補にも残ったが、トモという比較的分かりやすい所が気になっているだけに、走らなかった時に「やっぱりな」よりも「何故出資した?」と自分に癇癪を起こしそうなので候補から外した。

 

サゼラック キリーンガールの16

馬体 3.5

トモの大きさが目立つ。馬格もあり、まとまって見える。繋の短さが気になるが、コメントの通りタニノギムレットに似ていると思えばそれもプラスに見える。

動画はやや鈍重で皮膚も少し厚そうに見える点がマイナス。

自信をもってとはいえないがこれから鍛えていけば、好馬体になりそうで、あるいは・・・とも思える。

サンデーが入っていれば迷わず行きたくはあるのだが。。

 

占いは2と低評価。

 

ラヴィブリランテと死ぬほど悩んだが、ラヴィブリランテを上位とみて見送り。

 

クイックメールの16

馬体 4

これは好馬体に見える。動画も繋の返しが軽やかで印象的。距離も融通が利くのではないか?

 

占いは2。ラヴィヴリランテに申し込みを行っていなかったら間違いなくいっていた。刻々と残口が減っていくのを耐え忍んでお見送り。

 

 

シルク優先でやっているため、現時点でノルマンディーの出資頭数がシルクを上回ることは避けたいと考えている。

そのため、より真剣に絞って絞って出資馬を選んだため、非常に苦しかった。

検討に費やした時間を考えると全頭申し込みを行った方が合理的なのでは?と思うくらい悩みに悩んだ。

 

来年の今頃、逃したぁぁぁ!となっているかもしれないが、それはそれでまた一興。

むしろ現3歳馬の絶望的な不振を見るに、出資馬に限らずクラブ全体の活躍をぜひ期待したい。

 

本気で。。

買えたけど買わなかった馬グランプリ シルクホースクラブ編

買えたけど買わなかった馬グランプリ シルクホースクラブ

 

明日はオークス。残念ながらプリモシーンは出ない。

そういうわけで、ゴルフに行く。

さながら負けた後の甲子園は見る気が起きない高校球児のようである。

馬券は買う。アーモンドアイから。

 

さて、シルクホースクラブ2017年度募集(2016年産)馬のうち、緩い抽選 or 1次満口にならなかった馬で、状況によっては出資していた可能性の高い馬のリストをまとめておく。

今年は1次募集で4頭取れたことで、1次で残った馬はスルーした結果、ウルトラブレンドの16が募集中止になり、もはやそのタイミングでは満口になっていた馬が多かった。

 

逃した魚は大きいのか!?それとも下唇を噛み締めながら見逃して正解なのか!?

 

買えたけど買わなかった馬グランプリ 序章 で書いた通り、2015年産はアーモンドアイとブラストワンピースがいたが、2016年産はどうだろうか。

 

パラダイスリーフ、パロネラ、リアオリヴィアの出資3頭といざ勝負!といったところの馬達は以下の8頭!

 

セリユーズ ミュージカルロマンスの16 

 

馬体 2

左後一白。最近覚えたので使いたいだけ。全体のバランス、特に背中の雰囲気が好きじゃない。

 

占いも 2。ただディープ牝馬ということで1次の結果次第では考えていた。

が、同じくディープ牝馬のリアオリヴィアが取れたため、見送り。

 

ロジャーズクライ ロジャーズスーの16

馬体 3

動画の歩様は特に前脚にアンバランスさを感じたが、全体的にまとまっているのでは。

 

占いは 1で最悪。

 

牡馬ということと初のハーツクライということで挑戦してもいいかもと思っていた。

が、1次が想定以上に取れたため、やりすぎはいかん見送り。

 

ユナカイト フサイチパンドラの16

馬体 3

よくまとまっているのでは?様子見したい馬。ただ出資するならアーモンドアイだったと思う。でも占い1位かぁ。

 

占いはシルクで最高と出ていた。馬体も高評価。

ただ1次が想定以上に取れたことと、2匹目のドジョウ狙いはいかんと自制の見送り。

とはいえ、リアオリヴィア パロネラ どちらか取れていなかったら100%いっていた。

ちなみに小生がシルクホースクラブを紹介した一口馬主1年目の知人が出資。

紹介した手前、この8頭の中でも特に活躍を祈っている1頭。

 

 

スイートセント ヒカルアマランサスの16

 

馬体 3

歩様は気になるものの、全体的にまとまっている気がする。ただ抜きん出たものは感じないが価格を考えたら検討できる水準では?

 

占いも4と高評価。

ただワークフォース。。ここを嫌って見送り。

 

オーシャンスケイプ  ドリームスケイプの16

馬体 4

今後成長して欲しいが、良いと思う。柔らかみがありつつ、腱の強さも感じる。

 

占いは2と低評価。ブラックタイド牝馬ということで購入までは決意できず。

 

サラミス  サロミナの16

f:id:remsan:20180519210542p:plain

馬体 2

サラキアは昨年抽選漏れ。ただこちらはあまりよく見えない。パワーのベクトルが前へと伝わりづらそうな印象。

 

占いは5と出ていて悩んだが、価格もあり。。馬体が微妙と思っている限り、20万は出せない。パラダイスリーフでディープ牡馬にも初出資できたこともあり、必殺、貧乏人にはやりすぎはいかん見送りを繰り出した。

ただキャンセル募集祭りに参加したことはナイショ。

 

パイロテクニクス ショウナンハトバの16

馬体 3

好馬体で成長もしそう。ただちょっと特徴がないというか。是が非でも出資したいという程では・・・。

 

占いも4で悩んだが ウルトラブレンド の16の変わりはいない!ということで男気見送り。

 

 

フロントライン コールドフロントの16

馬体 3

トモの容量も大きく、わかりやすいガッチリとした好馬体。前脚の出は気になるがトモの踏み込みは非常に良い。体高がもう少しあればとも思う。陰と陽が同居している感じ。

狙いもダート短距離と明確で、応援に行きやすい関東馬。おもしろくはあり悩むが・・・。

 

占いは3。こちらもウルトラブレンド の16の変わりはいない!ということで男気見送り。

 

以下の2頭は占いはよかったが、馬体がダメと思って信念の見送り。こちらはほぼ悩んでいないので、さらっと名前だけ。

 

ヴァルドワーズ ウィストラムの16

 

ステリーナ リングレットの16

 

おやおや、ステリーナまだ買えるのか。。しかも2万。。むむむ。いや、我慢我慢。。

 

来年の今頃、逃したぁぁぁ!となっているかもしれないが、それはそれでまた一興。

 

出資馬とともにこれらの馬にも注目と応援をしていこうと思う。

買えたけど買わなかった馬グランプリ 序章 ~2015年産のシルクホースクラブ編とテレビでのAD時代を思い出したらテレ朝にムカついてきた編~

小生は窓際リーマン。いつクビにされてもおかしくない。

 

だが誇り高き窓際リーマンとして決めていることがある。それはいつ何時クビを言い渡されても、笑顔で受け入れること。

そしてできるだけそうならないように、給料には文句を言わないこと。

 

これを10数年の間、頑なに守ってきた。

 

□ 誇り高きリーマンとして生きるための強さを身につけたAD時代 

 

この掟は、10年以上前、テレビのAD時代(在籍半年)に制作会社出身のディレクターにブチ切れて携帯電話の電源を切り、そのままテレ朝を脱出してニートになった時に決めた。

会社様は給料と社会保険を出してくれるだけでありがたい存在です。

 

だがテレビ局で制作会社経由で働くこと。そこに救いはほとんどない。

小生の場合は、テレ朝への未清算の立て替え払いが、30万円くらいある。

収録準備のために、深夜の六本木のドンキホーテで、タクシーで3往復して買い込んだ備品代などである。

 

ドロンした後に電源を4日ぶりに入れてしまった事で最後に挨拶に行った時に、「清算はもういいよな」となってしまったのだ。

言っても在籍期間は3-4ヶ月のため、立て替え口座が未登録なままとっととドロンしため申請もできなかったのだ。

 

そして制作会社の上司に連れられ、晴れ晴れとした表情で最後の挨拶に行った時のこと。

あまりにもすっきりした表情だったことがテレ朝のお偉いプロデューサー様の癪に障ったのか「君は負けたんだよ」と言われた。何をいわんや、と何も感じず、そうすか?と返した自身を誇りに思う。

そんな事を言っていたプロデューサー様も10年以上たった今、当時の期待ほど活躍できていないようである。噂を信じるとすると、制作会社からのキックバックで甘い汁吸ったら向上心もなくなるのだろう。

「君は負けたんだよ」に加えて「勝ち試合だったのにな!」というノシをつけて謹んでお返ししたい。

 

それにしても20時間/日 休みなく働いて、給料は18万で保険なし。痔になっても、病院にもいけやしない。制作会社との契約書もなかった。格差社会の縮図がそこにはあった。

小生は就職活動を忘れ、なんとなくで入ってしまったことで、ドロンする事に躊躇はなかったが、テレビが好きで、夢を追って下唇を噛みながらしがみついている若者もいるだろう。若者の夢を食いつぶす世界は虫酸が走る。

 

加えてADADでしょうもない方々も沢山見た。底辺であるにも関わらず、テレビ局にいる、芸能人がすぐ近くにいる、ということで勘違いをする諸先輩方も多かったのである。

虎の威をかるなんとやら。底辺のくせに取材対象や後輩に偉そうにすることは大変恥ずかしいことである。

 

結局、ドロンのきっかけとなったディレクターは、小生以前もADを何名も飛ばしていて、次のADも飛んでしまい、結局クビになったそうである。次についたADは真面目で夢を持ったヤツだった。最後に「死んでお詫びします」と言い残して去ったそうである。(無事だったことも添えさせていただく)

そして所属していた制作会社の良くしてくれた上司も程なくして制作会社をやめたと聞いた。

結局登場人物全員敗者か。

 

ただ優秀な人、良い人ももちろんいて、その方々の仕事のスタンスは今でも役に立っている事は補足させていただく。

 

□ そういえばその後の選択を誤まらなかったナイスな決断もあった

 

ドロン後のニート時代にADの先輩から謎な社長を紹介され会社の立ち上げと出資を誘われたのだが、嫌な予感がして見送ったこともあった。

結局その立ち上げられた会社は数年後社長、従業員もろとも逮捕されていた。

フゥ~~~~。危機一髪。

 

見切りを早くすること、嫌な予感には従うこと、この勝負事の基本でもある、この2つの決断が正解だったことは、その後の人生にとって非常に有益であった。

 

□ 話がだいぶそれたが、ここからが本題

 

そんな底辺(AD)⇨瀬戸際(詐欺会社見送り)をいう経験を経て、窓際リーマンに大出世した小生であるから、調子にのるのは危険と一口馬主を始める際にもルールを決めた。

それは本当に欲しい馬のみに出資することである。手前味噌ではあるが、今の所ある程度守れているように思う。

 

これは良いことか悪いことか。時に良いことでもあり悪いことでもある。

ということでこの掟を作ってよかったのか、2015年産のシルク募集馬を振り返ってみたい。締めて4頭。

 

当時は実質初年度ということもあり、抽選などの勝手がわからなかったこともあるが、錚々たる面子も含まれている。

悩んでいた時期の写真とともに振り返ってみたい。

 

思えばテレ朝への立て替え分で全頭買えたな~。。

 

アーモンドアイ

抽選だったので詮無きではあるが、当選率は5割強。買えたけど買わなかったの趣旨にギリギリマッチするだろう。

好きだったフサイチパンドラであること、馬体もよく見えたことからも悩んだことは悩んだ。

が、当時は目指せ1勝だったため、新種牡馬ロードカナロアであることと、フサイチパンドラの繁殖能力に疑問を持ったことがお見送りの決め手。

 

自身の出資馬がその世代の一番馬であって欲しいというのは誰しもの願いだろう。小生は同じ時期に勝ち上がったアーモンドアイに対して、出資叶ったプリモシーンにそれを抱いた。

プリモシーンのフェアリーステークス勝利に湧いた翌日、これまでの人生の流れからアーモンドアイが勝つことを予感。そしてその予想通り圧巻の勝利。

桜花賞も持っていくと思いましたよ。

 

出資者の皆様おめでとうございます!

 

 

ブラストワンピース

この馬はずーーーーっと気になってはいたが、最後の決め手に欠けたこと、ダイアトニックのキャンセル募集を信じて見送った結果、毎日杯を勝ち、ダービーへの出走を予定している。

ハービンジャー初年度産駒のベルーフのゴムまりのような馬体に惚れて以降、ハービンジャーには注目していたにも関わらず、なんてこった。

ダノンミレミアムも一頓挫あり、小生の人生の流れからもダービーを制覇しても何も驚かない。

ゆりかもめ賞でのパドックは圧巻だったし、出資馬のキングスヴァリューに至っては弾き飛ばされるという憂き目にあった。

ハービンジャー産駒ということもあり、息の長い活躍も期待できる。

 

出資者の皆様おめでとうございます!

 

 

ヴィグラスファイア 殿

募集段階で胸前の発達した筋肉に惚れ込んだ。毎夜毎夜、満口になるまで自身と戦っていた。壮絶な戦いだった。。満口になるまでは過呼吸になりそうであった。

この馬はキューグレーダーを尻目に早期デビューを果たし、2着。当時まだ未勝利であった小生は、なぜ戦ってしまったのか!?と地団駄を踏んだものである。

勝利は20182月まで待つことになり、現在は軽度の骨折もしてしまった模様。

とはいえコツコツ稼ぎそうで、出資金の回収は高い確率でできるだろう。

 

心から今後の健闘をお祈りしています。

 

グロンフォール 殿

大きすぎる馬体を嫌って見送り。事あるごとにハーツクライの牡馬がこの価格で!?お買い得では!?と悩んだが、薄目で見る程度に留め見送り。

新馬1.8秒差の圧勝は圧巻だった。

大差圧勝とダート戦勝利いうのが小生の一口馬主次なる目標に含まれている。が、もし出資していればデビュー戦でそれを叶えてくれていた馬であった。

 

心から今後の健闘をお祈りしています。

 

カラレイア ちゃん

f:id:remsan:20180515091303j:image

アーモンドアイの母フサイチパンドラと同じく母ベッラレイアも好きだった馬。これも申し込み寸前までいった。が!首の細さがどうしてもアンバランスに見えて、また繋が気になりすんでのところで見送った。記憶が確かならば、平田調教師がこの馬でオークスへ、的なインタビューを会報で読んだあたりが、ガマンのハイライトであった。

デビュー戦11着後骨折療養中。調教も進んでいるようだし、まずは1勝を目指して頑張って欲しい!

 

オルボンディール ちゃん

f:id:remsan:20180515092347j:image

純粋に馬体が気になりずっと出資を悩んでいた。年が明けて、育成牧場の方がオススメされていたあたりで、申し込みたくて気が狂いそうになった。結局、ステイゴールド牝馬であること、適性が分かりづらかったことを嫌ってガマン。

現在3戦して未勝利。毛色といい、適性の掴めなさといい、なんとなくモーリーファに通ずるものを感じるので、勝ち上がって欲しい!

 

 

改めて思うとアーモンドアイ様は抽選でもある上に、票読みも良くわからなかったことから止むをえないとして、

ブラストワンピース様の見送りは痛恨であった。

 

シルクホースクラブの会員皆々様にとっても同じ気持ちの方もいらっしゃるのではないだろうか。

とはいえこれも一口馬主人生。

いつか手頃な価格でダービーに出走できる馬を持ちたいものである。

 

そしてこの4頭は、これから馬券で稼がせてくれることを祈ってやまない。

 

次回、2016年産の買えたけど買わなかったグランプリをお送りしたいと思う。

シルク&ノルマンディー 現2歳世代の陣容固まる 全5頭 締めて397,000円也

シルク第2回追加募集のラフィントレイルの16はハズレ。

ノルマンディーの4次募集が残っているものの、現2歳世代の陣容が固まったのでまとめておきたい。

牡馬2牝馬3頭、シルク3頭 ノルマンディー2頭、ディープインパクト2頭、ロードカナロア1頭、ディープブリランテ1頭、トーセンラー1頭という結果となった。

 

できれば牡馬がもう一頭欲しかったが仕方あるまい。かえすがえすもウルトラブレンド16のトラブルが残念である。

 

3歳世代と比較して不確定要素も大きく、特にシルクはできれば嫌っていた初仔、遅生まれ、のラインナップとなった。

 

末長く関係が続くことをまず第一に、できればシビれるようなレースに小生を連れて行って欲しい。。。

 

シルクホースクラブ 3

 

昨年は目指せ1勝でプリモシーン、キューグレーダー、キングスヴァリュー、ダイアトニックの4頭に出資。

結果全頭勝ち上がり、重賞も制覇、G1でも掲示板と望外の結果を残してくれている。

今年も勝ち上がりはもちろん、期待せざるには得ない3頭。とはいえ全馬昨年以上に不安もあり、緊張の日々が続く。

 

 

パラダイスリーフ シルキーラグーン16

 

極端な遅生まれを心配していたが、筋肉の質と動きがよく見えたこと、そして占いも絶好、さらに価格もディープインパクト産駒にしてはなんとか、ということで緩い抽選を経て出資。

2月頃から15-15をやっているものの、そこからペースは上がっていない。馬体重や体質など気遣われているのだろうか。

良い成長を遂げているとは思うものの、確かに馬体もまだまだ非力に見える。

まだ焦る時間ではないとはいえ不安も大きい。

 

 

現在のポジティブトピックス

 

継続的に15-15を乗り込まれている。

 

 

現在のネガティブトピックス

 

デビューからの活躍は期待されていなそう。クラシックは間に合わないかも。

馬体重が460キロ。まだ余裕がありそうなのでレースでは450を切ってしまう可能性も?

まだ非力な印象。

 

当時の診断

 

占い 5  4

 

・占いおじさんの御言葉

ゼーヴィントの全弟。いきなりクラシック候補出ちゃったわ。やばいな、こいつ。

 

・馬体

写真よりは動画の方がよく見える。左後脚の出は気になるが、可動域は広そうで悪くない気がする。

 

募集時

f:id:remsan:20180513200247p:plain

 

 

最新

 

 

パロネラ モシーンの16

 

馬体は相当によく見えたが、52日と遅生まれも相まって募集時は300キロ台も現在は470キロまで成長。相変わらずの好馬体で良い形で成長しているように感じる。

菅囲の細さも特に気になっていたが、現在はどれくらいまで成長しているかは知る由もない。募集時は、緩い抽選を経て当選!

プリモシーンに続きモシーン2世代連続出資なことも嬉しい。

姉に負けない(負けないとなると相当だが。。)活躍をうすぼんやりと期待したい。

 

現在のポジティブトピックス

 

馬体が引き続き好印象

馬体重は470キロまで成長

姉(プリモシーン)が重賞制覇。母の繁殖能力も高そう

 

現在のネガティブトピックス

 

菅囲がどうなったのか不安(占いで出ていた怪我リスクが心配)

入厩がまだ見えていない

 

当時の診断

 

占い 3  馬体 5

 

・占いおじさんの御言葉

おすすめ馬達の次点グループだが3歳で怪我の可能性あり。

 

・馬体

上のプリモシーンに出資中。まだ小柄だがこちらの方がよく見える。非力さも感じるが歩様含めてとてもよく見える。        

 

募集時

 

最新

 

 

リアオリヴィア リアアントニアの16

 

激戦をくぐり抜け出資確定!トモの薄さと初仔なのは気がかりだったが、角居厩舎ということもあり個人的には欲しい馬の1頭だったので非常に嬉しかった。

育成牧場での評価に加えて、POG本でも注目されており、期待は高まる。占いがダメなのはきになるが、思えばプリモシーンもダメだった。

オークス出走を期待したくなってしまうが、馬体だけ見るとまだまだな印象。募集当初に感じた見た目を上回る潜在能力の高さを期待したい。

 

現在のポジティブトピックス

 

評判が良さそう

5月入厩予定

 

現在のネガティブトピックス

 

背中の筋肉が疲れやすい

同時期のプリモシーンと比べると馬体のメリハリに欠け、トモもやはり薄い

 

 

当時の診断

 

占い 2  馬体 5

 

・占いおじさんの御言葉

ダメ

 

・馬体

これは良いのでは?調教動画を早く見たい。しなやかさを感じる。

 

募集時

f:id:remsan:20180513200819p:plain

最新

 

ノルマンディーオーナーズクラブ 2

 

募集価格以上の活躍を期待して始めたクラブ。昨年募集最終盤にハウキュートに出資して入会。

命名を目標に狙ってハウキュートに出資にしたので昨年の目標は達成!今年は勝ち上がりと出資以上の回収を目標に頑張って欲しい2頭。

ある程度出資できるのと馬体のみで決めているので相馬眼が鍛えられそうで楽しんでいる。

 

ソルパシオン パリージョの16

 

熟慮に熟慮を重ねたノルマンディー1次募集からソルパシオンのみに応募。緩い抽選を経て出資確定。

順調に進んでおり、来週の調教次第では入厩が見えてくるとのこと。

育成牧場の評判も良さそうで、馬体も順調に成長しており、期待は高まるばかい(現時点では...あくまで現時点では...

まずは夏競馬でデビュー、年内に勝ち上がりをしてくれたら嬉しい。

 

現在のポジティブトピックス

 

北海道脱出ノルマンディー1番乗り

バネを評価されるコメント

距離もマイルよりも持ちそう

 

現在のネガティブトピックス

 

調教はまだ18秒ペース(ペースをあげてどうか)

動画を見るに、まだトモが非力に見える

トーセンラーどうなんだろう

 

 

当時の診断

 

占い 3  4

 

・占いおじさんの御言葉

1歳時に病気や怪我がなければ6歳まで活躍できるも、調教師が運気最悪。

 

・馬体

腕のつき方がやや気になる。それが動画にも繋がっている気がするが。。シルエットはとても良いのでは?賭けてみたくなる印象。

 

募集時

åç

 

最新

åç

 

 

ラヴィブリランテ ファシネイトの16

 

サゼラック(キリーンガールの16)と狂いそうなほど悩んで出資。結果、動画から感じたバネの効いた歩様が忘れられず、

酔っ払った勢いもあり申し込み。結果緩い抽選を突破。

申し込み翌日にプリモシーンがフェアリーステークスを制したくれたこともあり、印象はとても良い。

体高がまだ伸びておらず、脚のバランスは微妙に見えるが、馬体自体は順調に見える。

 

 

現在のポジティブトピックス

 

順調に成長している印象

 

現在のネガティブトピックス

 

距離は持たないように見える

12月の募集から10キロ程度しか増えていない

 

 

当時の診断

 

占い 2 馬体 3.5

 

・占い

3歳、5歳で病気か怪我のリスクあり。

 

・馬体

バランスの取れた好馬体。皮膚が薄そうと思ったらそういったコメントもあり好印象。動画は後脚を上に蹴る感じからバネも感じでまたまた好印象。

前脚が寝繋気味なのと肘の付き方が気になると言えば気になる。。

シルクでリアアントニアとモシーンを取れているため牝馬の優先度が低いことも悩みに拍車をかける。。

 

募集時

åç

 

現在

åç

 

 

出資金額は締めて397,000円となった(ポイント&割引考慮せず)。昨年が345,000円だったので微増ということになった。ううむ。。。大金。。。

 

出資意欲は昨年以上だったが、ウルトラブレンド16のアクシデントと追加募集の抽選漏れによりこれくらいに落ち着いた。

 

全馬とにかく無事に、一つ一つ課題をクリアして、競馬場で会える日を楽しみに待とうと思う。

 

東京競馬11R ヴィクトリアマイル パドック直前予想 ◎6 レッドアヴァンセ

東京競馬11R ヴィクトリアマイル パドック直前予想 ◎6 レッドアヴァンセ

 

よく見えたのは以下の7頭。

 

5 レーヌミノル

いつもよく見えるが、こういう馬は一応追っておきたい。好きな馬体。

 

6 レッドアヴァンセ

トモの踏み込みよく、とても好調に見える。

 

9 ソウルスターリング

舌を出しているのは気になる。が馬体には雰囲気があるというか、走りそうなオーラを感じる。キタサンブラック的な。。

 

10 アエロリット

ややテンション気になるが、ボリューム感があり好印象。プリモシーン翌週の戸崎騎手は注意。

 

11 アドマイヤリード

430キロとは思えない。無駄なものが削ぎ落とされた印象。リピーターレース、昨年も稍重デムーロ騎手と好材料が揃う。

 

16 リスグラシュー

良いが相対的にはそこそこに見える。が、パドックでそこまで目立つ馬ではないとも思う。

 

17 デンコウアンジュ

しっかりと歩けていると思う。

 

6 レッドアヴァンセ

11 アドマイヤリード

10 アエロリット

9 ソウルスターリング

 

この順でよく見えた。

 

データ的にはアドマイヤリードとソウルスターリングが良さそうで悩むが、

ヴィクトリアマイルは荒れるレース。レッドアヴァンセを狙ってみたい。

 

 

来年プリモシーンが出てくれるといいなぁ。

一口馬主歴初の1日2戦!NHKマイルカップ プリモシーン5着!!

一口馬主歴初の1日2戦!NHKマイルカップ プリモシーン5着!!

 

指定席からの撮影対策のため、amazonスマホ用望遠レンズを購入。

小生ら気合いがはいっているが、プリモシーンはどうだい?

おっと、貴女は気性が課題。気合いはほどほどでお願いしますよ!

 

ということでパドックにプリモシーン登場。

 

むむむ、やはり落ち着きはもう一歩。3歳を迎えてテンションが上がり気味。

 

ロックディスタウンはひっくり返る。カオス。。

 

途中ギベオンが蹄鉄の関係か一旦パドックから消える。

プリモシーン、蹄鉄打ち直し作戦でも取れないものか。。

 

こんなにもパドックを早くやめて欲しいと思ったことはなかった。

 

f:id:remsan:20180508012513j:image

f:id:remsan:20180508012537j:image

f:id:remsan:20180508012555j:image

f:id:remsan:20180508012638j:image

f:id:remsan:20180508012655j:image

f:id:remsan:20180508012708j:image

f:id:remsan:20180508012727j:image

f:id:remsan:20180508012741j:image

 

 

そして本馬場入場は最後の登場。陣営の工夫が窺える。

返し馬の雰囲気も良い。

一挙手一投足に目を凝らし、小生のテンションもグルグル変わる。もはやジェットコースター。

 

f:id:remsan:20180508012800j:image

f:id:remsan:20180508012813j:image

f:id:remsan:20180508012821j:image

f:id:remsan:20180508012839j:image

f:id:remsan:20180508012850j:image

 

そしていよいよスタート時刻!

ファンファーレの盛り上がりがプリモシーンの機嫌を損ねないことを神に祈る。

 

各馬ゲートへ。

 

出遅れだけは、、、出遅れだけは、、、よし、ゲート内では落ち着いている!神様仏様戸崎様!出遅れだけは、、、出遅れだけは、、、出遅れだ、、、

 

トサキィィィィィィーーーー!!!!!!!!!!!

 

思わず机の上にひれ伏す。

騎手のせいではないのはわかっているが、そんな余裕はない。

 

しかし桜花賞程致命的ではない。プリモシーンは二の脚が速い。馬群に取り付く。

 

ここで落ち着いて、、、落ち着いて、、、

 

ぐぉぉぉぉインヅキーーーーー!!タワーオブロンドンに進路をやや遮られ仰け反る。

 

3コーナーを過ぎて外に出してくれと願うが、まだまだ内のまま。

 

最後の直線、400を切って他馬が追う中、プリモシーンは前が壁でまだ追えない!!!!

ジーーーーーザスッッ!!!!

 

直後にスルスルと横に馬を出し、300を切った付近でようやく進路を確保!

すると良い脚で伸びてはくるが、ケイアイノーテックとの脚色の差は歴然。

 

一つでも上を!!!!お願いしますっ!!!!

 

最後にパクスアメリカーナを交わし、ミスターメロディに迫った所がゴール!

 

思わず机をチクショーーー!と叩きつける。

 

今思えば掲示板確保の嬉しさよりも、桜花賞に続きまたスムーズとはいかず、プリモシーンのベストパフォーマンスを世の中の皆さんにお見せできなかった悔しさがまさったのだろう。

 

競馬も、プリモシーンも、小生も難しい。

 

やはり悔しいのは、最後の直線で戸崎騎手が内か、外か、進路に悩んだように見えたこと。

 

勝負の世界では一瞬の迷いが命取り。

 

ギャンブラーたるもの、土壇場で悩むのではなく、腹を決めて、そしてできれば外に持ち出して欲しかった。

 

内を突いてもし良い結果が出たら騎手のファインプレーかもしれないが、競馬は馬の力を最大限に発揮させることが最優先であるべきと思う。

出遅れたのだから腹をくくって直線に賭けて欲しかった。

何度見ても、どうしても最後の直線で進路に迷ったように見えたことに、やるせなさが募った。

 

一夜明けて今思うこと。

 

桜花賞は全く見る気になれなかったが、NHKマイルカップは録画を何度も見た。

 

藤岡騎手は良い声だなぁ、と思う以上に、前が空いて一気に伸びるプリモシーンの姿は、まるで弓矢のように、溜められた力が放たれた印象を受け、本当に美しいと思った。

 

そして結果的に掲示板にも載った。G1という舞台、そして目の前で。

 

悔しさは消え、幸福感に包まれていた。

 

幸せを噛締めつつ、無事に夏を越えて、また秋に勇姿を見せてくれることを心から願う。

 

 

キングスヴァリュー 東京競馬5R 500万下2着!

一口馬主歴初の1日2戦!初戦のキングスヴァリューは2着!!!

 

一口馬主歴初の1日2戦!指定席をゲット、さらにスマホ撮影用望遠レンズもゲットして、意気揚々と競馬場に乗り込む。

 

キングスヴァリュー は葉牡丹賞4着からダート、そしてゆりかもめ賞と惨敗を繰り返し、立て直しての初戦。

 


タップザット の弟ということもあり、底を見せてしまったのではないか、という不安も募る。

 


ゆりかもめ賞惨敗の原因を寒さに求めた以上、ここで惨敗してしまったら未来が一気に暗くなる。

 


国枝調教師のコメントもイマイチすっきりしない中、不安を抱えて今日の日を迎えた。

 


てっきり7Rだと思っていたが、まさかの5Rということに昨夜気づくという小ハプニングにより、俺様タイムテーブルが乱れたため、プリモシーンのボールペンをいそいそと購入後、慌ててパドックへ。

 


パドックは気配良好。毛艶も良く、活気もあり、ここでは見劣りをしないように感じた。

もう少しトモにボリュームが出ると良いのだが。。

 


慌ただしく馬券を買い指定席に陣取ったところで、息つく間もなくレース。

 


大外枠からスタートを決め、前方3番手からレースを進める。

 


うむ、良い感じ。

 


そして最後の直線、手応えは悪くなく、これは、、、!?!?と思ったが、先に抜け出したゲンパチカイサルに一完歩ごと離されていく。

 


口取りもハズレているしなんとか2着を!!という願いはボウマン様に通じたのか、そのままゴール!

 


東京コースの水が合うのだろうか!?芝スタートが良かったのだろうか!?暖かくなってきたのがやはり良かったのだろうか!?

 


いずれにせよ、現時点では芝、ダートとも中途半端ではあるが、2着に来てくれたことで少し光が差したことは間違いない。


引き続き良いジョッキーに乗っていただけますように。。


次走も東京だと嬉しいのだが。。

 

f:id:remsan:20180506225956j:image

f:id:remsan:20180506230441j:image

f:id:remsan:20180506230021j:image

f:id:remsan:20180506230521j:image

f:id:remsan:20180506230539j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京競馬11R NHKマイルカップ ◉5 プリモシーン

初めての愛馬G1生観戦。

がんばれぇぇぇ!5 プリモシーンはテンションがやや高い。。

 

7 タワーオブロンドン 柔らかみがあり後脚がよく伸びる。良い馬。

 

9 ギベオン はちょっと筋肉が硬い印象。

 

人気薄でよく見えるのは

8 ダノンスマッシュ

 普通なら7 タワーオブロンドン からだが、プリモシーンから!!

 

f:id:remsan:20180506150951j:image

東京競馬8R パドック直前予想 ◎9 ロードプレミアム

難解。

 

9 ロードプレミアム

毛艶よく好調に見える。

 

あとは

11 スマートエレメンツ

7 ミュートロギア

 

f:id:remsan:20180506134550j:image

東京競馬7R パドック直前予想 ◎9リパーカッション

9 リパーカッション

外外を大きく周回。踏み込み深く好調では?

 

 12 ディライトラッシュ

トモのボリュームあり良さそう。

 

1番人気 6 アルーフクライも良い。

 

手広く。

 

 

 

東京競馬 4R パドック直前予想 ◎4 アルビオリクス

4 アルビオリクス

ややテンション高いが、柔らかみのある印象。

 

人気薄だと 6エスポワールカフェ

しっかりとした歩様で長い距離も合いそう。

 

馬単で。

 

f:id:remsan:20180506111609j:image

NHKマイルカップ データからプリモシーンが連対する可能性を考えてみたら、意外と勝っちゃうんじゃないかと思った御伽の話

NHKマイルカップ データからプリモシーンが連対する可能性を考えてみたら、意外と勝っちゃうんじゃないかと思った御伽の話


2戦連続でG1挑戦となったプリモシーン。

なぜオークスではなくNHKマイルカップを選択したかの説明がなく、クラシックロードを進んで欲しかった気持ちもあったが、やはりG1に挑戦できることは本当に幸せなことであろうと今は感じている。


とはいえ、競馬識者の評価はそこまで高くなく、過度の期待は禁物。プリモシーン以上にイレ混んでしまっては出資者の名がすたる。

というわけでデータを落ち着いて探ってみた。

 

□ まず2011年以降の連対馬を見てみる(カッコ内は前走成績)


2017年

アエロリット桜花賞 5着 )*クイーンカップ 2着 フェアリーステークス2着

リエノテソーロ (アネモネステークス 4着)

2016年

メジャーエンブレム 桜花賞 4着)*クイーンカップ 1着

ロードクエスト皐月賞8着)

2015年

クラリティスカイ皐月賞5着)

アルビアーノフラワーカップ 1着)

2014年

ミッキーアイル (アーリントンカップ 1着)

タガノブルグ (橘ステークス 1着)

2013年 

マイネルホウオウニュージーランドT 7着)

インパルスヒーローファルコンステークス 1着)

2012年 

カレンブラックヒルニュージーランドT 1着)

アルフレードスプリングステークス 12着)*朝日杯FS 1着

2011年 

グランプリボスニュージーランドT 3着)*朝日杯FS 1着

コティリオン毎日杯 2着)


2015年以降、傾向が変わり牝馬の連対が目立つ。2017年に至っては牝馬のワンツー。全馬関東馬というのも見過ごせない。

 

□ 最近は牝馬 特に前走桜花賞馬が強い!

 

まず前走桜花賞掲示板が良さそうだ。

今年でいうとトーセンブレスが当てはまったが回避!本当にありがとうございます。オークス頑張ってください!!!

都合の良いデータを探すとアエロリットとメジャーエンブレムはともに桜花賞出走馬。2年連続で前走桜花賞の出走馬が優勝しているのだ!そして2頭ともにマイル重賞での好走歴がある。

ということは桜花賞のプリモシーンも権利あり!?

権利ありということでいいですか!?

 

いいんです!!!

ゴーーーーール!!!!!

 

□ プリモシーン VS テトラドラクマ

またアエロリットとメジャーエンブレムに共通しているのは巷でよく言われているが、クイーンカップ対馬であるということ。テトラドラクマが該当する。

 

しかーーーし!アエロリットはフェアリーステークスS 2着の戦歴があるのだ!こりデータの盲点になっていますよ!!!!


前走桜花賞出走馬(マイル重賞好走歴あり)

プリモシーン

 

クイーンステークス連対

テトラドラクマ

 

関東馬

ドロー!

 

1勝1敗1分の全くの五分であるが、ここにフェアリーステークスS連対馬という条件を入れると、プリモシーンが僅差で有利!!

ヨッシャーーー!!!

もっと言うと2戦2勝であることはもとより、クイーンカップの走破タイム、アエロリット は1:33.3 メジャーエンブレムは 1:32.5 に対してテトラドラクマは 1:33.7 。

クーンカップ0.1差2着のフィニフティ桜花賞でプリモシーンからも0.5差の12着に敗れている。


□ 次に前走皐月賞一桁馬を探す


牡馬では前走皐月賞一桁馬がここ3年で2連対。これはなかなか手強そうなデータ。今年はというと、、、


いませんでした!!いませんでした!!いませんでした!!いませんでした!!!!

 

ウッヒョーーーーイ!!!!


みなさんダービー頑張ってください!!!!

 

□ ついでに見逃せなさそうな朝日杯FS勝馬を探す

古いデータとはいえ朝日杯FS勝馬は相性が良さそうだ。今年はダノンプレミアムが該当!!!!ダノンプレミアム様は...

いませんでした!!いませんでした!!いませんでした!!いませんでした!!!!

 

ウヒョヒョーーーーーイ!!!!

 

ダービー頑張ってください!!!

 

□ 牡馬で良さそうなデータは朝日杯優勝馬以外は前走1着 or 毎日杯対馬


マイネルホウオウ以外はこのデータが該当。マイネルホウオウは名前が不死鳥ですからね。データ度外視の馬ということにしましょう。


このデータはなかなか厄介で以下の4頭が該当。

カツジ(ニュージーランドT 1着)

タワーオブロンドン(アーリントンカップ 1着)

ギベオン(毎日杯 2着)

ミスターメロディ(ファルコンステークス 1着)


個人的に馬体はギベオンが好き。ただキャリア3戦で連対したのはアルビアーノとカレンブレックヒル2頭のみ。ちょっと厳しいんじゃないでしょ〜〜〜〜か!?

タワーオブロンドンは朝日杯3着もありルメール騎手がデビュー以来ずっと手綱を取っている。これは強敵になりそう。

□ 過去5年の連対馬以外の牝馬成績

とはいえ勝負師たるもの心を整えるために惨敗も覚悟して挑むべき。過去の牝馬で残念な結果に終わった馬と原因を探ってみる。

 

2017年

7着 ミスエルテ 

マイル重賞での連対歴がない。桜花賞11着。関西馬と言うのもマイナスか。

17着 カラクレナイ 

1番人気で惨敗。前走桜花賞掲示板で良さそうだが、こちらもマイル重賞での連対歴がない(マイル勝ち鞍もなし)。関西からの輸送も堪えたのだろうか。

2016年

6着 フランボヌール

マイル重賞での連対歴がない。馬体も420キロを切っていた。

15着 ペルソナリテ

400キロちょっとと小柄。マイル重賞での連対歴もない。

2015年

14着 クールホタルビ 

マイル重賞での連対歴がない(マイル勝ち鞍もなし)。

2014年

5着 ホウライアキコ

桜花賞4着で良さそうだが、マイル重賞での連対歴がない(マイル勝ち鞍もなし)。

12着 ベルルミエール

ニュージ−ランドT3着からだが、やはりマイル重賞での連対歴がない(マイル勝ち鞍もなし)。

14着 アドマイヤビジン

マイル重賞での連対歴がない(マイル勝ち鞍もなし)。

2013年

18着 ローガンサファイア

マイル重賞での連対歴がない(マイル勝ち鞍もなし)。

 

あれ、全馬共通してマイル実績がない!?

プリモシーンは…あるぅ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

 

こう見るとフェアリーステークスの勝利はデータ的にも本当に大きい!

 

□ まとめ


今年は牝馬の強敵、テトラドラクマに加えて牡馬も例年以上に粒ぞろいな印象。

特にタワーオブロンドンは1番人気なのも頷ける。

まずは無事に、次に出遅れなく持てる力を発揮して、そしてできれば見せ場を作れるような、そんな良いレースを期待したい。

 

写真はテトラドラクマをハナ差くだした伝説の未勝利戦のパドック

f:id:remsan:20171009130630j:plain

 

キューグレーダー 500万下 2着!

キューグレーダー 500万下 2着!

 

初夏の陽気に恵まれて、キューグレーダーが昇級戦となる500万下のレースに挑んだ。

 

容赦なく照りつける日差しに耐え忍ぶこと、20分。

 

その間小生はライバルとなりそうなゴールドギアのニュージーランドトロフィーの映像を見ることにした。

ヤバイ、強い。。この末脚は脅威だろう。。

 

ダメかもしれない。。

 

ひとしきり絶望にくれた後、続けて戦歴を見る。およよ、、2月17日 東京で6着!?ダイアトニックに負けた馬であることに気づく。

 

イケるかもしれない!!

 

ひとしきりテンションをアップダウンをさせて、心が整ったところで、パドックに姿を現わすキューグレーダー。

 

馬体重は増えてはいるが、腹周りは少しスッキリした印象。ピカピカの毛艶も目立つ。確かに状態も良さそうだ。

 

ただテンションはやや高め。馬体には汗も目立つ。これ以上テンションが上がらないことを神に祈る。

 

ライバル視しているゴールドギアも良い雰囲気だが、テンションはめっぽう高い。

 

トモはまだ余裕がありそうで、ノビシロもまだありそう。ここで勝てたら未来が少しひらけそうだ。

 

f:id:remsan:20180429181005j:image

f:id:remsan:20180429181201j:image

 

トモの肉付きもなかなか!

f:id:remsan:20180429181228j:image

f:id:remsan:20180429181435j:image

 

f:id:remsan:20180429181312j:image

f:id:remsan:20180429181351j:image

 

プリモシーンのことは忘れて戸崎騎手を信じる!

f:id:remsan:20180429181458j:image

f:id:remsan:20180429181509j:image

f:id:remsan:20180429181527j:image

 

f:id:remsan:20180429181625j:image

f:id:remsan:20180429181640j:image

 

そしてレース!

 

スタートはまぁまぁ。促して前目につける。

 

が、やはりテンションのせいか、やや折り合いに苦心している模様。

 

ほどなく落ち着き直線へ。

 

400付近から戸崎騎手のアクションが大きくなる。

ジリジリ伸びて伸びて、前のランウェイデビューをとら、、、えられねぇ!!! 

脚色が同じに。

 

残り100を切ったところでジワジワと差が詰まりだす。

 

トサキーートサキーーーーーートサキィィィィ!!!!トサキウィィィィィ!!!

 

アタマ差及ばず2着。

 

ゴールの瞬間キレイに崩れ落ちる。

 

後ろではそんな小生の姿を見て、どこかの子供が笑っている。

見たか、このリアクション芸。

 

スムーズに回ってのこの結果、悔いなし。

このクラスにも目処が立ったことが何よりです。

タイムも上がりも悪くない。

 

さらにキューグレーダーは、とてもキレイな馬であることを再確認できて、出資していることに喜びを感じられた。

まだまだノビシロもあるだろう。

 

次走も楽しみだ!