清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

パドック推奨馬をお届け。2014年6桁配当3回、推奨馬は6-7割くらいは好走します。春のG1では安田記念グランプリボス、宝塚記念カレンミロティックを推奨して高配をGETしています。twitterで更新情報お送ります。といいつつシルクホースクラブとノルマンディーに入会しました https://twitter.com/paddock_keiba

持っている馬と持っていない馬 パロネラは...?

サッカーの本田選手が仰った、持っている、という言葉。

 

ギャンブルには流れがあるというのが持論だが、持っている、という言葉でしか表現出来ないような現象も時に目の当たりにする。

頻繁に見るのは麻雀。経済界で成功した方と打たせていただくと、持って生まれた残酷なまでの運量差を感じることがある。

さっきまで明らかに流れが悪く、とぶ寸前だったじゃないすか!!というところからの無慈悲な裏ドラゴッソリ手を何度か喰らったこともある。しかも速い手で。

 

一口馬主においても、出資2代を経て、持っている、持っていない、という話を、特に16年産で感じる時があり、悪いことに、持っていないなぁ、と感じてしまうことが多い。

 

リアオリヴィア

元々は桜花賞候補とまで言われた馬。角居廐舎ということも相まって、盤石と思っていた。

入厩も春と順調と思われた。

しかし、事件があったのは既知の通り。デビュー前にミソがついてしまう。

この馬はトモの薄さや馬体がパンとしていない所からも能力的に疑問ではあるが、やはり持っていない、に分類されるだろう。

 

ラヴィブリランテ

春に頓挫。その後はケアされながら順調な進むものの、デビューが2週続けて伸び新馬戦でデビューできず。さらにルメール騎手確保と思いきや騎乗停止。

未勝利戦でのデビューは3着と奮闘するも、やはり持っていない。

 

そして、極め付けはパロネラ

デビューが1週延びたのは予想通りだが、ザダルとデビュー戦が被ることに。

このザダルだが、本来12月16日にデビューしていたはずの馬。阪神への輸送中のトラブルでパロネラと同レースでのデビューとなり、結果は完敗。

予定通りデビューしてくれていたら、パロネラは新馬勝ちをしていたかもしれない。

そうするとひょっとしたらトライアルから桜花賞を目指せていたかも?と思うと、噛み合わなかったなぁ、と思わざるを得ない。

このパロネラ、今週未勝利戦に挑む予定も、除外の可能性があるとのこと。ここに来て除外の可能性って。。

調教が良いにも関わらず、ここで足止めをくってしまうのは非常に痛い。

 

一方で持っているなぁ、と思う馬もいる。それはパラダイスリーフ

相手に恵まれた新馬戦で見事に勝利!おかげで焦らずに成長を待ちながら次のステージを目指すことができる。

 

現時点での能力はパロネラの方が上と小生は見ている。それなのに、かたや新馬勝ちで、かたや未勝利。能力と現状が一致しないことを痛切に感じる。

 

思えば15年産はプリモシーンはトーセンカンタービレに屈するも、ギリギリの続戦が功を奏し、難敵テトラドラクマをハナ差退け早々に未勝利を脱出し、フェアリーステークスに挑むことが出来た。

ダイアトニックは新馬戦でハナ差でのちの重賞馬カンタービレに勝った。いずれも大きなハナ差であった。

 

勝負、そして最短距離での出世の軌道に乗れるかは本当に紙一重

 

ただその後プリモシーンは戸崎騎手とともに春のG1は不完全燃焼なレースとなり、ダイアトニックは夏から秋にかけて停滞。

 

話しは変わって、小生は持っているのか?でいうと、思えばここまでの人生、持っていないわけではないが、凄く持っているわけではないと自己分析している。

 

オリコンでいうと10位くらいの中ヒットを何年かに一度出す感じ。

 

一口馬主においても、そんな人生と同じような歩みを着々と進んでいるような気がしてならない。

 

いつか、G1を勝てるといいなぁ。。。

 

その前に!!!

パロネラ、なんとか、今週末に出走出来ますように!!

 

 

 

中京競馬 11R 金鯱賞 パドック直前予想 ◎10 アルアイン

10 アルアイン 馬体が引き締まって良く見える。トモのハリがとても良い。もう一絞りとも思うが良いと思う。

 

8 エアウィンザー 前走圧勝。エアスピネルの方がパドックでは好きだが。。2番手。

 

5 タニノフランケル キレる感じはしないが重厚感があり良いと思う。

 

1 ダノンプレミアム は 2歳時パドックでは良く見えない馬だった。朝日杯などではダノンスマッシュやステルヴィオを上位とみて痛い目にあってきた。ので抑える。

 

穴では2 ショウナンバッハ 活気ありこの馬なりに状態は良さそう。

ラヴィブリランテ 待望のデビュー戦は3着!今後に期待!

ラヴィブリランテが満を持してデビュー。

 

パドックの様子は以下の通り。

デビュー戦特有の不安もあるが、馬体の雰囲気はとても良い。

 

中山競馬3R ◎5 ラヴィブリランテ 頑張れぇぇぇぇぇ!!! - 清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

 

未勝利戦でのデビューということと、適鞍とは思えないことから、勝ちまでは思っていなかったが、馬体の雰囲気からついつい期待してしまう。

 

f:id:remsan:20190309225705j:image
f:id:remsan:20190309225718j:image
f:id:remsan:20190309225646j:image
f:id:remsan:20190309225643j:image
f:id:remsan:20190309225714j:image
f:id:remsan:20190309225650j:image
f:id:remsan:20190309225653j:image
f:id:remsan:20190309225710j:image
f:id:remsan:20190309225657j:image
f:id:remsan:20190309225701j:image

 

レースはスタートで後手を踏み、終始田辺騎手が追っつける形で進む。

出資馬、スタート難ありの馬が多すぎる。。。

 

4コーナーを手応え良く回るも、凄く弾けるわけではなく、前に追いつくまでには至らず。

ノルマンディー出資馬最高着順の3着で入線。

 

良くやってくれた!!

 

レース後はラヴィちゃんを迎えるためにダッシュ。いくつか写真が撮れた。

 

f:id:remsan:20190309230247j:image
f:id:remsan:20190309230243j:image
f:id:remsan:20190309230239j:image
f:id:remsan:20190309230254j:image
f:id:remsan:20190309230229j:image
f:id:remsan:20190309230234j:image
f:id:remsan:20190309230250j:image

 

鞍を外しながら田辺騎手の話し声が聞こえてくる。

全体的にハイテンションで、はっきりとは聞こえなかったが、すみません!と明るく話されていたような。。

手応えを感じていただけたのだろうか?

だとしたらとても嬉しい。

 

ノルマンディーの出資馬はソルパシオンとラヴィブリランテのみ。

 

2頭とも未勝利だと自然退会になってしまう所だがラヴィブリランテがノルマンディーとの縁を繋げてくれるかもしれない。

そう思わせる、実りあるデビュー戦だった。

 

頑張れ、ラヴィブリランテ!!

 

 

中山競馬3R ◎5 ラヴィブリランテ 頑張れぇぇぇぇぇ!!!

プリモシーンVSダイアトニック の対戦カードが発表されてから一夜明け、興奮と困惑の冷めやらぬ中、ラヴィブリランテがついにデビュー。

 

浮き足立っているのか、アウターを着るのを忘れて来てしまった。そんなことある?寒いよ。。

 

ラヴィブリランテは470キロで出走とのこと。最後に把握できている1月中旬の馬体重が484キロ。多少絞れたんかな?

人気は4番人気。

 

そんな感じで、パドックに登場。

 

初対面の印象は。。

 

悪くない!!というか結構良い!!

 

トモにボリューム感があり、繋もなかなか柔らかい。ダートがどうか、だが、相対的に見劣りしない。筋肉も粘りがあるように見える。

腹回りは少し余裕がありそう。

 

 

その他で1番良く見えるのは 1 ノボオリエンス。1番人気か。

 

人気薄だと8 デルママドレーヌ。

 

競馬は走ってみないと分からないが、パドックからは出資を後悔するような馬ではなさそう。

脚元に不安のある中、よくここまで成長して来てくれた。

 

ラヴィブリちゃん頑張れぇぇぇ!!

 

f:id:remsan:20190309104611j:image

 

 

3.30 プリモシーンVSダイアトニック!!出資馬頂上決戦の衝撃に全俺が困惑!

ラヴィブリランテ明日こそデビュー!!

デビュー戦ならではの期待と不安の狭間に揺れていたら衝撃の発表がシルクから届く。

 

近況
ダイアトニック[父 ロードカナロア : 母 トゥハーモニー]
在厩場所:滋賀県ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:中山3月30日 ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)

厩舎長「周回コースで乗り出した後も順調に進められていたことから、この中間から坂路に入れています。現在はハロン15秒までペースを上げていますが、しっかりとした脚取りで登坂していますし、調子の良さが窺えますよ。先日、安田調教師が状態を確認したところ、『良い状態を保っていますね。次走の予定についてですが、このまま変わりなければ来週の検疫で帰厩させて、3月30日の中山・ダービー卿チャレンジトロフィーに挑戦したいと考えています』と仰っていました。緩んだ感じはなく、前走の疲れもしっかり取れているので、良い状態で送り出すことが出来ると思います。馬体重は492kgです」

 

一瞬時間が止まる。

 

プリモシーンの次走、ダービー卿チャレンジトロフィー

プリモシーンの次走、ダービー卿チャレンジトロフィー

プリモシーンの次走、ダービー卿チャレンジトロフィー!!!!!

 

フィーーーーーーーー!

 

ダイアトニックがオープンになった途端、出資馬初の直接対決!

しかも重賞の舞台で。

 

出資頭数は3-5頭/年と決めている以上、今後もなかなか、いやひょっとしたら2度とないかもしれない。

 

とんでもない事態になってしまった。ダイアトニックは5.11京王杯と予想していたのだが。。

 

一体どちらを応援すれば良いのか。。どっちも頑張れとなるのだろうけれど、感情のコントロールが難しい。

 

今時点では小生の出資馬最強決定戦、といった趣。

 

昨秋の段階では、新潟での比較からプリモシーンが勝っていたと思う。

が、冬を越えてダイアトニックがどんどん良くなっている印象もある。

 

ぐぉぉぉーーー!最終的には口取りが当たったら、そちらを少し強めに応援することになるだろう。

 

とはいえ理想はこんな感じ。

 

ダイアトニック優勝→安田記念へ。

プリモシーン優勝→ヴィクトリアマイルへ。

 

やはり同着1位でお願いします。

そうすればカロリーゼロ!!

 

元に戻すと明日はラヴィブリランテのデビュー。持っていない馬認定されそうな雰囲気も出てきたが、まずはラヴィブリランテの健闘を祈念することにする。

 

 

 

 

 

 

 

ラヴィブリランテ 今週末にデビュー!!!出来ず!!!!!

土曜日はラヴィブリランテが阪神でデビュー!!

小生の16年産、出資5頭のトリを飾る!

 

出資時、悩みに悩んだが、馬体のバランスと動画からバネを感じたのと、船橋のビジネスホテルでテンションが上がっていたことが出資の決め手!振り返ると以下のように評価していた。

 

31. ファシネイトの16

占い 2 馬体 3.5

・占い
3歳、5歳で病気か怪我のリスクあり。

・馬体
バランスの取れた好馬体。皮膚が薄そうと思ったらそういったコメントもあり好印象。動画は後脚を上に蹴る感じからバネも感じでまたまた好印象。
前脚が寝繋気味なのと肘の付き方が気になると言えば気になる。。
シルクでリアアントニアとモシーンを取れているため牝馬の優先度が低いことも悩みに拍車をかける。。

 

あれから1年と少々。小生、無事に1つ歳を重ねました。

一方、ラヴィブリランテは、必ずしも順調にいかなかったが、予想以上に調教のタイムは良く、これは、、、あるいは、、、と密かに楽しみ!!!

 

が!!が!!!が!!!!!

あれ?あれ??あれれれれれ?????

17時頃にJRAのサイトにアクセスしてもラヴィブリランテの名前が見当たらない。。。

 

想定では除外1権利持ちのため出走可能と書かれていたような気がしたが。。

 

脚元が弱いこともあり、何かあったのだろうか?と不安が募り、最悪の事態も頭をよぎる。

 

頼む。。無事であってくれ。。。

 

あまりに心配で、仕事を放棄して情報を必死に探す。

 

ラヴィブリランテ骨折!なんて出ていたらどうしよう。。そんな縁起でもないことを考えながら、YAHOOニュースを開いてみるが、そんな記事は見当たらない。少し安心。

 

さらに色々と調べてみると、どうやら中山の新馬戦に切り替えて、そして除外されていたようだ。

 

マジか!!ラヴィブリランテの応援ありきで、土曜日のスケジュールを考えていたのだが。。

 

更新された調教師コメントを見ると、やはり輸送が不安になったとのこと。

出走するはずだった阪神の出馬表を見ると、同じノルマンディーのヴィヴァンフィーユの文字が。。しかも予定していた岩田騎手。

 

マジかーーー!たしかに脚が不安なのはわかるが、先週のコメントで「クラブとも相談して」とあったことから使い分けの可能性はないのだろうか?と訝しんでしまう。

 

純粋に新馬戦でデビューできないこと、加えて未勝利戦でのデビュー馬の成績はめちゃくちゃ悪いと、昔何かの本で読んだこともあり、意気消沈モード。

 

ただ来週でもルメール騎手が乗ってくれるとのこと。期待はやはり高いのだろうか??

 

栗田徹調教師のコメントからは腹を括っての決断だったように感じる。この勝負師の判断を信じて、来週まで正座で待ちたいと思う。

 

「スピードがあってやれば動くのはもう分かっているので、あとはちゃんと息を作るトレーニングでと、先週末からはウッドチップ長目で時計消化をおこなっています。ただ、ラヴィブリランテの場合は坂路よりも前肢に負担がかかるためか、乗り終えてから歩様がゴトゴトするような日もあり、水曜日も70-40くらいの時計にとどめた追い切り。当初は除外1の権利で出走可能な阪神新馬戦でデビューさせるつもりでしたが、牝馬で長距離輸送もあるだけに、そうした事情からリスク回避して自ブロックの中山に投票させてもらいました。残念ながら抽選除外となってしまいましたので、賛否両論あるかと思います。しかしながら、脚元の状態や使った後のことを重視した判断ですのでご理解いただければ幸いです。一週スライドとはなりますが、依頼したルメール騎手のサイドから『来週であっても是非乗りたい』と話されるほど、稽古の動きの良さが目につく馬。入念に脚元をケアしながら、3/09(土)中山・3歳未勝利(ダ1200m・牝)に向けてキッチリと調整していきます」

 

 

ソルパシオン 初ダートは12着!!ダート替わりもやはりダメか!!!

昨日はゴルフをしながら、ソルパシオンの動向をチェック!

ゴルフ場あるある、電波悪い!が発動したため、なかなかJRAレース映像を再生できず。。

 

イライラしていたら、案の定パー3でミスショット。ソルパシオンに合わせたのか、ボールはバンカーへ。

そんなこんなで嫌な流れを感じながら、ホール間でレース振りをチェック!!

 

スタートから流れにのり、3コーナー過ぎまでは夢を見るも、4コーナーでは手応えが怪しく、、、せっかくの関西遠征で、武豊騎手騎乗だったが、12着惨敗!!!

 

パワー型という印象はなかったし、芝でのレース振りから距離も不安だったし、適鞍とは言えなかったのだろう。

 

とはいえ、じゃあ次どうすんのよ?

サラブレッドのザ、平均のような馬、という印象だが、未勝利戦のある間に順番は回って来るだろうか?

 

ミトロジーから0.4差だった、芝マイルあたりが1番可能性高そうな気がするが、どうでしょう。

 

今回は出資馬初の、小生の小さい頃からのスーパースター、武豊騎手が乗ってくれた!ということだけで満足。

 

武豊騎手から賜ったお言葉を以下に記し、締めたいと思う。

 

★2/24(日)阪神・3歳未勝利(ダ1800m・混)武豊騎手 結果12着

「ダートの走り自体は悪くないですよ。それよりも今日は内枠というのが恵まれなかった感はあります。勝ちを狙いにいって前々で進めたのもありますが、4コーナーあたりでは手応えも怪しかったので距離はつめてあげた方がいいでしょうね」(武豊騎手)

 

うーん。景気の良いお言葉はいただけず。。

 

ノルマンディー、17年産の出資もないので、自然退会の足音が。。

 

パラダイスリーフ新馬戦勝利!!タグチジャパンのボールペンも絶対勝つぞー!で良く当たる!?そして明日のソルパシオンに武豊騎手降臨!

パラダイスリーフがデビュー!!以下にも書いた通り、パドックでは不安が勝る。

 

中山競馬 6R メイクデビュー パドック直前予想 ○7 パラダイスリーフ 頑張れぇぇぇ! - 清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

 

実は昨夜、何度も募集時の動画を見直していた。

やはり今見返しても良く見え、これで箸にも棒にもかからない感じだったら、今後どうしよう。。という一口馬主人生の岐路に立つ思いでいた。

 

パドックでは前向きさと馬体は目立つも、筋肉が硬く感じるところが気になる。馬体はまだ余裕がありそうだ。

 

プリモシーンに感じる馬体の繊細さはなく、どちらかというと寸胴でドッシリとした趣。

 

調教時からも不安を感じていたため、馬連で手広く勝負することにする。

 

f:id:remsan:20190223201714j:image
f:id:remsan:20190223201739j:image
f:id:remsan:20190223201743j:image
f:id:remsan:20190223201701j:image
f:id:remsan:20190223201725j:image
f:id:remsan:20190223201730j:image

 

出資馬初の2000メートル以上のレース勝利を祈りつつ、本馬場へ。


f:id:remsan:20190223201823j:image
f:id:remsan:20190223201809j:image
f:id:remsan:20190223201734j:image
f:id:remsan:20190223201748j:image
f:id:remsan:20190223201706j:image
f:id:remsan:20190223201751j:image

 

「絶対勝つぞー!」と、心で叫び、タグチジャパンのボールペン(ミドリ色)でマークカードをどどん!と塗りつぶす。このボールペンにしてから調子が良い。オーマイ&ガーファンクル!

 

そしてレース、五分のちょい下くらいのスタートも前目に付ける。

 

f:id:remsan:20190223203139j:image
f:id:remsan:20190223203144j:image
f:id:remsan:20190223203147j:image

 

2コーナーあたりで石橋騎手の手が動く。追走に苦労している様子が伺える。ダメか!?

 

3コーナー過ぎにはムチも入っているように見える。他馬はまだ余裕がありそうだ。ダメなのか!!??

 

そして直線。先頭に並びかけるも、、手応えが、、、、、悪くない!!!!

ブライティアセルバが並びかけるも、、、並ばせないッ!!!!

 

イシバシッ!!イシバシッ!!イシバシッーーーーイ!!!!

 

オャァイ!!!!!

 

嬉しい嬉しいデビュー勝ち!!!!よく勝ってくれた!!!!小走りで口取りの集合場所へ。

 

木村哲也調教師とはプリモシーンの未勝利以来の口取りだが、今回も声をかけてくださる。

本当に誠実で優しい方だ。プリモシーン、パロネラもよろしくお願い申し上げます!

 

勝因には石橋騎手の好騎乗も外せない。ありがとうございました。

 

ついに2016年産初の勝ち上がり。なかなか順調に来なかったため、一安心。

他の4頭も頑張って欲しい!!

 

あらためてレース映像を見ると、パラダイスリーフ、やはり切れる印象はないが、ストライドが大きく、とても良く伸びる。

今後鍛えられて回転が上がってくれば更に期待できるのではないだろうか?

 

明日はソルパシオンが阪神でダートに初挑戦。武豊騎手が出資馬初騎乗!!嬉しい!!

 

中舘調教師のコメントからは2週連続でなんとかしたいという思いが伝わってくる。

 

何とか結果につなげたい一心で我々も取り組んでいますから、条件を変えてみての挑戦というのは大きな意味のあるものになるはずですよ

 

この後の方向性を見極めるためにも価値ある一戦となるでしょう

 

新聞は無印祭のようだが、頑張って欲しい!!

ゴルフで生では見られなそうだが。。

 

f:id:remsan:20190223204820j:image

パラダイスリーフ!パラダイスリーフ!!今日はパラダイス!!!

パラダイスリーフ!パラダイスリーフ!!今日はパラダイス!!!

 

向正面で大分手が動いていてダメか。。と思ったが!!!!!!

 

うぉぉぉーーーー!!!!!!!!

 

最後は、イシバシッ!!イシバシッ!!!!イシバシッッーーーーイ!!と連呼!!

 

出資馬初の2000メートル以上のレースを勝利!!

応援する身としては2000は長い!!!ハラハラしすぎて体力を相当使う!!

 

でも、最高です。

 

口取りも出来て言うことなし。

シルク口取り当たった時の勝率が異様に高い。

 

木村哲也先生は口取り時に一言かけてくださるので、喜びに拍車がかかる。本当にありがたい。

 

f:id:remsan:20190223133421j:image

 

#レースの写真も撮ってみたり

f:id:remsan:20190223133434j:image

 

 

 

 

 

 

 

中山競馬 6R メイクデビュー パドック直前予想 ○7 パラダイスリーフ 頑張れぇぇぇ!

中山競馬 6R メイクデビュー パドック直前予想 ○7 パラダイスリーフ 頑張れぇぇぇ!

 

パラダイスリーフの応援のため中山競馬場へ。

1番人気で出走することになりそう。

 

マジかー!

 

不安の方が大きいが、やはり相手関係がそこまででもないと思われているのだろうか。

 

馬体重は498キロとのこと。1月11日の入厩前最後の馬体重が506キロだったので、そこからあまり減っていない。どうなんだろ?マイナスなような気もするが。。

 

期待と不安に苛まれながらパドックで登場を待つ。程よく冷たい風に吹かれながらパラダイスリーフの呼び名はパラちゃんかなぁなどと物思いにふける。

 

そんなこんなで登場!!!!

 

外外を大きく周り、前向きさが目立つ。調子は悪くなさそう!この馬なりに!!!

 

ただ、腹回りは余裕があるように感じ、毛艶も後一息に見える。何より気になるのはトモの筋肉が硬く感じる。ブラストワンピースに感じた柔らかさというか、良く動くという印象を持てない。

 

良く緩いと言われていたが、関節に緩さを感じることはできず。ううむ。わからん。

 

そして他馬で何が良いかと言われると、3 マヨルカフレイバー。

まだ余裕があるように感じるが筋肉に柔らか味を感じる。

 

あとは13 ブラックエンジェル。冬毛がやや残るも良さそう。

 

人気薄でも 11 スリーサンコーズ など良く見える馬も多い。

 

難解。

 

3 マヨルカフレイバー の馬券を買い呪いをかけつつ、パラダイスリーフから手広く行きたい。

 

f:id:remsan:20190223124207j:image

 

 

 

 

 

パラダイスリーフ 明日デビュー!!不安と幸運の狭間で今夜は眠れなそう!

パラダイスリーフが明日デビューを迎える。

 

10月末の天栄見学の際に、恐る恐る触らせていただいた馬。

当時は明らかに緩く、まだ時間がかかりそうだったが、あれから約4カ月。ついにデビューを迎える。

 

f:id:remsan:20190222221047j:image
f:id:remsan:20190222221043j:image

10月 天栄にて

 

ノーザンファーム天栄見学 パロネラ パラダイスリーフ編 - 清純派パドック予想師!誠意の競馬日記と反省 そして 一口馬主へ

 

調教タイムに悪い意味で悶絶したこともあったが、丁寧に乗り込まれて、最終追いはなんとか形になってきた印象。も、やはり強気にはなれない。

 

助 手 2/20(水)南W重 54.4- 38.9- 12.9[3]一杯に追う

 

 

 

が、が、が!!競馬新聞を見ると、思った以上に重い印がついている。。

出走馬を見渡すと、調教からは圧倒的な馬はいなそうで、有力馬の一頭として出走できるようだ。

 

超ラッキー!!かも!?さすがは天下のノーザン様??

 

これまでの過程から、過度な期待はできないが、まずはとにかく無事に、を忘れず、そしてほんの少しの期待を胸に秘めて、デビュー戦を見守りたいと思う。

 

東京競馬11R フェブラリーステークス ◎6 インティ

東京競馬11R フェブラリーステークス ◎6 インティ

 

難解。

 

6 インティ

丸みのある馬体で筋肉に柔らかさを感じてとても好き。18を勝ってきたが、距離もこのくらいの方が良いのでは?武騎手だし、暴走ペースにはならないとみて信頼する。

 

14 オメガパフューム

前走東京新聞杯組は最近イマイチだが、この馬はとても良いと思う。トモの雰囲気が好き。

 

根岸ステークス上位組も良い。特に2 ユラノトは良い。

 

人気薄だと 9 ワンダーリーデルを少し。

 

3 ゴールドドリームパドックからは分かりづらい馬。今日も特によく見えないので抑えまで。

昨年上位馬では13 ノンコノユメ を。

 

 

 

うぉぉぉーーーーダイアトニック最高!!!!3連単惜しい!!

ダイアトニック、最高の勝利!!!!

 

レインボーフラッグをアタマ差抑えて優勝!!!

これでオープン馬に!!!!ひゃっほーーーい!!

 

レッドアンシェルはちょっと不利を受けていたのがかわいそうだが、思わず、潰しあえっ!と言ってしまったのはヒミツ。

 

流れが向いたのはあるが、勝ちは勝ちっ!

 

3着がアダムバローズだったら払い戻し10万超えていたのだけ残念。。

が、馬券も取れて良かった!!

 

興奮しすぎて腰に力が入らない。。

 

 

 

 

 

京都競馬10R 斑鳩ステークス パドック直前予想 ◎7 ダイアトニック 頑張れぇぇぇ!!

京都競馬10R 斑鳩ステークス パドック直前予想  ◎7 ダイアトニック 頑張れぇぇぇ!!

 

7 ダイアトニック

確かにスリムに。が、細くは無さそうで良い仕上がりでは?ただテンションは相変わらず高め。

 

3 レッドアンシェル

後脚がよく伸びトモのボリューム感もある。良さそう。。。重心もやや低く見え、この距離も良さそうだ。ううう。。。

 

あとは

4 レインボーフラッグ

6 アダムバローズ

がよく見えた。

 

4 レインボーフラッグは筋肉がやや硬く見え、6 アダムバローズは切れるタイプには見えない歩様というのが、それぞれマイナスポイント。

 

レッドアンシェルはとても良いが、ダイアトニックは筋肉が薄っすらと浮いており弾力感も感じる。

 

ここはダイアトニックを信じてみる!!

 

 

斑鳩ステークス ダイアトニック VS レッドアンシェル

ダイアトニックが明日、というか今日、京都で出走。

残念ながら、同じシルクのロッテンマイヤーは出走を取りやめたため7頭立て。ロッテンマイヤーは最後のレースになった可能性も高く、このまま引退してしまうのだろうか?出資馬ではないが、非常に残念である。プリモシーンは2年後か。。良い形で最後のレースを迎えて欲しいものである。

 

さて、斑鳩ステークスは複数回重賞好走歴もあり、準オープンでも好走を続けているレッドアンシェルの胸を借りる形になりそうだ。ここを勝てれば未来が一気に明るくなるが、競馬ブックの印は圧倒的にレッドアンシェル。

 

本当にそんなに差があるのか、少し比較してみたい。

 

◆ 前走

レッドアンシェル

前走 1.20 岩清水ステークス 1:22.2 3F34.6

 

ダイアトニック

前走 1.19 祇園ステークス 1:21.5 3F 34.1

 

良と稍重の差はあれど、0.7 ダイアトニックが良い!馬場差を考えてもこれはダイアトニックの方に分があるのではないか??

 

加えてダイアトニックは馬体は相当抜けてよく見えたトゥザクラウンを破っている。そのトゥザクラウンは次走で圧巻の走り。祇園ステークスのレースレベルは相当高かったのではないか?

 

◆ 調教

レッドアンシェル 7日にジョッキー騎乗で好タイムをマーク!

しかーし!13日双方坂路馬なりで追っているがダイアトニックの方がタイムが良い!!

 

これは!!

 

と、思ったがレッドアンシェルは予定通りのタイムのようだ。

なんとも言えない。。

 

◆ 馬体重

レッドアンシェルは前走と比較してプラス体重で出てくることが予想される。過去最高だろう。

ダイアトニックは絞れて出てくるようなので470ちょっとだろうか。

ダイアトニックは恐らく問題ない。レッドアンシェルはどうなのだろうか?

不安要素はダイアトニックの方が無いはず!!

 

◆ データ

昇級初戦で斑鳩ステークスを勝った馬は過去数年みたところいなそう。。

一方で1番人気は過去3年勝てていない!!

贔屓目で互角!!!!!

 

◆ 主な勝ち鞍

レッドアンシェル リゲルステークス

ダイアトニック 祇園ステークス

 

賞金はリゲルステークスの方が高いものの、祇園ステークスの方が、レース名はカッコイイ!!

 

◆ トータルで見ると、、、

 

レッドアンシェルに決して負けていない!!と思ふ!

 

ダイアトニックはまだまだ馬体がパンとしていないように見えて伸び代を感じる馬。

レッドアンシェルは相当強そうだが、勝って欲しい!!!

 

伏兵も多く、手に汗握るレースになりそうだ!